エクセルの困ったトラブルの解決方法をまとめてみました

エクセルの困ったトラブルの解決方法をまとめてみました トラブル解決

エクセルを使っていると、予期していないいろんなエラーや困ったことが起きます。

トラブルごとに解決する方法をまとめてみたので、もし該当するものがあれば参考にしてください。

エクセルの矢印(十字)キーでカーソルが動かない!

エクセルを使っていると、突然カーソルが動かなくなることがあります。

『ScrollLock』というキーを間違って押して『スクロールロック』状態になったのが原因。

スクロールロックキー

『スクロールロック』状態になると、←、↑、→、↓などのカーソルを移動させるキーを押してもカーソルが動かなくなるで、かなり使いづらい状態になってしまうんですよね。

解決方法は、間違って押してしまった『ScrollLock』キーをもう一度押すこと。

これでスクロールロック状態が解除されます。

 

この記事では、スクロールロックの解除方法以外に、エクセルが今スクロールロック状態なのかが分かる方法などについても、詳細に書いているので参考にしてください。

エクセルのシートをコピーすると『既にある名前’○○’が含まれています』というエラーになる

エクセルのシートをコピーする時に、いろんなエラーが出ます。

その中でもよくあるのが、『移動またはコピーしようとしている数式またはシートには、移動またはコピー先のワークシートに既にある名前’○○○’が含まれています。この名前を使用しますか?』というエラー。

 

『参照エラーになっている名前があるシートをコピーする』ことで、このエラーになります。

エクセルでは、セルの範囲に自由に名前をつけることができます。

この名前の参照先(セルの範囲)がわからなくなることが、エラーの引き金になるようです。

解決方法は、『参照エラーとなっている名前を名前管理から削除する』こと。

 

この記事では、『参照エラーとなっている名前を削除する』方法を詳細に解説しているので、参考にしてください。

また、名前管理に名前が表示されない場合の対応方法もありますよ。

エクセルのシートをコピーすると『コピー先のブックに挿入できません』というエラーになる

同じく、エクセルのシートをコピーする時に出るエラー。

こちらは、Excel2007以降のバージョンのエクセルのシートを、Excel2003以前の古いエクセルにコピーしようとした場合にエラーになります。

あまりこういったことをする人はいませんが、どうしても古いエクセルにシートをコピーしたい場合もあるので、このエラーも困りものです(僕も実際に何回かありました)

解決方法は、『コピー元のシートの必要なデータをコピー先にコピーする』こと。

 

コピー元のシートの中身をコピーする方法に関しては、この記事で詳しく解説しています。

普通にコピー&ペーストしても、行高さ、列幅はコピーされないので、その問題をクリアした方法を参考にしてください。

エクセルを開くと『セキュリティの警告』が表示される!

エクセルの標準設定では、マクロ付きのエクセルファイルを開くと『セキュリティの警告』が表示されます。

この時に『コンテンツの有効化』ボタンを押すと、そのエクセルでは警告が表示されなくなりますが、コピーしたエクセルなどでは再度警告が表示されます。

どのエクセルでも警告を表示させたくない場合は、次の記事を参考にして設定変更を行ってください。

タイトルとURLをコピーしました