エクセルで矢印(十字)キーを押してもカーソルが動かない時の対処方法

エクセルで矢印(十字)キーを押してもカーソルが動かない時の対処方法 トラブル対処
スポンサーリンク

エクセルで突然、←、↑、→、↓などの『カーソルを動かす矢印キー(十字キー)が突然効かなくなった』なんてことはないですか?

 

エクセルの画面はスクロールするのに、カーソルはずっと同じセルにとどまったまま。

これは、Excelの画面が『スクロールロック』状態になっているのが原因。

 

原因はものすごく単純なんですが、でもその原因ってなかなかわからないんですよね。

 

ということで、カーソルが動かなくなった時の対処方法と『スクロールロック』の確認/解除方法を紹介します。

対処方法といっても、キーボードの『スクロールロックキー』を押すだけなんですけど^^

エクセルで矢印キー(十字キー)を押しても、カーソルが動かなくなった場合の対処方法

まず、エクセルが『スクロールロック』状態になっているか確認します。

 

エクセルのステータスバー(左下)に『ScrollLock』という表示が出ていたら、『スクロールロック』状態です。

エクセルでスクロールロック状態になっているか確認する方法

 

この場合は、『スクロールロックキー』を押すことで『スクロールロック』が解除されます。

ちなみに、『スクロールロックキー』は、『Scroll Lock』とか『Scroll Lck』という刻印になっていて、普通は、F1~F12のキーが並んでいる右側にあるはずなので、確認してください。

 

エクセルでスクロールロック状態になっているか確認する方法

『スクロールロックキー』を押した時にステータスバーを見ると、ロックが解除(非表示になる)されたことがわかります。

ステータスバーに『ScrollLock』と表示されていない場合の確認方法

もし、『スクロールロック』しているはずなのに、ステータスバーに『ScrollLock』と表示されない場合は、表示のオプションが無効になっている可能性があります。

次の手順で『スクロールロック』状態の表示オプションを確認してください。

 

赤枠のステータスバー上どこでもいいので、マウス右クリック

エクセルでスクロールロック状態になっているか確認する方法

 

『ScrollLock』のところがオフ(チェックなし)の場合は、チェックをつけてみる。

エクセルでスクロールロック状態になっているか確認する方法

 

チェックをつけた後、ステータスバーに『ScrollLock』と表示されるか確認します。

キーボードに『スクロールロックキー』がない場合に、『スクロールロック状態』を解除する方法

キーボードはどんなメーカーのものでも、基本的には同じように配置されています。

しかし、ノートPCなんかだとスペースの都合上、なくても構わないキーは結構いさぎよく省いたりすることも。

 

その代表格が『スクロールロックキー』や『ポーズキー』

 

もし、キーボードに『スクロールロックキー』がない場合は、マイクロソフトの公式サイトにスクロールロックの解除方法が解説されているので、そちらを参考にしてください。

ScrollLock キーをオフにする
ScrollLock キーがオンの場合は、カーソルが列と行の間を移動し、セルの間は移動しません。ScrollLock キーをオフにする方法は次のとおりです。

エクセルで矢印(十字)キーを押してもカーソルが動かない時の対処方法のまとめ

カーソルが動かない原因は、なんかの拍子で『スクロールロック』がかかってしまっただけのことです。

とはいっても、なかなかその原因にたどり着かないので、以外と困るんですよね。

 

スクロールロックキーに対応しているソフトは今ではエクセル以外は聞いたことがなく、なんでエクセルが未だに『スクロールロック』に対応しているのか謎です^^

 

ともかく、Excelを使っていて、もしカーソルが突然動かなくなった場合には、まず『スクロールロック』状態を疑ってください。

キーボードによっては、ランプで『スクロールロック』状態になっているかがわかるものもあります。

 

冷静に対応して、決してパニックにならないようにしましょう^^

 

コメント