エクセルの作業効率アップのために覚えておくべきショートカットキー

エクセルの作業効率アップのために覚えておくべきショートカットキー Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

Excelに限らず、Wordなどのオフィス製品もショートカットキーというのは作業効率アップのためには欠かせない小技です。

 

『あの人なんで、Excelの資料作るの早いんだろう?』って思ったことないですか?

 

ショートカットキーを使いこなしている人とショートカットキーを知らない人では、作業の結果に大きく差が出ることもあります。

ここでは、『Excelでの作業効率が必ずアップする』ショートカットキーを厳選して紹介したいと思います。

ぜひ、ここで紹介しているショートカットキーを覚えて、日頃の資料作成に活かしてください。

『入力操作』のショートカットキー

一発でセルを編集状態にしてくれるショートカットキー

セルを一発で編集状態にするショートカットキー

  • 『F2』

このショートカットキーは、エクセルの中でも『基本中の基本』のものになります。

なので、必ずこのショートカットキーは覚えましょう。

 

エクセルのセルに入力する場合、マウスのダブルクリックで編集できる状態にすると思います。

でも、マウスなんか使わなくても、確実に編集状態に切り替えてくれるのが『F2』キー。

左手一本で編集状態になるので、マウスよりも使い勝手はいいです。

 

このショートカットキーについての詳しい解説はこちら。

エクセルのセルを一発で編集状態にしてくれるショートカットキー
エクセルを使う時に、ぜひ覚えておきたいショートカットキーを紹介します。 まずは、一番基本的な操作になる『入力』で効率がアップするショートカットキー。 セルに入力する時に、マウスでダブルクリックしなくてもすぐに入力状態にし...

セルからはみ出た文字を途中で改行する時のショートカットキー

文字の途中で改行ができるショートカットキー

  • 『ALT』 + 『Enter』

セルの幅を超えて長い文字を入力した時に、隣のセルとかぶって文字が途中で見えなくなる場合があります。

 

下の画像のように、見えなくなった文字を途中で改行すると見えるようになります。

セルからはみ出た文字を途中で改行する時のショートカットキー

途中で改行をする場合は『Enter』キーではなく『ALT』+『Enter』キーを使います。

 

エクセルの場合は、『Enter』キーで改行するわけではなく、次の行にカーソルが移動するので注意してください。

 

このショートカットキーについては、次の記事で動画で詳しく解説しています。

エクセルでセル内の文字を改行する方法(好きな位置で改行したい)
エクセルのセルの幅は自分で広げない限り決まっています。 そんなセルの中に長い文章を入力すると、セルからはみ出て隣のセルにかぶさってしまう。 隣のセルにはみ出ないように、文章の途中でEnterキー(改行)を押しても改行してくれない...

『書式設定』のショートカットキー

『セルの書式設定』を一発で表示させるショートカットキー

まずは、エクセルでは必ずといっていいほど使われる、『セルの書式設定』を一発で表示させるショートカットキー。

『セルの書式設定』を表示させるショートカットキー

  • CTR+1  ※テンキーの1はNG

テンキーの1は使えないので、キーボードの『Q』の上にある1を押してください。

 

また、『ALT』+『H』+『FN』キーでも『セルの書式設定』を表示させることもできます。

『セルの書式設定』を表示させるショートカットキーについては、次の記事で詳しく書いているので参考にしてください。

エクセルでよく使うセルの書式設定を一発表示するショートカットキー
エクセルで表を作る時には必ず罫線で囲みます。 また、文字や数字を入力した時も、注意してほしいものには赤い色に設定したりすることもあります。 こういう場合には、『セルの書式設定』を使いますよね。 でも、いちい...

 

『セルの書式設定』では、罫線を表示させる、文字の色を変える、セルを結合する、塗りつぶすなど、セルや文字に対して様々な書式を設定することができます。

頻繁に使う機能だからこそ、ショートカットキーを使うことで作業効率をアップさせましょう。

『シート操作』のショートカットキー

増えすぎたシート間の移動が簡単にできるショートカットキー

Excelで作業しているとシートがどんどん増えていって、シートをいったりきたりするのが結構手間になったりします。

シートの数が多ければ多いほど、その手間と操作が増えるので、ここはシートの移動に便利なショートカットキーの出番。

 

使うショートカットキーは次の2つだけ。

シートを簡単に移動できるショートカットキー

  • 『次のシート(右側)に移動』 → Ctrl+PageDown
  • 『前のシート(左側)に移動』 → Ctrl+PageUp

このショートカットキーについては、次の記事の『Excelのシートが多い場合に移動でよく使うショートカットキー』のところで、動画による詳しい解説があります。

Excelのシートが多い場合に目的のシートに素早く移動できる方法
Excelで資料を作成していくと、シートがどんどん増えていくことが多いです。 あっちのシートに移動して内容を確認して、またこっちのシートに戻る。 なんていうことしょっちゅうあるわけで、これをマウスでチマチマやっているとストレスで...

また、この記事では、シートが増えすぎてショートカットキーでの移動すら手間がかかる場合に、一気に目的のシートに移動する時短技も紹介しています。

ぜひ、参考にしてください。