エクセルでは日付が自動入力できる!自動から固定表示への切替も簡単

エクセルでは日付が自動入力できる!自動から固定表示への切替も簡単 Excel使いこなし(ステップアップ編)
スポンサーリンク

Excelは自由な形式のいろんな表が作れます。

予算や売上を管理するための表、事業計画書、進捗管理表、請求書などなど。

業種によってさまざまな表を作ることになりますが、表によっては『今日』という日付が重要な意味を持つものもあります。

特に、請求書などは『請求書を発行する今日の日付』は欠かすことができません。

今回は、『今日』という日付を中心に、自動でExcelの中に日付、日時が入力される便利な関数や、ショートカットを紹介していきます。

日付の入力って以外と使い所が多いので、覚えておいても損はないですよ。

今日の日付、日時を自動で入力できる関数TODAY、NOWを使う

まずは、今日の日付を自動で入力する関数を2つ紹介。

TODAY関数が今日の日付、NOW関数が日時(今日の日付+時間)を自動で入力します。

使い方は簡単で、日付を入力(表示)させたいセルで『=TODAY()』、『=NOW()』と、イコールの後に関数名+()を入力するだけ。

↓関数をセルに入力すると、こんな感じになります。

今日の日付、日時を自動で入力できる関数TODAY、NOWを使う

この関数をセルに書いておけば、Excelを開くたびに『自動で日付、日時が入力(更新)』されるようになります。

ちなみに、Excelを開いた状態ですぐに自動更新させたい場合は、SHIFT+F9を使います。

日付の場合は、日付が変わらない場合更新はされませんが、日時の方は時間が更新されるはずです。

今日の日付、時間をサッと手入力できるショートカットキー(CTRL+;、CTRL+:)

続いては、ショートカットキーを使って、今日の日付と時間を入力する方法。

ただし、このショートカットキーは今入力した日付、時間がそのまま入力されます。

↓セルにショートカットキーで入力した場合。

今日の日付、時間をサッと手入力できるショートカットキー(CTRL+;、CTRL+:)

さきほどの関数と違い、次にExcelを開いても新しい日付や時間で自動的に更新はされません。

自動入力の日付、日時を固定表示に変更するショートカットキー

続いては、最初で紹介した関数(TODAY、NOW)で自動入力されたものを『固定入力(表示)』に切り替える方法です。

普段は自動で今日の日付が入力されるけど、『その日の日付を固定入力させて、自動での日付更新をさせたくない』なんていう場合ですね。

手順は、動画じゃないとわかりづらいので、次の動画を参考にしてください。

Excelの関数で自動入力された日付、日時を固定表示に切り替える方法

動画でも解説していますが、注意点があるので補足します。

F9で自動(更新)から固定表示に切り替えることができますが、自動入力の関数が入力されているセルに入力できる状態にしてF9を押す必要があります。

セルを選択しただけでF9を押しても切り替わらないので注意してください。

セルに入力できる状態にするには、F2キーを押すかマウスのダブルクリックを使います。

エクセルで日付を自動入力する方法、固定表示に切り替える方法のまとめ

今日の日付(日時)を簡単に入力できる代表的な方法を紹介しました。

そんなに難しくないことがわかったと思います。

自動入力されたものを固定に切り替える方法も、ぜひ覚えてください。

 

Excelは日付に関する機能が非常に多いです。

『納期まであと何日か』という計算や、ある月の営業日(稼働日)を求めたりするということも結構簡単にできたりします。

日付に関する表を作成する場合は、やっぱりExcelでないと思ったりします。

今回紹介しきれてない日付については、まだまだ便利な使い方が沢山あるので、別な機会にあわせて紹介したいと思います。

 

コメント