エクセルの関数で稼働日数を自動計算!祝日も除外可能

計算する

エクセルで月ごとの稼働日数(営業日数)を求めるにはどうしたらいいか?

エクセルには、そのものずばりの『稼働日数をカウントするNETWORDAYS関数』が用意されています。

この関数は開始日と終了日を引数(入力)とすることで、その期間の稼働日数を自動計算してくれます。

この記事の内容

  • 土、日を除いた稼働日数の求め方
  • 土、日、祝日を除いた稼働日数の求め方

まずは、土日だけを除外した稼働日数のカウント方法を紹介し、次に祝日を除いた本当の稼働日数のカウント方法を紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

土日を除外した稼働日数(営業日数)をカウントする

まずは、指定期間(5月)で土日だけを除いた稼働日数を求めてみます。

あらかじめ、開始日付のセル(B9)に5月の開始日『2019/5/1』、終了日付のセル(C9)に終了日『2019/5/31』を入力しています。

稼働日数を表示させるセル(D9)に、次のNETWORKDAYS関数を入力します。

=NETWORKDAYS(B9, C9)

土日を除外した稼働日数をカウントする

NETWORKDAYS関数は、最初の引数(この例ではB9)に『稼働日数を求めたい開始日付』を指定し、二番目の引数(この例ではC9)に終了日付を指定します。

この2つの入力情報から、土日を除いた稼働日数(営業日数)が自動計算されます。

エクセル内のカレンダーで確認すると、2019年5月はグレーの土日を除いた日数が23日となっていて、NETWORKDAYS関数も同じ23日を表示しているのがわかると思います。

土日、祝日を除外した稼働日数(営業日数)をカウントする

次は、土日に更に祝日を除外した稼働日数を求める場合。

本当の稼働日数という意味では、こちらの方が正確な日数といえます。

稼働日数を表示させるセル(D9)に、次のNETWORKDAYS関数を入力。

=NETWORKDAYS(B9, C9, 祝日カレンダー!祝日)

土日、祝日を除外した稼働日数をカウントする

NETWORKDAYS関数の第一引数、第二引数は先に紹介した方法と同じで、今回第三引数として『祝日』を指定しています。

『祝日』を指定することで、稼働日数から土日に加えて祝日までも除外されるようになります。

そして、この例では『祝日』には『祝日カレンダー!祝日』と書いていますね。

これは、『祝日カレンダー』シートの『祝日』という名前で定義されているセルの範囲を示しています。

なお、『!』はその前の部分がシート名であることを示す区切り文字です。

 

実際の『祝日カレンダー』シートはこのようになります。

祝日カレンダー

『祝日カレンダー』のB2~B24の範囲に年間の祝日を入力しています。

そして、この祝日の入力範囲(B2~B24)は『祝日』という名前で定義されていることがわかります。(左上の赤枠部分)

わざわざ名前をつけなくても、NETWORKDAY関数の第三引数で『祝日カレンダー!B9:B14』のように、セルの範囲を指定してもかまいません。

なお、セルの範囲に対して名前をつける場合は、次の手順でできます。

  1. 名前をつけたい範囲のセルを選択
  2. 左上の『名前ボックス』で名前を入力してEnterキー

間違って編集されることを防ぐために祝日のシートは非表示にする

年間の祝日を入力したシートを別に設けることはいいことですが、ただこのままだと祝日が間違って編集される可能性があります。

それを防ぐためにも、祝日のシートは見えないように『非表示』状態にしておきましょう。

手順は簡単です。

非表示にしたい祝日のシートを選択し(①)、右クリックメニューで表示される『非表示』を選択(②)

祝日カレンダーを非表示にする

これで、シートの見出しから祝日のシートが見えなくなります。

 

非表示にした祝日のシートを復活(再表示)させる手順は次の通り。

どのシートでもいいので見出しを選択し(①)、右クリックメニューの『再表示』を選択(②)

祝日カレンダーを再表示する

 

隠していたシートを選択して『OK』を押すと、再表示されます。

祝日カレンダーを再表示する

まとめ

まとめ

  • NETWORKDAYS関数は、土日を除いた稼働日数(営業日数)をカウントする
  • 土日だけじゃなく、祝日を除いた稼働日数もカウントできる

NETWORKDAYS関数は名前が覚えづらいのが難点ですが、使い方も難しくないのでそんなにつまづくこともないと思います。

どちらかというと、祝日の入力と保護についてちょっと考える必要があるぐらいですね。

稼働日数をカウントするの必須となる関数なので、ぜひ使い方をマスターしてください。

タイトルとURLをコピーしました