エクセルで西暦を和暦に変換する2つの方法(関数と書式設定)

スポンサーリンク

エクセルで既に入力されている西暦を、和暦に変換して表示させたい場合があると思います。

 

エクセルはいろんな形式の日付を入力することができますが、そういったものも全て和暦に変換したい。

 

そんな時に、西暦の日付から和暦の形式で表示してくれる『DATESTRING関数』が便利です。

また、『セルの書式設定』からも西暦から和暦に変換(表示)させることもできます。

今回は、簡単に和暦に変換できる2つの方法を紹介したいと思います。

 

今から紹介する方法とは逆の『和暦から西暦に変換する方法』はこちら。

 

その1)『DATESTRING』関数を使って西暦を和暦に変換させる

DATESTRING関数では、日付が入力されているセルを指定すれば、和暦の形式に変換してくれます。

DATESTRING関数の書式(入力の仕方)

  • =DATESTRING関数(変換元のセルの位置)

 

実際に変換したのが、次の画像。

和暦に変換してくれる『DATESTRING関数』で変換させる

C4の位置に『=DATESTRING(B4)』と入力することで、B4の日付がC4に和暦に変換されて表示されます。

 

まだ変換されていない他の日付がある場合は、DATESTRING関数を下の方にコピーします。

和暦に変換してくれる『DATESTRING関数』で変換させる

C4の右下に表示される『フィルハンドル』(■の形)をマウスでつまんで、下の方までずらしていくとコピーされます。

 

そうすると、他の形式だった日付も全て和暦に変換されます。

和暦に変換してくれる『DATESTRING関数』で変換させる

その2)『セルの書式設定』で西暦を和暦に変換させる

次は、『セルの書式設定』で日付を和暦に変換する方法です。

 

まず、日付が入力されているセルを選択(例では一括で変換したいので日付を全て選択)

和暦に変換してくれる『セルの書式設定』で変換させる

①変換した日付のセルを選択

②マウス右クリックで表示されるメニューから『セルの書式設定』を選択し、②の表示形式を選択。(ショートカットキーだと『CTRL』+『1』)

③表示形式の分類で一番下の『ユーザー定義』を選択

④種類で下の方にある、[$-411]ggge”年”m”月”d”日”を選択。

 

「OK」を押すと、次のように全ての日付が和暦に変換されます。

和暦に変換してくれる『セルの書式設定』で変換させる

[$-411]ggge”年”m”月”d”日”のgとeは元号の年を表します。

月と日は”01″のように二桁で表示させたい場合は、それぞれmm、ddとしてください。

月と日を二桁で統一すると、日付けを並べた時にビシッと桁を揃えることができます。

エクセルで西暦を和暦に変換して表示させる方法のまとめ

まとめ

  • 同じセルの中で西暦から和暦に変換したい場合は、書式設定
  • 別なセルに和暦を表示させたい場合は、DATESTRING関数

今回は、簡単に西暦から和暦に変換する方法を紹介しました。

 

DATESTRING関数は、変換前(西暦)とは違うセルに和暦を表示させる方法になります。

変換前(西暦)と同じセルに和暦を表示させたいのであれば、『セルの書式設定』を使います。

 

西暦から和暦への変換、その逆の和暦から西暦への変換というのは、エクセルを使っていると結構ありがちな操作になるので、まずは変換に慣れることです。

 

特に『セルの書式設定』では和暦に変換する時に、いろんな表示形式が指定できるので、どんな形式があるのか、いろいろ試してみることをおすすめします。

 

今回紹介した方法とは逆の『和暦から西暦に変換する方法』はこちら。