エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(関数と書式設定の方法)

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(関数と書式設定の方法) Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

エクセルで和暦→西暦の変換をしたいという場合はよくあることです。

その逆の『西暦から和暦に変換する方法』については、既に次の記事でその方法を詳しく紹介しました。

エクセルで西暦を和暦に変換して表示させる方法(関数と書式設定の方法)
エクセルで既に入力されている西暦を、和暦に変換して表示させたい場合があると思います。 エクセルはいろんな形式の日付を入力することができますが、そういったものも全て和暦に変換したい。 そんな時に便利なのが、西暦の日...

 

今回は、和暦から西暦に変換する方法を紹介したいと思います。

こちらもそんなに難しくないので、ぜひ変換方法を覚えてエクセルの作業で役立ててください。

 

変換元の和暦がシリアル値(数値)の場合の西暦への変換方法

シリアル値の和暦を西暦に変換する方法

  • 和暦のセルを選択し、『セルの書式設定』の『表示形式』で西暦を選択

エクセルは日付を『シリアル値』という数値で管理しています。

実は、セルに入力されている日付は、『シリアル値』、『文字列』のどちらかになります。

和暦がシリアル値の場合は、『セルの書式設定』にある『表示形式』を西暦に変更するだけなので簡単です。

 

和暦がシリアル値になっているかどうかは、セルの中で日付が右に揃っているか、左に揃っているかでわかります。

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(書式設定の方法)

この画像のように、西暦が右揃え(右に寄っている)になっている場合は、その日付はシリアル値になっています。

エクセルは、数値(シリアル値含む)の場合は右揃え、文字列の場合は左揃えになります。

 

また、シリアル値になっている場合は、数式バーには『1900/1/1』のようにYYYY/M/D形式で表示されます。(YYYYは年4桁、Mは月、Dは日)

 

逆に、和暦が左揃えになっていたり、数式バーにYYYY/M/D形式ではなくセルの中がそのまま表示されている場合は、シリアル値ではなく文字列だということです。

和暦の日付が文字列だった場合は、次の変換方法に進んでください。

 

和暦がシリアル値だった場合は、次のように『セルの書式設定』の『表示形式』で西暦を選択するだけで、変換されます。

 

変換したい和暦のセルを選択し、マウス右クリックから『セルの書式設定』を選択

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(書式設定の方法)

 

『表示形式』タブ→『分類』→『日付』の『和暦』を『西暦』に変更。

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(書式設定の方法)

表示形式の『種類』はお好みの形式を選択してください。

月や日の頭に0を表示させて2桁で揃えたい場合

1月とか2月の1桁の月の場合でも、01、02と表示させたい場合は、『ユーザー定義』の『種類』で『yyyy/mm/dd』と入力すればOK。(mm、ddとも2桁を意味します)

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(書式設定の方法)

 

↓こんな感じで、1900/1/1が1900/01/01と表示されます。

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(書式設定の方法)

変換元の和暦が文字列の場合の西暦への変換方法

文字列の和暦を西暦に変換する方法

  • 文字列の和暦を日付の『シリアル値』にDATEVALUE関数で変換
  • 和暦のセルを選択し、『セルの書式設定』の『表示形式』で西暦を選択

次に、和暦がシリアル値ではなく『文字列』となっている場合。

 

文字列かどうかは、先に紹介した『シリアル値』の判定方法で判断できます。

つまり、シリアル値とは逆になっていれば文字列ということ。

 

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(関数と書式設定の方法)

上の画像のように、セル内が左揃えであったり、数式バーにYYYY/MM/DD形式ではなくセル内の日付がそのまま表示されていると、その西暦は『文字列』となります。

 

西暦が文字列の場合には、『文字列からシリアル値に変換する』関数を使って一旦シリアル値に変換する必要があります。

その後は、最初の方法と同じで『セルの書式設定』の『表示形式』から西暦を選択するだけ。

 

西暦に変換するセルにシリアル値変換関数(=DATEVALUE(セルの位置))を入力

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(関数と書式設定の方法)

 

他に変換したい日付があれば、さきほどの関数を入力したセルをコピーすればシリアル値が表示されます。

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(関数と書式設定の方法)

 

あとは、最初の方法と同じように、セルを選択してマウス右クリック→『セルの書式設定』→『表示形式』で西暦の日付に変更します。

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(書式設定の方法)

 

無事西暦に変換できたら、このように日付が西暦の形式で表示されます。

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法(関数と書式設定の方法)

シリアル値変換関数を使う時の注意点

シリアル変換関数を使う場合は、変換元の和暦の表示形式は『平成○年○月○日』のような形式である必要があります。

例えば、H10年5月15日のように平成ではなく頭文字のHだと変換できないので、こういう場合はあらかじめ元号の部分を変換してからシリアル値変換関数を使ってください。

ちなみに、H15.5.15のような形式はOK。

エクセルで和暦を西暦に変換して表示させる方法のまとめ

ここまで、和暦から西暦に変換する2つの方法を紹介しました。

和暦から西暦に変換する時のポイント

  • 変換元の西暦が、『シリアル値』なのか『文字列』なのかを正しく判定する。

変換元の西暦の日付が『シリアル値』なのか、『文字列』なのかで変換方法が異なるのがポイントです。

 

日付が『シリアル値』、『文字列』のどちらになっているかは、日付がどっちに揃えられているかを確認してください。

エクセルは、数値(シリアル値含む)の場合は右揃え、文字列の場合は左揃えになります。

 

エクセルの場合は、『日付をシリアル値で管理』しているため、ただの文字列だと思って作業すると、思ったような結果にならない場合があります。

エクセルで日付を扱う場面がこれから先も出てくると思いますが、日付がシリアル値であることを理解しておくと、作業で戸惑うこともなくなると思いますよ。

 

『日付』はエクセルの中でも重要な要素なので、エクセルがどのように処理しているか(変換しているか)を理解できるようになりましょう。

 

『西暦から和暦に変換する方法』はこちら。

エクセルで西暦を和暦に変換して表示させる方法(関数と書式設定の方法)
エクセルで既に入力されている西暦を、和暦に変換して表示させたい場合があると思います。 エクセルはいろんな形式の日付を入力することができますが、そういったものも全て和暦に変換したい。 そんな時に便利なのが、西暦の日...