エクセルでは保存のショートカットキーをこまめに使うのが常識です

エクセルでは保存のショートカットキーをこまめに使うのが常識です Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

エクセルで表なんかを作っていて固まったりすると、保存ができずにそれまで頑張って入力したものが何も残らないということがあります。

何時間もかけて作ったのに、『また一からやり直し』なんてことになった時には気が滅入っちゃいますよね。

エクセルの歴史は長いですが、未だに『いきなり固まって保存が出来ない』ということがよくあります。

だから、僕はある程度入力した時点でこまめに保存のショートカットキーを使う癖がついてしまいました^^

エクセルの作業中には必ず上書き保存のショートカットキーを使うようにする

ショートカットキーの使い方の前に、エクセルを使う時の心構えとして『こまめに上書き保存する』ということを意識してください。(別にエクセルに限らない話なんですけどね)

 

冒頭でも書きましたが、エクセルがいきなり固まった保存すらできなくなるというのはよくあることです。

入力したものが残らずに一からやり直しとなると、かなりの後戻り作業になるし、それよりも精神的なダメージがの方が大きい。

 

だから、『こまめな上書き保存』を心がけましょう。

『上書き保存』のショートカットキー

  • CTRL+S

Sは「Save(保存)」のSと覚えればいいし、左手一本で使えるショートカットキーなので使いやすいと思います。

『名前をつけて保存』は編集中の今のファイルを別ファイルに保存できるので便利

上書き保存は今編集中のエクセルブック(ファイル)をそのまま保存する機能ですが、編集中のエクセルブックを別なファイルとして保存する機能が『名前をつけて保存』

例えば、今編集しているものを別名で保存して、元のエクセルファイルはバックアップとして残したいという場合とか、この『名前をつけて保存』を使いますね。

『名前をつけて保存』のショートカットキー

  • F12

F12キーを単独で押すだけなので、これも難しくありません。

クイックアクセスツールバーに用意されているショートカットキーを使う

自分の好きなコマンド(ショートカットキー)をクイックアクセスツールバーという場所に並べることができます。

エクセルの標準では、クイックアクセスツールバーには最初から『上書き保存』のコマンドが用意されています。

クイックアクセスツールバーの『上書き保存』のコマンド

  • 『ALT』→『1』

『ALT』を押して、次に『1』を押せば、上書き保存されます。

『CTRL+S』さえ覚えていれば特に必要ないコマンドですが、クイックアクセスツールバーからも上書き保存できるよということで、紹介しました。

CTRLキーが壊れた時に使えるかな?^^

エクセルで使う保存のショートカットキーのまとめ

ここまで『上書き保存』、『名前をつけて保存』のショートカットキーについて紹介しました。

『保存』のショートカットキーまとめ

  • 『上書き保存』 → 『CTRL+S』または、『ALT』→『1』
  • 『名前をつけて保存』 → 『F12』

大事なことなので繰り返し書きますが、入力したものが消えるというのはダメージがかなり大きいです。

僕は何度も経験しました。

めげました。

そして、エクセルのせいにしました。

 

でも、エクセルが悪いんじゃなく保存していなかった自分も悪いんだと思うようにして、それからはこまめにショートカットキーを使うようにしたんです。

そのおかげで、今では無意識に保存するようになりました^^

 

入力のやり直しなんていう、やりたくない後戻り作業をしないで済むように、『上書き保存』のショートカットキーを有効に利用して、余計な作業が発生しないようにしましょう。

 

『こまめな上書き保存』はものすごく大事です。