新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル】『名前を付けて保存』できるショートカット

エクセルの保存用ショートカットキーはF12が何気に使いやすいMiniTips
スポンサーリンク

僕は他の人からもらったエクセルを開いた時に、間違って更新するのを避けるために、ショートカットキーの『F12』で、『名前を付けて保存する』ということをよくやります。

別名保存は、修正前のバックアップを取るためです。

他には、印刷用に修正したものを別名で保存する場合にも、『名前を付けて保存』の『F12』キーを使ったりします。

右手一本でポンと押せるので、かなり使いやすいんですよね。

スポンサーリンク

『名前を付けて保存』できるショートカットは『F12』キー

『名前を付けて保存』できるショートカットは『F12』キーです。

『名前をつけて保存』のショートカットキー『F12』

『F12』キーが使いやすところとしては、次の2点。

  1. 右手一本で『F12』を押すだけで、すぐに保存できる。
  2. 開いているエクセルファイルと同じフォルダに保存できる。

すぐに保存できるところももいいんですが、開いているエクセルファイルと同じフォルダに保存できるのが、かなりポイントが高いです。

元のエクセルファイルを同じフォルダに保存してくれるので、あとから『あれ?どこに保存したんだっけ?』ということもなくなります。

 

超簡単ですが、一応別名で名前を付けて保存する方法を説明します。

『F12』を押すと下の画像のような保存ダイアログが表示され、あとはファイル名を入力するだけです。

『F12』キーで、開いているエクセルと同じフォルダに別名で保存する

ちなみに、キーボードではなくマウスで『名前を付けて保存』したい場合は、『ファイル』メニュー→『名前を付けて保存』をクリックし、『保存先』を選択します。

(エクセル2010では、最後の保存先の選択は不要)

【エクセル】名前を付けて保存するショートカットのまとめ

まとめ

  • 『名前を付けて保存』できるショートカットは『F12』キー。
  • マウスの場合は、『ファイル』メニュー→『名前を付けて保存』をクリックし、『保存先』を選択。

今回は、右手一本で簡単に『名前を付けて保存』ができる、ショートカットキー『F12』を紹介しました。

さきほども書いたように、マウス操作でも『名前を付けて保存』はできますが、やっぱり右手一本で保存できる『F12』キーが圧倒的に使いやすいです。

作業中のエクセルの保存場所を確認する場合も、この『F12』キー一発なので、かなり便利ですよ。

『名前を付けて保存』するショートカットキー『F12』は必ず覚えましょう!