Excelの繰り返しショートカットキーで作業効率をアップ!

Excel

Excelにある程度慣れてくると、入力操作や文字の色の変更、セルの背景色の変更など基本的な操作もスムースにできるようになります。

でも、操作に慣れただけだと、大きい資料作成の場合は、作成に時間がかかる場合があるんですね。

短い時間で資料を作成するには、作業効率(操作性)をアップすること。

そこで、作業効率をアップするための魔法のキーである『ショートカットキー』の出番。

特に、頻繁に使うような操作がショートカットキーとして用意されている場合は、絶対に使うべきです。

今回は、作業効率をアップするために効果的な、『繰り返し操作を短縮できるショートカットキー』を紹介したいと思います。

作業効率アップで効果的なのは『繰り返し』操作が短縮できるショートカットキー

Excelで資料(文書)を作る場合に、同じ操作をどうしても繰り返す場合が多くなります。

大きい資料であればあるほど、繰り返し操作が増えていく。

しかも、同じ操作を何度も繰り返すので、精神的にもイライラしたりします。

単純な繰り返し操作は間違いの元になるし、イライラにもつながるので、繰り返し操作が簡単にできるショートカットキーをぜひ覚えてください。

Excelの繰り返のショートカットキーは、Ctrl+Y又はF4キー

繰り返し操作を短縮できるショートカットキーは、Ctrl+Y(Ctrlを押しながらYキーを押す)とF4キー。

どちらのキーを使ってもいいですが、簡単にキーが押せるのでF4キーをおすすめします。

『ショートカットキーを押す直前の操作が繰り返しの対象』となるので、注意してください。

 

文字のコピー&貼り付けの繰り返し操作例(何度でも繰り返しができる場合)

ここでは、文字のコピー&貼り付けをして、『文字の貼り付け』の操作を繰り返す場合を動画で説明します。

C列に貼り付けた後は、そのままF4で何度も繰り返しができます。

ただし、この場合のコピーは『セル内をダブルクリックして、文字を反転した状態でコピー』という、ちょっと面倒くさい操作が前提条件になります。

なので、よく使う『セルを右クリックでコピー』という操作の場合は、繰り返しは1度だけしかできないようです。(次の動画参照)

Excelの仕様だと思いますが、セルをそのままコピーする方が断然使われる操作だと思うんですけど^^

 

文字のコピー&貼り付けの繰り返し操作例(一度しか繰り返しができない場合)

実際に、『セルをそのままコピー』して、1度しか繰り返されない場合の動画です。

D列には1度目の繰り返しなのでF4キーで貼り付けができましたが、E列への2回め以降の繰り返しはできていません。

文字のコピー&貼り付けはちょっと操作に注意が必要ですが、こんな感じで直前の操作を繰り返してくれるのがF4(又は、Ctrl+Y)キーです。

セルの挿入/削除/結合、行の挿入/削除は繰り返し操作ができる

他に繰り返しできる直前の操作は以下の通り。

F4キー(Ctrl+Y)で繰り返し操作ができる直前の操作

  • 文字の色の変更
  • セルの挿入、削除、結合
  • 行の挿入、削除
  • セル内の文字の揃え(左、中央など)
  • セルの罫線

注意!ショートカットキーはどんな操作でも繰り返してくれるわけではない

さきほども書きましたが、繰り返しはどんな操作でもできるわけでありません。

でも、既に紹介した操作はよく使われるものなので、これらの操作を繰り返すような作業になった時は、F4キーをどんどん使ってください。

Excelの繰り返しショートカット(F4キー)で作業効率アップのまとめ

ここまで紹介したように、繰り返しのショートカットキーはCtrl+Yキー又は、F4キーです。

F4キーなんて左手をちょっと伸ばせば届く範囲にあるので、指が勝手に動くようになるまで使い込んで欲しいと思います。

作業効率をアップする時に一番効果的なのは、『同じ操作を繰り返すのに時間をかけない』こと。

ショットカットキーを覚えて、作業効率アップで楽になりましょう^^

ショートカットキーは自分が楽になるためにあるので。

いかに、自分が楽にできるかを日頃から意識しておけば、もっと効率アップできる方法がないか自然に意識するようになりますよ。

まずは、繰り返しのような簡単なショートカットキーから覚えていきましょう!

 

コメント