新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル(基本操作編)】シート移動が簡単にできるショートカット

移動する

エクセルで資料を作成していくと、シートがどんどん増えていくことが多いです。

あっちのシートに移動して内容を確認して、またこっちのシートに戻る。

これ、かなりストレスが貯まる操作なんですよね。

この操作ををマウスでチマチマやっていると、ストレスで十円ハゲができてしまいそうになります^^

今回は、ストレスなく移動が簡単にできるショートカットと、シートが多すぎる場合に一気に目的のシートに移動できる方法を紹介します。

キーボードを使ったショートカットキーでシートの移動を簡単にする

キーボードを使ったショートカットキーでエクセルのシートを移動するのは、とても簡単です。

右のシートに移動するショートカットキーと、左のシートに移動するショートカットキーがあります。

シートを簡単に移動できるショートカットキー

  • 『次のシート(右側)に移動』 → 『CTRL』 + 『PageDown』
  • 『前のシート(左側)に移動』 → 『CTRL』 + 『PageUp』

エクセルのシート移動(切り替え)が簡単にできるショートカットキー

 

次の動画で、『CTRL』 + 『PageDown』と『CTRL』 + 『PageUp』を使ったシートの移動を確認してください。

Excelのシートが多い場合に移動でよく使うショートカットキー

このショートカットキーって、かなり出番があるんですよね。

ショートカットキーで作業効率アップしている人こそ、このキーはよく使っています。

『PageDown』で右(次)のシートに移動、『PageUp』で左(前)のシートに移動すると覚えてください。

シートが多すぎてショートカットキーでも間に合わない場合の移動

シートが多すぎると、『PageDown』などのショートカットキーでも、何度も押さないといけない場合が出てきます。

『バン!』『バン!』と何度もキーボードの音を響かせることになるので、周りに迷惑かけるかもしれません^^

そんな時に便利な方法があります。

ちょっと一手間かかりますが、『シートの一覧』を出すことで、一気に目的のシートに移動することができます。

使い方は、動画の方がわかりやすいので、次の動画を参考にしてください。

シートが多すぎて、ショートカットキーでも間に合わない場合の移動方法

先頭と最後のシートに一気に移動するショートカット

先頭や最後のシートに移動する場合は、先に紹介した『シート一覧』からでも、もちろんできますが、もっと簡単に移動できるショートカットがあります。

それは、『シート見出し(タブ)』の左にある『シートを移動する』ボタンを使う方法です。

ただし、エクセル2010までのバージョンと、エクセル2013以降の新しいバージョンでは微妙にボタンが異なるので、詳しい使い方については次の記事を参考にしてください。

ハイパーリンクを使ってもシートの移動ができることを知ってますか?

エクセルにはWebページのURLを記述できる『リンク(ハイパーリンク』というものがあります。

この『ハイパーリンク』をクリックするだけで、Webページを開いたりすることができますが、実はクリックすることで別シートの任意のセルに移動することもできます。

目次のシートを作って、目次の項目をクリックすることで目的のシートに簡単に移動できるので、かなり便利な機能です。

使い方を次の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!

シート移動が簡単にできるショートカットのまとめ

シートの移動(切り替え)はよくやる操作です。

なので、『CTRL』 + 『PageDown』(PageUp)のショートカットキーは出番が多く、使うことで大きく作業効率をアップすることができます。

ぜひ、この機会に覚えて、体が自然にショートカットキーを押すぐらいになってください。

ショートカットキーをどんどん覚えて、作業効率アップで自分が楽になりましょう!

コメント