Excelのシートが多い場合に目的のシートに素早く移動できる方法

Excel使いこなし(初級編)

Excelで資料を作成していくと、シートがどんどん増えていくことが多いです。

あっちのシートに移動して内容を確認して、またこっちのシートに戻る。

なんていうことしょっちゅうあるわけで、これをマウスでチマチマやっているとストレスで十円ハゲができてしまいそうになります^^

今回は、ストレスを抱えないように、移動が簡単にできるショートカットキーとシートが多すぎる場合に一気に移動できる方法を紹介します。

Excelのシートが多い場合に移動でよく使うショートカットキー

Excelのシートの移動は簡単です。

下の画像にあるように、赤枠にある三角形のボタンを押すか、シート名のところを直接クリックすると、シートの移動ができます。
Excelの複数シートをマウスで移動する

でも、三角形のボタンは小さくて押しづらいし、シート名も全てが表示されていない場合もあるので、なかなか使いづらい。

そんな時に便利なのが、移動のショートカットキー。

移動が簡単にできるショートカットキーは、次の2つ。

シートを簡単に移動できるショートカットキー

  • 『次のシート(右側)に移動』 → Ctrl+PageDown
  • 『前のシート(左側)に移動』 → Ctrl+PageUp

PageDownとPageUpは普通のキーボードであれば、Enterキーのすぐ右側に配置されているはず。

動画で実際に、Ctrl+PageDownとCtrl+Pageupを使った移動を確認してください。

Excelのシートが多い場合に移動でよく使うショートカットキー

このショートカットキーって、実は結構出番があるんですよね。

ショートカットキーで作業効率アップしている人こそ、このキーはよく使っています。

PageDownで右(次)のシートに移動、PageUpで左(前)のシートに移動すると覚えてください。

シートが多すぎて、ショートカットキーでも間に合わない場合の移動方法

シートが多すぎると、PageDownなどのショートカットキーでもかなり押さないといけない場合が出てきます。

『バン!』『バン!』と何度もキーボードの音を響かせることになるので、周りに迷惑かけるかもしれません。

普通はそんなに激しく叩かないんですけどね、たまに本当にうるさい人いるので^^

 

で、こういう時に便利な方法。

『シートの一覧』を出すことで、ちょっと一手間かかりますが一気に目的のシートに移動することができます。

動画がわかりやすいので、次の動画を参考にしてください。

シートが多すぎて、ショートカットキーでも間に合わない場合の移動方法

シートを追加するショートカットキーもついでに紹介

ついでといってはなんですが、シートを追加するショートカットキーも紹介します。

Shift+F11でシートが追加されます。

注意しないといけないのは、アクティブ(処理の対象になっている)になっているシートの前にシートが追加されること。

なので、一番前にシートを追加したい場合は、一旦一番前まで移動してこのショートカットキーを使ってください。

ま、間違って変なところに追加されても、そのシートをドラッグして移動させればいいだけですけどね。

Excelで目的のシートに素早く移動できる方法のまとめ

ここまで、シート移動を中心に便利なショートカットキーと一気に移動できる方法を紹介しました。

Ctrl+PageDown(PageUp)のショートカットキーは本当によく使います。

それだけ使う場面が多いということなので、この機会に是非覚えて体が勝手にショートカットキーを押すぐらいになってください。

ショートカットキーをどんどん覚えて、作業効率アップで自分が楽になりましょう!

コメント