隣のセルを一発でコピーできるショートカットキーは行や列でもOK!

隣のセルを一発でコピーできるショートカットキーは行や列でもOK! Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

エクセルですぐ隣のセルに入力されているものをコピーしたいということはよくあることです。

そんな時に活躍するのが今日紹介するショートカットーキー。

 

このショートカットキーの何が便利なのかというと、いきなり貼り付けることができるので一回の操作で済むこと。

 

また、行や列を選択している状態でこのショートカットキーを使うと、行、列がまるごとコピーされるので、かなり便利です。

この機会に、ぜひ覚えてください。

エクセルで隣のセルを一発でコピーできるショートカットキー

隣のセルを一発でコピーできるショートカットキーは『CTRL+D』『CTRL+R』

上や左のセルをコピーできるショートカットキー

  • 入力済のセルの下で、『CTRL+D』  ※上のセルをコピー
  • 入力済のセルの右で、『CTRL+R』  ※左のセルをコピー

DはDown、RはRightなので覚えやすいと思います。

 

他には、複数のセルを選択すると一括でコピーできるし、行、列を選択していれば、そのまま行、列の単位でコピーすることも可能。

 

実際の操作の方がわかりやすいと思うので、動画でどのようにコピーされるかを確認してください。

隣のセルを一発でコピーできるショートカットキーは行や列でもOK!

隣のセルを一発でコピーできるショートカットキーのまとめ

表を作っていると、同じ入力を繰り返すことが多いです。

『ALT+↓』も入力を繰り返すショートカットキーとして有名ですが、下方向にしか対応していません。

 

慣れないうちは、普通のコピー&ペーストの方がやりやすいかもしれませんが、慣れるやっぱりショートカットキーなのでコピーが早いです。

複数セルの一括コピーや、行、列でのコピーも結構使えると思います。

 

『CTRL+D』のDはDown、『CTRL+R』のRはRightと覚えてください。