エクセルの罫線を引いたり消したりできるショートカットキー

エクセルの罫線を引いたり消したりできるショートカットキー Excel使いこなし(基本編)

エクセルは表計算ソフトなので表を作成するのは得意中の得意です。

その表につきものなのが『罫線』で、『罫線』は表を作成する時に欠かせない書式といえます。

表が大きくなればなるほど罫線を引く操作も頻繁に発生しますが、そのたびに『セルの書式設定ダイアログを表示』→『罫線を指定』をしていてはかなり作業効率が悪くなってしまいます。

そんな時に、『罫線を引くショートカットキー』や、『罫線を消すショートカットキー』を使いこなすと、操作も短縮できて作業効率もグンとアップしますよ^^

この記事の内容

  • 罫線を引く(表示)するショートカットキーの使い方
  • 罫線を消す(削除)するショートカットキーの使い方
  • アクセスキーを使ったバリエーション豊富な罫線

表以外でも、なにげに罫線はいろんなところで使われることが多いため、罫線を引く/消すショートカットキーを覚えておいても損はないと思います。

ちなみに、エクセルには罫線とは別に『枠線』というものがあるので、間違わないようにしてください。

『枠線』は何もない状態のシートに最初から引かれていて、セルとセルの境界を示すための線で、印刷されることはありません。

枠線の消し方については、こちら記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

『罫線を引く』ショートカットキーは『外枠』しかない

まず最初に断っておきますが、今から紹介する『罫線を引く』ショートカットキーは、『外枠に罫線を引く』ショートカットキーになります。

なので、上下左右のみの一片にだけ罫線を引くことはできません。

ただし、外枠以外のいろんな罫線を引く方法は『アクセスキー』としてあるので、後半でその『アクセスキー』についても紹介します。

罫線をショートカットキーで引いてみる

罫線を消すショートカットキー

罫線を引くショートカットキー

  • 『CTRL』+『SHIFT』+『&』

このショートカットキーは外枠だけに罫線を引くので、セルを複数選択している場合は一番外側のセルの『外側』だけに罫線が引かれます。

1つのセルにショートカットキーで罫線を引く

1つのセル(赤枠)を選択して、『CTRL』+『SHIFT』+『&』を押します。

セルの外枠に罫線を引くショートカットキー

 

このように上下左右の外枠に罫線が引かれます。

セルの外枠に罫線を引くショートカットキー

複数のセルを選択してショートカットキーで罫線を引く

複数のセルを選択して、『CTRL』+『SHIFT』+『&』を押します。

複数のセルにショートカットキーで罫線を引く

 

すると、選択した範囲の外側にだけ罫線が引かれます。※内側には引きません

複数のセルにショートカットキーで罫線を引く

このように、『CTRL』+『SHIFT』+『&』は外枠にだけ罫線を引くショートカットキーだというのがわかります。

選択したセルの罫線を消す(非表示)ショートカットキー

エクセルのセルの罫線を一発で消すショートカットキー

罫線を消すショートカットキー

  • 『CTRL』+『SHIFT』+『_』(ろ)

このショートカットキーは選択したセルに引かれている全ての罫線を消します。

 

動作が一番わかりやすいので、複数選択したセルで手順を説明します。

罫線が引かれているセルを全て選択し、『CTRL『+『SHIFT』+『_』キーを押します。

セルに引かれた罫線を解除(削除)するショートカットキー

 

すると、格子状に引かれていた罫線も含めて全て消されます。

セルに引かれた罫線を解除(削除)するショートカットキー

このショートカットキーは、選択されたセルに引かれている全ての罫線を消すので、使い所が多いんじゃないでしょうか。

アクセスキーでも罫線を引くことができる

ここまでは、『罫線を引く/消す』ことができるショートカットキーを紹介しました。

ただし、罫線を引くショートカットキーは外枠のみなので、例えば格子状に罫線を引きたいとういう場合はアクセスキーを使います。

アクセスキーというのは、『ALT』→『H』→というように、順番にキーを押していく操作のことです。

複数セルを選択して一括で罫線を引くアクセスキー

では、よく使われるであろう『格子状に罫線を引く』場合のアクセスキーを例に説明します。

格子状に罫線を引くアクセスキー

  • 『ALT』『H』『B』『A』

実際に操作する手順は次の通り。

まずは『ALT』キーを押し、次に『H』キーを押します。

リボンからキーボードだけで罫線を引いてみる

『ALT』キーを押すと、上の画像のように数字やアルファベットが表示されるようになり、次に押せるキーボードを教えてくれます。

 

続けて、『B』キーを押します。

リボンからキーボードだけで罫線を引いてみる

 

最後に、『格子』の『A』を押すと、選択しているセルの外枠や内側全てに罫線が引かれます。

リボンからキーボードだけで罫線を引いてみる

複数のセルにショートカットキーで罫線を引く

『ALT』→『H』→『B』→『A』のアクセスキーで格子状に罫線が引かれる。

セルに引かれた罫線を解除(削除)するショートカットキー

 

このメニューでは、格子以外にもいろんな引き方を選べるようになっています。

リボンからキーボードだけで罫線を引いてみる

一部の罫線は『セルの書式設定』から引く

ちなみに、内側だけとか一部の罫線はアクセスキーを使っても引けません。

なので、アクセスキーが使えない場合は、『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)で表示される、次の『セルの書式設定』ダイアログから選択してください。

セルの書式設定から罫線を引いてみる

まとめ

まとめ

  • 罫線を引くショートカットキー → 『CTRL』+『SHIFT』+『&』
  • 罫線を消すショートカットキー → 『CTRL』+『SHIFT』+『_』(ろ)
  • アクセスキーを使うと、いろんなバリエーションの罫線を引ける

今回は、罫線を引く/消すショートカットキーを中心に紹介しました。

1つのセルに対して罫線を引いたり、消したりする場合は今回紹介したショートカットキーはかなり使えるんじゃないでしょうか。

また、複数のセルに一気に罫線を引きたい場合でも、アクセスキーを使えば簡単に操作できるので、罫線を引いたり消したりする操作が多い場合は、ショートカットキーかアクセスキーで効率よく操作しましょう!

タイトルとURLをコピーしました