エクセルの枠線を非表示(消す)にする方法(罫線ではなく枠線です)

スポンサーリンク

Excelは、使い始めた標準の状態からシートの中に『枠線』というものが表示されます。

この枠線というのは、セルとセルの境目を示すもので、『セルの位置、大きさを示す線』ものだと思えばいいです。

つまり、作業をしやすくするための補助的な役割を果たすのが枠線

枠線は薄いグレーの線で表示されるので、通常は作業していてもほとんど気になるものではないです。

でも、中にはこの枠線が気になる人もいるんですよね。

また、図形などペタペタ貼っていくうちに、枠線が逆に目障りになったりすることもあります。

そんな、『普段は目立たないけど、場合によっては消したくなる枠線』を消す方法を紹介します。

いや言葉で書けば1行で終わる簡単な方法なんですけど^^

Excelの枠線と罫線は全く違うので、違いを理解しよう

方法を紹介する前に、勘違いしている人もいると思うので、簡単にExcelの枠線と罫線の違いについて説明します。

冒頭でも書きましたが、枠線は『作業をしやすくするための目安となる線』で、この枠線は表示上見えていますが、印刷されない線です。

これ、Excelを使い始めた人が結構勘違いします。いや本当に^^

一方、罫線は表などの線を表現したい時に使う線です。

だから、格子状に引かれた罫線を表として作成すると、罫線がきちんと印刷されます。

ちょっと乱暴ですが、『印刷されない線が枠線で、印刷される線が罫線』と覚えてください。

Excelの枠線を非表示(消す)にする方法

やっと、本題の枠線を消す方法です。

言葉でさらっと書いてもいいですが、枠線がパッと消える様子がわかるので、あえて動画で解説します。

Excelの枠線を非表示(消す)にする方法

この方法では、シートの中の枠線が消えます。

一部の枠線を消す方法もありますが、あまり意味ないので今回は紹介しません。

(といっても、セルを白く塗りつぶすだけなんですけどね)

 

手間かかりますが、枠線を消す別な方法もちょっと紹介。

 

リボンのタブ『ファイル』を選択

Excelの枠線を非表示(消す)にする方法

 

『オプション』を選択

Excelの枠線を非表示(消す)にする方法

 

『詳細設定』→『枠線を表示する』のチェックを外す。

Excelの枠線を非表示(消す)にする方法

 

もう1つの方法は以上ですが、チェックを外すところの下に『枠線の色』なんていうのがあります。

実は、枠線の色は自由に変更できるんです。

だから、枠線をもうちょっと目立たない色にしたいとか、標準とは違う色にしたい場合は、ここで色の変更をしてください。

エクセルの枠線を非表示(消す)にする方法のまとめ

今回紹介した、『枠線を非表示(消す)にする方法』は、すごく簡単なので迷うこともないはず。

ただ、枠線を消したいということはあまりないと思うので、そんなに使う機会がない機能ですが、覚えておいても損はないですよ。

今まで枠線と罫線の違いがわからなかった人は、きちんと理解できたと思います。

 

今後、枠線と罫線を勘違いしている人を見つけたら、その違いを教えてあげると『Excelの達人』だと思われるかもしれません。

ま、多分ないと思いますが^^

コメント