エクセルで自動計算が反映されない時の対応方法

エクセルで自動計算が反映されない時の対応方法 トラブル対応

エクセルにSUMなどの合計の式を入力している場合は、その範囲内のセルに数字を入力した途端に合計がリアルタイムで更新されます。

いわゆる『自動計算』というもので、エクセルの標準状態では『自動計算』が有効となっています。

しかし、なにかの拍子に『自動計算』されなくなって困る時があるんですよね^^

この記事の内容

  • 手動で『再計算』させる方法。
  • 『自動計算』の設定方法。
  • 『自動計算』されない原因。

今回は、『自動計算』をさせる設定方法を中心に、『再計算』の方法や『自動計算』されない原因について書いていきます。

いつの間にか『自動計算』されなくて悩むことが多い場合は、ぜひ参考にしてください。

すぐにでも再計算(更新)させる方法

いつの間にか自動計算されなくなった

まずは、上記エクセルのように自動計算されなくなった時に、『再計算』で更新させる方法を紹介します。

『再計算』の方法よりも、『自動計算』ができる方法が知りたい場合は、次の『自動計算』の設定方法へ進んでください。

ショートカットキーで再計算させる

『再計算』させる場合には、次の2つの方法があります。

  1. ブック内の全シートを『再計算』させる
  2. 現在のシートのみ『再計算』させる

『再計算』の対象が、全シートになるか、現在のシートのみになるかの違いです。

ブック内の全シートを再計算させる

ショートカットキー

  • 『F9』

『F9』を押すと、ブック内の全シートに対して『再計算』が実行されます。

 

マウスを使う場合は、リボンの『数式』タブ(①)を選択し、『再計算実行』をクリック。

ブック内の全シートを再計算させる

アクセスキーだと、『ALT』→『M』→『B』と押していきます。

アクティブ(現在)のシートのみ再計算させる

ショートカットキー

  • 『SHIFT』+『F9』

『SHIFT』+『F9』を押すと、現在のシート(アクティブシート)のみ『再計算』が実行されます。

マウスを使う場合は、リボンの『数式』タブ(①)を選択し、『シート再計算』をクリック。

現在のシートのみ『再計算』する

アクセスキーだと、『ALT』→『M』→『J』と押していきます。

ブック内の全シートを再計算させる(ステータスバー)

最後は、ステータスバーの『再計算』コマンドを実行する方法。

実は、『手動計算』が有効になっている時に数字を入力すると、ステータスバーの左側に『再計算』が表示されます。

つまり、『再計算が必要ですよ』と教えてくれるわけです。

なので、この『再計算』をポチッと押せば、『再計算』が実行されます。

ブック内の全シートを再計算させる(ステータスバー)

『自動計算』の設定方法

自動で計算がされなくなった時は、『手動計算』になっていることが多いので、計算方法の設定を『自動計算』に変更してみます。

リボンの『数式』タブ(①)を選択し、『計算方法の設定』(②)→『自動』とクリック。

計算方法の設定を『自動計算』に変更する

これで数字を入力した時に、すぐに計算結果が更新されるようになります。

なお、この設定はエクセル(ブック)ごとに有効となるので、すでに保存されている他のエクセルがこの設定変更の影響を受けることはありません。

『自動計算』されない原因

自動計算がされなくなる原因には3点ほど考えられます。

1. 『自動計算』の設定が勝手に『手動計算』に変わってしまう

自動で計算されなくなる場合というのは、いつの間にか『手動計算』の設定に切り替わっていることが多いです。

エクセルを1つしか開いていない場合は、『手動計算』(または『自動計算』)に勝手に切り替わる現象は発生しません。

しかし、複数のエクセルを開いた時に『自動計算』のエクセル、『手動計算』のエクセルが混在していると、『手動計算』に切り替わる現象が発生します。

『手動計算』に切り替わる条件やエクセルの仕様については、次の記事で詳しくまとめています。

勝手に『手動計算』に変わる理由を知りたい人は、ぜひ参考にしてください!

2. 数字が文字列になっている

計算の対象セルに入力されている『数字』が、『文字列』になっていると計算がされません。

『123』のように数字が入力されているように見えても、実は『文字列』の『123』になっていることもあるんです。

あくまでも計算の対象は数字なので、文字列になっているとエクセルは計算してくれません。

『数字』なのか『文字列』なのか簡単に見分けるポイント

入力されている数字が『文字列』なのか、本当の『数字』なのかは、セルの中で『右揃え』になっているか、『左揃え』になっているかで見分けることができます。

・セル内の数字が『右揃え』の場合は、『数字』
・セル内の数字が『左揃え』の場合は、『文字列』

つまり、次のようにセルの中の数字が、どちらに寄っているかということです。

セル内の揃えで数字か文字列を判別する

『文字列』となっている場合は、そのセルの『表示形式』を『標準』の状態に設定して、改めて『数字』を再入力すると、『自動計算』されるようになります。

3. 式が機能しなくなっている

『手動計算』になっていない。

数字も『文字列』にもなっていない。

それなのに自動で計算されない。

この場合ははっきりした原因はわかりませんが、式そのものが正常に機能しなくなっている可能性が高いです。

こういう場合は最後の手段として、ショートカットキー『CTRL』+『ALT』+『F9』を押してみましょう。

マイクロソフトの公式サイトでは、『CTRL』+『ALT』+『F9』は以下のように解説されています。

開いているすべてのブックのツリーの再構築と計算の強制

なんか、難しいことが書かれていますが、要は『式を作り直して再計算させる』ということです。

『CTRL』+『ALT』+『F9』を押す場合は、念の為事前にエクセルをバックアップした方がいいかもしれません^^

まとめ

まとめ

  • いつの間にか『自動計算』されなくなる原因は、『手動計算』にかわっていることがほとんど。
  • なぜ勝手に『手動計算』に変わってしまうのか、その原因を理解すること混乱をさけることができる。

『自動計算されていたのに、いつのまにか計算されなくなった!』

何度も書いていますが、ほとんどは『手動計算』に切り替わってしまったことが原因なので、計算されない現象が発生しても、慌てず騒がず『自動計算』の設定に戻しておきましょう。

『いつの間にか手動計算になってしまう』エクセルの仕様を理解しておくと、安心して対応することができますよ^^

タイトルとURLをコピーしました