新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル】行・列の番号はあるのにシートが消えた!

【エクセル】行・列の番号はあるのにシートが消えた! トラブル対応

エクセルを使っていると、突然『シートが消えた』ということがたまにあります。

例えば、行や列の番号、シートの見出し(タブ)は表示されているのに、肝心のシートの中身(セル)が表示されていないという現象。

これは、『誤って行や列を一括で非表示にする操作』をしたのが原因です。

この記事の内容

  • 列番号が消えている(行番号がある)時の、シート再表示(復元)方法。
  • 行番号が消えている(列番号がある)時の、シート再表示(復元)方法。

この記事では、行、列を再表示させて、シートを元通りに表示させる方法を紹介しますので、シートを復元できなくて困っている人は、ぜひ参考にしてください!

 

列番号が消えているシートを復元(再表示)させる

今から紹介する方法は、エクセルが次のような状態になっていることが前提です。

列番号が消えていて、シートの中のセルも消えている。

列番号とシートの中(セル)が消えている状態

 

この場合は、列を再表示させる操作でシートを再表示(復活)させることができます。

リボンの『ホーム』タブをクリック(①)→『書式』をクリック(②)→『非表示/再表示』をクリック(③)→『列の再表示』をクリック。

行、列番号が消えている時の、行、列再表示手順

※行番号が消えている場合は、『行の再表示』をクリックします。

これで、列番号が表示され、シートの中(セル)もすべて復活されます。

 

実は、列を再表示させるショートカットキー(『CTRL』+『SHITF』+『0』)というのはありますが、Windowsの設定変更がされていないと使えません。(押しても再表示されない)

もし、列を再表示させるショートカットキーを使えるようにしたい場合は、次の記事を参考にしてください。

行番号が消えているシートを復元(再表示)させる

続いてのシート復活方法は、エクセルが次のような状態になっていることが前提です。

行番号が消えていて、シートの中のセルも消えている。

行番号とシートの中(セル)が消えている状態

 

この場合は、列を再表示させるショートカットキー『CTRL』+『SHIFT』+『9』(テンキー不可)を押せば、隠れていたシートが再表示されます。

ショートカットキーを使わないでマウスで復元するには、先で紹介したリボンの手順を参考にしてください。

 

もし、今回紹介している2つの方法でもシートを復元できない場合は、他の復元方法で復元させるしかありません。
他の復元方法については、次の記事に詳しく書いているので、こちらを参考にしてください。

シートが消えた場合の復活方法まとめ

まとめ

  • 列番号が消えている場合は、列を再表示させる。
  • 行番号が消えている場合は、行を再表示させる。
  • 行を再表示させる場合は、再表示のショートカットキーを使う。

今回は、行や列の番号が消えていてシートも消えている場合のシート復活方法を紹介しました。

このようなシートが消える現象は、おそらく『行や列をすべて非表示にする操作』を誤って実行したのが原因と思われます。

『CTRL』+『9』または『0』で、簡単に非表示にできてしまうので、たまにシートが消える現象を見るかもしれません。

その場合には、あわてず今回紹介した方法で、行、列を再表示させてシートを復元してみましょう!