エクセルで先頭のA列が消えた時の5つの対応方法

エクセルの先頭の列(A列)が非表示になっているのに、再表示させる方法がわからなくて困ってないですか?

非表示の先頭列(A列)や先頭行(1行目)を再表示させる場合は、通常の再表示の方法は使えません。

ちょっと手間がかかりますが、先頭列/行を表示できる方法はいくつかあります。

今回、非表示になっている先頭列や先頭行を再表示させる5つの方法を紹介します。

目次

非表示の先頭列(A列)が消えた場合の5つの対応方法

これから、非表示の先頭列(A列)や先頭行(1行目)が消えた場合に、表示させる方法(5つ)を紹介します。

マウスドラッグでA列を表示させる

では、マウスのドラッグで先頭列(A列)を再表示させる方法です。

※エクセル2010のバージョン以降で使える方法です。

次のように、先頭のA列が非表示になっているシートがあったとします。

A列が非表示のシート

非表示のA列とB列の間(B列の左)にマウスを置いて、以下の形に変わったことを確認します。

B列の左の隙間にマウスを置く

このマウスの形の状態で、右にドラッグすればA列を再表示することができます。

マウスドラッグによりA列が再表示された

こちらの方法も、同じように行に対して操作を行えば、先頭の非表示行を表示させることができます。

右クリックからA列を表示させる

続いては、マウスの右クリックから先頭列(A列)を表示させる方法です。

※エクセル2010のバージョン以降で使える方法です。

さきほどの方法と同じように、B列の左の隙間にマウスを置きます。

B列の左の隙間にマウスを置く

さきほどの方法と同じようにマウスの形が変わったところで、右クリックし、『再表示』を選択

右クリックメニューの再表示を選択

こちらの方法も、同じように行に対して操作を行えば、先頭の非表示行を表示させることができます。

B列ドラッグ&右クリックからA列を表示させる

続いては、B列をドラッグしてから、右クリックでA列を表示させる方法です。

※エクセル全バージョンで使える方法です。

この方法は動画の方がわかりやすいので、以下の動作で手順を確認してください。

先頭の非表示列のみ再表示させる方法

こちらの方法も、同じように行に対して操作を行えば、先頭の非表示行を表示させることができます。

全列ドラッグ&右クリックからA列を表示させる

続いては、全列をドラッグしてから、右クリックでA列を表示させる方法です。

※エクセル全バージョンで使える方法です。

これから紹介する方法は、先頭のA列も含めて非表示になっている全ての列を表示します。
A列以外も表示されることに注意してください。

『CTRL』+『A』を押すか、行、列が交差する左上の部分をクリックして、全列を選択してください。

行、列が交差する部分をクリックして全セルを選択

列はどこでもいいので、右クリックから『再表示』を選択すると、列全てが再表示されます。

列の再表示

すると、隠れていた先頭のA列と、非表示になっていたE列も再表示されました。

非表示になっていた全セルを再表示

こちらの方法も、同じように行に対して操作を行えば、先頭の非表示行を表示させることができます。

名前ボックでA列を表示させる

最後は、名前ボックスと呼ばれるパーツにA列の場所(アドレス)を入力して、右クリックから表示させる方法です。

※エクセル全バージョンで使える方法です。

まずは、名前ボックスに非表示になっているA列の場所『A1』を入力して『Enter』キーを押します。

名前ボックスに非表示セルの位置を入力

名前ボックスに入力すると、わかりづらいですが非表示のセルが選択された状態になります。

そして、リボンのタブ『ホーム』→『書式』→『非表示/再表示』→『列の再表示』と選択。

リボンから再表示

これで、先頭のA列が再表示できます。

先頭行を表示したい場合は、メニューで『行の再表示』を選択してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次