エクセルの列を再表示させるショートカットキーを使えるようにする

エクセルの列を再表示させるショートカットキーを使えるようにする Windows
スポンサーリンク

エクセルの列を非表示・再表示させるショートカットキーというのがあります。

 

非表示は『CTRL』+『0(ゼロ)』で、再表示が『CTRL』+『SHIFT』+『0(ゼロ)』になるんですが、実はWinodws Vista以降のOSでは再表示の『CTRL』+『SHIFT』+『0(ゼロ)』は使えません。

 

でも、『キーボードの変更』をすることで、再表示のショートカットキーが使えるようになります。

ここでは、Windows7、Windows8/10のそれぞれで、キーボードの変更をする方法を紹介します。

Windows7でキーボードの変更をする方法

まず、Windowsの『コントロールパネル』を表示。

 

Windowsキーを押して、表示されるメニューから『コントロールパネル』を選択すると『コントロールパネル』が表示されます。

 

『時計、言語、および地域』をクリック

 

『キーボードまたは入力方法の変更』をクリック

 

『キーボードの変更』をクリック

 

『詳細なキー設定』タブを選択し、『キーシーケンスの変更』をクリック

 

『割り当てなし』にチェックをして、『OK』ボタンを押すと終わりです。

最初から『割り当てなし』となっていても必ず『OK』を押してください。

これで、『CTRL』+『SHIFT』+『0』が有効になります。

Windows8/10でキーボードの変更をする方法

こちらも、Windowsの『コントロールパネル』を表示。

Windowsキーを押して、表示されるメニューから『コントロールパネル』を選択すると『コントロールパネル』が表示されます。

 

『時計、言語、および地域』をクリック

 

『詳細設定』をクリック

 

『言語バーのホットキーの変更』をクリック

 

『キーシーケンスの変更』をクリック

 

『割り当てなし』にチェックをつけて、『OK』をクリック

最初から『割り当てなし』となっていても必ず『OK』を押してください。

これで、『CTRL』+『SHIFT』+『0』が有効になります。

エクセルの列を再表示させるショートカットキーのまとめ

列の再表示のショートカットキーが使える方法を、Windows7、Windows8/10それぞれで紹介しました。

 

『キーボードの変更』で『割り当てなし』にすることで、再表示のショートカットキー『CTRL』+『SHIFT』+『0(ゼロ)』が使えるようになります。

 

ちなみに、キーボードを変えたり、日本語や英語以外の言語で入力をしない限り、『割り当てなし』を選択しても問題ありません。

もし、エクセルの列の再表示ショートカットキーを使いたい場合は、ここで紹介する方法でキーボードの変更をしてください。