【エクセル】セキュリティの警告を解除する方法!

【エクセル】セキュリティの警告を解除する方法! 警告

エクセルを使っていると、『警告』『エラー』が表示されることがよくあります。

その中でも比較的よく目にするのが、『セキュリティの警告 マクロが無効にされました』という警告。

エクセルを開いた時に表示されるセキュリティの警告

世の中には悪さをするマクロというのもあるので、エクセルが親切心で『マクロは危ないのでひとまず実行されないようにします』という意味で警告を表示させています。

今回は、この警告を表示させない方法を紹介しますので、警告を出したくない人はぜひ参考にしてください。

エクセルを開いた時の『セキュリティの警告』を解除する(消す)

今から、『セキュリティの警告』を表示させないにする設定を紹介します。

ただし、設定変更により無条件にマクロが実行される状態になるため、エクセルのマクロを無条件に有効にしてもよい場合にだけ、設定変更することをおすすめします。

職場でセキュリティーポリシーが厳しく定められている場合は、今回の設定変更を実施すると問題となることもあるため、管理者や関係者にあらかじめ確認してください。

では、『セキュリティの警告』を表示させない方法です。

リボンのタブ『ファイル』(①)をクリックし、『オプション』をクリック(②)

エクセルのファイル→オプション

リボンを使わない場合は、キーボードで『Alt』→『F』→『T』と押してもいいです。

 

次に左から『セキュリティー センター』を選択し、『セキュリティー センターの設定』をクリック。

セキュリティー センターの設定

 

そして、『マクロの設定』で一番下の『すべてのマクロを有効にする、、、、』にチェックをつけます。

エクセルを開いた時にセキュリティの警告の表示を解除する

『マクロの設定』のチェックは、下の方になるほどセキュリティが甘くなり、上の図にも書いているように、一番下にチェックをつけると全てのマクロが無条件に有効となります。

 

チェックをつけた後に『OK』を2回押して、最後にエクセルを終了させます。(保存するかどうかは聞かれません)

これで警告が表示されないようになったので、次からはエクセルを開いた時に警告は表示されません。

『セキュリティの警告』が出たり出なかったりするのはなぜ?

今回紹介した、設定変更をしていないエクセルを前提に解説します。

設定変更をしなくても、『セキュリティの警告』が表示された時に『コンテンツの有効化』のボタンを押せば、そのエクセルでは二度と警告が表示されません。

セキュリティの警告を解除する場合はコンテンツの有効化ボタンを押す

ですが、『コンテンツの有効化』のボタンを押したエクセルをコピーしたり、他のフォルダに移動させた場合は、そのエクセルを開くと再度警告が表示されます。

つまり、再度『セキュリティの警告』が出る場合というのは、コピーや移動させたエクセルを開いた場合となります。

当然ですが、他のPCに持っていったエクセルを開いても同様です。

コピーや移動しても『セキュリティの警告』を表示させたくない場合は、今回の方法で設定変更をしましょう。

まとめ

まとめ

  • マクロ付きのエクセルで警告が出ないようにするためには、オプションで設定変更する。
  • 設定変更すると、無条件にマクロが有効となるので、問題ないか十分に注意する。

冒頭でも書きましたが、エクセルのマクロは『エクセル上で動作する実行プログラム』なので、ウィルスと同様に悪さをするマクロというのも存在します。

なので、設定変更により無条件にマクロを有効にするのは、慎重になることが大事です。

職場で厳しいセキュリティーポリシーがある場合は、勝手にマクロを有効化するとポリシー違反になる可能性もあるため、事前にセキュリティ担当者に確認した方がいいでしょう。

設定変更の許可をもらった場合や、実績のあるマクロや自作マクロの場合に限って、今回紹介した設定変更で『セキュリティの警告』が表示されないようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました