エクセルの入力で隣の書式に勝手に変わってしまう!

エクセルの入力で隣の書式に勝手に変わってしまう! おせっかい機能

エクセルは多機能な表計算ソフトがゆえに、たまに『あれ?なんでこうなるの?』という動作をする場合がありますよね^^

そんな中でもよく見かけるのが、『数字を入力した途端に、直前の行や列の書式に勝手に変わってしまう』という動作があります。

↓こんな感じで、上の行や左の列の書式に勝手に変わってしまうというもの。

セルに入力した途端に直前の行や列の書式に勝手に変わってしまう

この動作はエクセルの仕様なので本当は『意味不明』でもなんでもないですが、でもエクセルを使いはじめたばかりの人は、なんでこうなるのかわからないと思います。

この記事の内容

  • 勝手に書式が変わらないようにするする方法
  • 書式が変わってしまう条件・仕様

今回は、勝手に書式が変わらないようにするための方法を紹介します。

また、書式が勝手に変わる仕様(条件)についても詳細に書いていきますので、この機会に『勝手に書式が変わる条件』を参考にしてください。

勝手に書式が変換される(色がつく)『リストオートフィル』を無効にする

直前の行や列の書式に勝手に変えてしまうのは、『リストオートフィル』という機能が有効になっているからです。

セルに入力した途端に直前の行や列の書式に勝手に変わってしまう

おそらく、『連続して同じ書式が続いている次のセルに入力する場合は、同じ書式にしてあげた方が便利だろう』とエクセルが気を利かせている機能だとは思うんですが、ちょっとおせっかいかな?^^

それはともかく、『リストオートフィル』を無効にすることで、勝手に色が付いたりするのを防ぐことができます。

 

さっそく、無効にする手順です。

『ファイル』タブ(①)をクリックし、続いて『オプション』をクリック。

エクセルのファイル→オプション

 

左から『詳細設定』を選択し、『編集設定』にある『データ範囲の形式および数式を拡張する』のチェックを外します。

リストオートフィルを無効にする

『データ範囲の形式および数式を拡張する』のチェックを外す(無効)と、以降開いたエクセルファイル全てでこの機能が無効となります。
現在開いているエクセルファイルにだけ適用されるわけではないことに注意してください。

 

これで、直後に数字を入力しても勝手に書式が変わらなくなります。

リストオートフィルを無効にしたら、勝手に書式が変わらなくなる

リストオートフィルの無効以外に、勝手に書式を変えないようにする方法

『リストオートフィル』を無効にする場合、エクセルファイル全体に無効な設定が適用されます。

実は、『リストオートフィル』を無効にしなくても、勝手に書式を変えないようする方法もあるので、その手順を紹介します。

 

数字を入力する前に、一旦『a』などのアルファベットを入力します。

※数字以外の文字であればなんでもいいです。

リストオートフィルを無効にしなくても、勝手に書式を変えないようにする

 

そして、そのまま数字を上書き入力します。

リストオートフィルを無効にしなくても、勝手に書式を変えないようにする

これで、数字を入力しても勝手に書式が変わることを防げます。

数字以外の文字を一旦入力するのがポイントで、そんなに大した操作でもないので『リストオートフィル』の設定を変更したくない場合は、こちらの方法がおすすめです。

直前のセルの書式・数式に勝手に変わる条件

書式を変更しない方法を紹介しましたが、『リストオートフィル』(直前の書式に変更)が動作する条件というのがあります。

結講謎な(?)仕様もあるので、『こういう使い方をすると書式が変わるんだ』という程度でいいので、参考にしてください。

数字を入力した時に勝手に書式が変わる条件

書式が勝手に変わる条件を簡単に書くと、次の通りです。

入力したセルの直前の行や左の、連続した5行(5列)の範囲に同じ書式が3つ以上ある場合。

言葉で説明するとわかりづらいので、画像で解説します。

下のエクセルを見ると、B列~E列に『123』が入力されているセルが3つずつありますよね。(背景が黄色で文字が赤のセル)

B列ではそのセルの直後の21行目に『111』と入力すると、『123』のセルの書式に勝手に変わりました。

勝手に書式が変わる条件(リストオートフィルの仕様)

これは、『直前前の5行の範囲に同じ書式のセルが3つある』条件を満たしているので、勝手にその書式に変換されるわけです。

同様に、C列、D列もこの条件を満たしているため書式が変換されます。

対して、E列は直前の5行には同じ書式は2つしかないので、勝手に書式が変換されることはありません。

こういう条件(仕様)を知らないと、C列、D列のように、離れた行に入力しているのに書式が変わる理由ってなかなかわからないですよね^^

書式が勝手に変わる理由が『?』なまま、エクセルを使っている人も結講多いんじゃないでしょうか。

他の書式は変わるのに、罫線が付く場合と付かない場合の条件

書式が直前のセルの書式で変わるのはいいとして、罫線が付いたり付かなったりすることがあります。

さきほどの画像では、罫線がコピーされていないのがわかるかと思います。

罫線がコピーされる条件は、次の通りです。

入力したセルの直前の行や左の、連続した5行(5列)の範囲全てに同じ罫線の指定がある場合

つまり、直前の5行全てが同じ罫線となっている時だけ、罫線もコピーされるという仕様です。

下の画像のB列、C列は、5行全てを満たしていないので罫線はコピーされません。

しかし、D列は5行全てに同じ罫線が指定されているので、『111』を入力したセルに直前の罫線がコピーされています。※ただし、上下の罫線はコピーされない。

直前の5行全てが同じ罫線となっている時だけ、罫線もコピーされる

でも、列の場合は5列じゃなくて同じ罫線が3列指定されていると、罫線がコピーされます。

なんで行と列でコピーの条件が違うのか、上下の罫線はなぜコピーされないのか、このあたりはエクセルの謎な仕様なんですけどね^^

時刻などのユーザー定義も勝手に変換される

ユーザー定義などの『表示形式』も書式に含まれるので、時刻として入力したセルの直後に数字を入力した場合も時刻に勝手に変換されてしまいます。

下の画像では、1:00、2:00、3:00と同じ時刻形式のユーザー定義のセルがD列に3つあった時に、その直後のD6に数字の『10』を入力していますが、10ではなく時刻に変換されています。

時刻などのユーザー定義も勝手に変換される

時刻が入力されているセルの直後に、数字を入力する場合も要注意ですね。

数式も勝手に変換される

ここまでは書式が変わる条件について書きましたが、実は数式も勝手に変わることがあります。

下のエクセルのように、値1~値3(C2~C4)までを合計するSUM関数がC6に入力されていたとします。

そして、値1から値3にそれぞれ1、2、3と入力していくと、合計が6となっています。

ここまでは問題ありません。

数式も勝手に変わってしまう

 

問題は合計の対象でない途中の値4に数字を入力した場合です。

下の画像では値4に4を入力した途端、SUM関数の範囲が勝手に値4まで広げられています。

数式も勝手に変わってしまう

これもエクセルの仕様といえば仕様なんですが、かなりおせっかいな仕様だと思います^^

途中の値を合計の対象から外すことはあまりないとは思いますが、それでも途中の値に入力した時にSUM関数の範囲が勝手に変更されると、なかなか気づきにくいですよ。

ともかく、数式があるセルの場合は『リストオートフィル』の機能は要注意です。

まとめ

まとめ

  • 直前の書式に勝手に変わってほしくない場合は、『リストオートフィル』を無効にする。
  • 数字以外を入力→数字を上書き入力することで、勝手に書式を変えないこともできる。
  • 数式も勝手に変換されることがあるので、要注意!

今回は、直前の書式で勝手に書式が変えられない方法を中心に紹介しました。

『リストオートフィル』はエクセルのおせっかい機能の1つではあるけれども、表などを作る場合には以外と使える機能かもしれません。

ただし、勝手に書式が変わることで書式をもとに戻す手間が増えたりすることもあるので、エクセルのオプションで『リストオートフィル』を無効に変更するのがいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました