新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル】変更しようとしているセルやグラフは保護されている

【エクセル】変更しようとしているセルまたはグラフは保護されているトラブル対応
スポンサーリンク

エクセルのセルに入力しょうとすると、いきなり次のような警告ダイアログが表示される場合があります。

セルに入力しようとすると保護されているという警告が表示される

『変更しようとしているセルまたはグラフは保護されているため、読み取り専用となっています。
保護されているセルまたはグラフを変更するには、[校閲]タブをクリックし、[変更]グループの[シート保護の解除]をクリックして保護を解除します。
パスワードの入力を要求されることもあります。』(うーーん、長い)

 

他には、こんなメッセージだったりします。

セルに入力しようとすると保護されているという警告が表示される

『変更しようとしているセルやグラフは保護されているシート上にあります。変更するには、シートの保護を解除してください。
パスワードの入力が必要な場合もあります。』

この警告は、ほとんどは他の人から入手した場合など、誰かが作ったエクセルを開くと発生することが多いです。

このエラーは、『シートに保護がかかっている(ロックされている)』が原因なので、保護を解除すればほとんどの場合は、警告が出ないようにすることができます。

今回紹介する警告解除の方法をぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

エクセルでセルの保護を解除する

今回、例として使っているエクセルは、黄色いセルだけに保護がかかっています。

セルに保護(ロック)がかかっていたシート

 

このセルの保護を解除するのは、そんなに難いことではなく、次の手順で簡単に解除できます。

リボンの『校閲』タブ(①)→『シート保護の解除』(②)を選択するだけです。

エクセルの保護(ロック)されていたシートを解除する方法

 

その他の手順として、マウスの右クリックを使う方法もあります。

保護を解除したいシートの見出しのところでマウスを右クリックし(①)、表示されるメニューから『シート保護の解除』を選択。

エクセルの保護(ロック)されていたシートを解除する方法

 

これだけで解除できますが、この時に次のようなパスワードを入力するダイアログが表示される場合があります。

シートの保護を解除するためにパスワードを入力する

これは、保護をかけた人が『勝手に保護を解除されないようにパスワードをかけている』ことを意味します。

なので、パスワードがわかっているのであれば、そのパスワードを入力することでシートの保護が解除されます。

セルの保護が解除できない場合はブックの共有を解除

実は、次のように『シート保護の解除』が選択できないことがあります。

【リボンの場合】

シート保護(ロック解除)ができない場合はブックの共有を解除

【マウス右クリックの場合】

シート保護(ロック解除)ができない場合はブックの共有を解除

この場合は、『ブックの共有』がされていることが原因なので、『ブックの共有を解除』→『シート保護の解除』の順番で操作します。

 

まずは、『ブックの共有』の解除から。

リボンの『校閲』タブ(①)→『ブックの共有』(②)を選択。

シート保護(ロック解除)ができない場合はブックの共有を解除

 

すると、『ブックの共有』ダイアログが表示されるので、『複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する』のチェックを外します。

シート保護(ロック解除)ができない場合はブックの共有を解除

 

最後に、『はい』を押せば、『ブックの共有』が解除されます。

シート保護(ロック解除)ができない場合はブックの共有を解除

この後は、先に紹介した『シートの保護を解除する方法』の通りに操作してください。

セルの保護を解除する方法のまとめ

まとめ

  • 『保護されています』の警告ダイアログが表示された場合は、『シートの保護』を解除する。
  • 『シートの保護の解除』が選択できない場合は、『ブックの共有』を解除してから『シートの保護』を解除する。

自分が作ったエクセルには普通は保護なんてかけないので、セルに入力しようとした時に『シートが保護されています』という警告はほとんど見ないと思います。

なので、この警告が表示された場合は何が原因なのかとっさに判断できないことがありますが、警告に表示されているように単純にシートに保護がかかっているだけなので、今回紹介した方法で、速やかにシートの保護を解除してください!