手動のWindowsUpdateでエクセルを令和対応にしてみた

WindowsUpdateでエクセルを令和対応にしてみた 元号

この記事は4/26に書いていますが、本日、WindowsUpdateを実行したところ、エクセルが令和対応となりました。

まさか、ゴールデンウィーク突入直前にパッチが公開されるとは思ってもいなかったので、あせっている人も多かったんじゃないでしょうか^^

ここでは、手動でWindowsUpdateを実行してエクセルを令和対応にする方法を紹介します。

特に急いでいない場合は、あえて手動でWindowsUpdateする必要はありません。(と言っても、5/1はもう目前ですけど)

2019/5/4 修正)
Windows10最新バージョン(1809)の令和対応以外の不具合対応を含む累積パッチ『KB4495667』が、5/4に公開されました。使っているWindows10のバージョンがわからない場合は、後述の『Windows10のバージョンを確認する方法』を参考にしてください。

パッチを適用して『令和』対応にしたのに、TEXT関数で『平成』の表示が『令和』にならない問題があるようです。

※令和パッチ適用前に保存していたエクセルでの現象

解決策などの詳細は次の記事を参考にしてください。

手動で令和対応パッチ(KB4493453)を適用してみる(Windows7編)

Windows7の場合のWindowsUpdate。

『Windows』キー+『E』のショートカットキーを押して、エクスプローラを表示させます。

エクスプローラーを表示させるショートカットキー

 

『コンピューター』(またはPC)を右クリック(①)し、表示されるメニューから『プロパティ』をクリック(②)

Windows7でWindowsUpdateの『設定画面』を開く

 

左下の『Windows Update』をクリック。

Windows7でWindowsUpdateの『設定画面』を開く

 

『更新プログラムの確認』をクリック。

Windows7にKB4493453を適用して令和対応にする

 

何個か更新できるプログラム(パッチ)が見つかるので、『オプションの更新プログラムが利用可能です』をクリック。

Windows7にKB4493453を適用して令和対応にする

 

下の画面のように、Windows7の令和対応パッチ『KB4493453』が表示されていたら、チェックをつけて『OK』をクリック。

Windows7にKB4493453を適用して令和対応にする

Windowsの状態が最新になっていないと、『KB4493453』は表示されません。

この場合は、前の画面に戻って『更新プログラムのインストール』をクリックします。

そして、再度『オプションの更新プログラムが利用可能です』とクリックしていき、『KB4493453』が表示されるか確認。

これを『KB4493453』が表示されるまで繰り返します。

※途中で『今すぐ再起動』のボタンが表示されたら、再起動します。

 

前の画面に戻るので、『更新プログラムのインストール』をクリック。

Windows7にKB4493453を適用して令和対応にする

 

インストールが終わると、下の画面になるので『今すぐ再起動』をクリック。

Windows7にKB4493453を適用して令和対応にする

PCを再起動すると、エクセルが令和対応になります。

エクセルがちゃんと令和対応になっているかは、『エクセルが令和対応になったかTEXT関数で確認する』を参考にしてください。

手動で令和対応パッチ(KB4493443)を適用してみる(Windows8.1編)

Windows8.1の場合はWindows7と同じ手順になるので、『手動で令和対応パッチ(KB4493453)を適用してみる(Windows7編)』の通りに進めばいいです。

なお、Windows8.1の令和対応パッチの番号は『KB4493443』になるので、番号の読み替えをしてください。

もし、令和対応パッチ『KB4493443』が表示されない場合は、最新状態になっていないので、最新状態になるまで、チェック→インストールを繰り返します。

エクセルがちゃんと令和対応になっているかは、『エクセルが令和対応になったかTEXT関数で確認する』を参考にしてください。

手動で令和対応パッチを適用してみる(Windows10編)

Windows10の場合は、バージョンによって適用するパッチが異なります。

まずは、使っているWindows10のバージョンを確認してみます。

Windows10のバージョンを確認する方法

『Windows』キー+『R』を押します。

レジストリエディタのショートカットキー

 

『ファイル名を指定して実行』ダイアログの名前に『cmd』を入力して『OK』(cmdはコマンドプロンプトを表示させるコマンド)

Windowsのバージョンを確認する

 

コマンドプロンプトの画面で、『winver』と入力して『Enter』キー。

Windowsのバージョンを確認する

 

すると、Windowsのバージョン情報画面が表示され、現在のバージョンが確認できます。

Windows10でWindowsUpdateを実行して令和対応にする

 

Windows10の令和対応パッチは、バージョンによって次のように異なります。

Windows10の令和対応パッチ番号

  • バージョン1809 → 『KB4495667』(5/4に公開されました)
  • バージョン1803 → 『KB4493437』
  • バージョン1709 → 『KB4493440』
  • バージョン1703 → 『KB4493436』
  • バージョン1607 → 『KB4493473』

バージョンがわかったところで、Windows10で令和対応のパッチを適用してみます。

 

スタートタボン(①)を押し、表示されるメニューから『設定』ボタン(②)を押します。

Windows10のUpdateをする方法

 

『更新とセキュリティ』をクリック。

Windows10のUpdateをする方法

 

『更新プログラムのチェック』を押します。

Windows10のUpdateをする方法

 

ここで、バージョンに対応した令和対応のパッチ番号が表示されてインストールが始まります。

パッチ番号については、上の方で書いている『Windows10の令和対応パッチ番号』を確認してださい。

下の画像はバージョン1809用のパッチ番号です。

Windows10(1809)に令和対応パッチKB4495667をインストールする

 

パッチのインストールが完了すると、『今すぐ再起動する』のボタンが表示されるので、クリックします。

Windows10(1809)に令和対応パッチKB4495667をインストールする

インストール後に再起動のボタンが表示されたら、PCを再起動すると令和対応が完了します。

エクセルがちゃんと令和対応になっているかは、『エクセルが令和対応になったかTEXT関数で確認する』を参考にしてください。

エクセルが令和対応になったかTEXT関数で確認する

エクセルが令和対応になったかどうかは、TEXT関数で和暦表示させてみるとわかります。

エクセルの適当なセルに次のTEXT関数を入力して、『令和』と表示されるか確認してください。

=TEXT("2019/05/01", "ggge年mm月dd日")

TEXT関数で新元号の令和に変換されるか確認する

エクセルが令和にならない場合の確認と対策

もし、『令和』と表示されない場合は、以下の2つのことが考えられます。

  1. 令和対応のパッチが正しくインストールされていない。
  2. Officeが更新されていない。

1番めの『令和対応のパッチが正しくインストールされていない。』については、次の記事を参考にしてパッチがインストールされているか確認してください。

 

2番めの『Officeが更新されていない。』については、令和対応のパッチは適用されていてもOfficeが最新でないのが原因のようです。

実際に、僕が使っているPC(Windows8.1)のOffice2013でこの現象が発生しましたが、Officeを更新することで、『令和対応』になることを確認しています。

Office更新の手順については、次を参考にしてださい。

エクセルが令和にならない場合はOffice2013(2016)を更新する

さきほども書きましたが、Windowsの令和対応パッチをインストールしたのにエクセルが『令和』にならないのは、Officeが更新されていないことが原因です。

Office2010の場合はWindowsUpdateを実行すると、Officeも自動的に更新されるので、『Officeを更新する』操作は特に必要ありません。

ただし、Offce2013以降はWindowsUpdateと連動していないようで、Officeが最新状態になっていない場合は更新する必要があります。(もしかして更新の設定があるのかも)

以降は、Office2013の更新手順です。※Office2016(Office365)も同じ。

 

新規にエクセルを開いて、『ファイル』メニューをクリック。

Office2013を更新して令和対応にする

 

『アカウント』(①)→『Office更新プログラム』の『更新オプション』(②)→『今すぐ更新』をクリック(③)

Office2013を更新して令和対応にする

 

『ダウンロードしています』が表示されるので、そのまま待ちます。

Office2013を更新して令和対応にする

 

エクセルを開いたままなので、『プログラムを閉じる』をクリック。

Office2013を更新して令和対応にする

 

更新が始まります。

Office2013を更新して令和対応にする

このダイアログが閉じると、Officeの更新は完了です。

これで、エクセルが令和対応になったはずなので、再度『エクセルが令和対応になったかTEXT関数で確認する』を参考にして、令和対応の確認をしてください。

『令和』対応なのにTEXT関数の『平成』が『令和』にならない問題

エクセルの令和対応が完了すると、エクセルで入力した日付(2019/5/1以降)はTEXT関数で『令和』が表示されます。

しかし、令和対応パッチを適用する前に、2019/5/1以降の日付が保存されていたエクセルの場合、パッチ適用後にそのエクセルを開いても、TEXT関数では『令和』とならず『平成』のままになる問題があります。(ユーザー定義はOK)

同じ問題が発生している場合は、次の記事の対策方法を参考にしてください。

『令和』対応になっているのに、TEXT関数で『平成』の表示が『令和』にならない問題があるようです。

※令和パッチ適用前に保存していたエクセルでの現象

対応方法などの詳細は次の記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました