エクセルのTEXT関数が令和で表示されない問題の対応

エクセルでTEXT関数の平成が令和に変わらない時の対応 元号

マイクロソフトの『令和』対応のパッチが4/26からようやく公開されて、WindowsUpdateによりエクセルの和暦も『令和』で表示されるようになりました。

でも、ここで問題が発生しています。

『令和』対応のパッチを適用する前に、TEXT関数で『平成』と表示(2019/5/1以降の日付)されていたエクセルを保存していると、『令和』対応のパッチ適用後も『平成』のままで『令和』にならないことがわかりました。
※令和パッチ適用前に保存していたエクセルでの現象

もしかして、僕の環境だけかもしれませんけど^^

(多分、他の人の環境でも発生すると思うんですけどね)

 

ちなみに、Windows7+エクセル2010の環境です。

いろいろ試して、ようやく『令和』で表示させる方法を見つけたので、ここで紹介します。

『平成』の表示が沢山ある場合でも、効率よく一発で変更できる方法もあわせて紹介。

なお、エクセルが令和対応になっていると思っていても、何らかの原因でなっていないこともあります。

次の記事の『エクセルが令和にならない場合の確認と対策』に確認方法が書いているので、参考にしてください。

TEXT関数が『令和』の表示にならない問題が発生

簡単にどんな現象になるのか、説明します。

下のエクセルは、まだ『令和』対応になっていない時の和暦表示です。

TEXT関数の平成を令和に変更する対策

ユーザー定義(書式設定)、TEXT関数のどちらも、『2019/5/1』が『令和』ではなく『平成』となっています。

これは、エクセルがまだ『令和』対応になっていないので、結果としては正しいですよね。

 

そして、WindowsUpdateで『令和』対応となった後に、さきほどのエクセルを開いた時の結果がこれ。

TEXT関数の平成を令和に変更する対策

見ればわかるように、ユーザー定義の方はきちんと『令和』で表示されましたが、TEXT関数は『平成』のままになっています。

これは、パッチ適用前に保存していたエクセルでのみ発生する現象で、新しくTEXT関数を入力した場合はきちんと『令和』と表示されるので、問題ありません。

TEXT関数の『平成』を『令和』で表示させる方法

じゃあ、どうやればTEXT関数の『平成』を『令和』で表示させられるのかなと思った時に、エクセルでありがちな、いつの間にか『計算が更新されない』という現象が頭に浮かびました。

TEXT関数が計算に関係するかどうかはわかりせん。

でも試してみてもいいかなと、『F9』や『SHIFT』+『F9』を押してみると。

再計算『F9』キー

TEXT関数の平成を令和に変更する対策

シート全体の再計算『SHIFT』+『F9』キー

TEXT関数の平成を令和に変更する対策

結果は、びくともしません^^

TEXT関数の表示は、相変わらず『平成』のままなんです。

TEXT関数の『平成』→『令和』への表示は『F2』→『Enter』で解決

再計算でも駄目となると、TEXT関数をもう一度強制的に実行させるしかないんじゃないかと思い、TEXT関数のセルで『F2』キーを押して編集モードにし、続けて『Enter』キーを押してみました。

この手順では、『F2』キーを押してすぐに『Enter』を押すことがポイント。

『F2』キーの後に余計な入力をしなければ、間違って修正することもないので、多少安全です。

TEXT関数が入力されているセルで『F2』キーを押します。

TEXT関数の平成を令和に変更する対策

 

続けて『Enter』キーを押すと、TEXT関数が実行されます。

TEXT関数の平成を令和に変更する対策

すると、『平成』から『令和』で表示されるようになりました。

ということで、TEXT関数で表示されていた2019/5/1以降の『平成』を『令和』で表示させる手順は、次の通りとなります。

  1. TEXT関数が入力されているセルで『F2』キー
  2. 続けて『Enter』キー

TEXT関数の『平成』の表示が大量にある場合の対応

『平成』から『令和』への表示はさきほどの手順でできるんですが、『平成』の表示が大量にある場合にはこの手順だとかなり大変です。

シート内に『平成』が沢山あって他のシートにもあるとなると、さきほどの手順だと時間がかかってしまうのが欠点。

いろいろ調べて、一気に『平成』を『令和』に変換させる方法を見つけたので、紹介したいと思います。

結論から書くと、『一括置換』を使います。

『TEXT』という文字を、同じ『TEXT』という文字で一括置換する。

 

この一括置換をブックに対して行うと、ブック内のTEXT関数で『平成』(2019/5/1以降)の表示になっていたものが、全て『令和』で表示されるようになります。

以下が、その手順です。

  1. 『CTRL』+『H』で『検索と置換』ダイアログを開く(①)
  2. 『検索する文字列』、『置換後の文字列』のどちらにも『TEXT』を入力(③)
  3. 『オプション』をクリック(②)
  4. 『検索場所』は『ブック』を選択(④)
  5. 『すべて置換』をクリック(⑤)
TEXT関数の平成を令和に変更する対策
これで無事、2019/5/1以降の『平成』が『令和』に変わります。
TEXT関数の平成を令和に変更する対策

ポイントは『TEXT』という文字を同じ『TEXT』で置換すること。

同じ文字の置換なので、余計な変更をせずに『TEXT関数』を実行させることができるわけです。

他の方法でTEXT関数が『令和』の表示にならないか試してみた

ここで紹介した方法以外に、その他の方法もいくつか試してみました。

エクセルファイルをコピーして、コピーした方のエクセルを開いてみる。
→ 結果、『平成』のまま。
『F12』で別名保存して、別名のエクセルを開いてみる。
→ 結果、『平成』のまま。
『シート』をコピーして、コピー先の『シート』を確認してみる。
→ 『令和』と表示
シートをコピーすることでTEXT関数が実行されるようです。

『シート』のコピーでも『令和』が表示されることがわかりましたが、やっぱり『一括置換』が一番簡単な方法です。

まとめ

まとめ

  • TEXT関数の『平成』→『令和』への表示は、『F2』+『Enter』。
  • TEXT関数の『平成』の表示が大量にある場合は、文字『TEXT』を一括置換する。

『令和』対応のパッチを適用する前に『平成』となっていた表示が、パッチ適用後に自動で『令和』にならないのは、多分エクセルの問題だと思われます。

元号が切り替わるというのはめったにないことなので、『まぁしょうがないか』となりそうですけど^^

いずれにしろ、WindowsUpdateでエクセルが『令和』対応になった後に、『平成』→『令和』への表示を確認することは非常に大事です。

もし、TEXT関数で2019/5/1以降の日付が『平成』のままだった場合は、ここで紹介している方法を試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました