【エクセル】マクロが実行できるボタンを作成する

【エクセル】マクロが実行できるボタンを作成する マクロ

エクセルで作業効率を劇的にアップできるのが『マクロ』です。

前回の記事では、エクセルを使い始めた人に向けてマクロを簡単に作れる方法を紹介しました。

前回は、作ったマクロをリボンやショートカットキーからそのまま実行する方法を紹介していますが、今回は更に一歩進んで、マクロ実行用の『ボタン』を作ってみます。

ボタン1つで簡単にマクロが実行できるようになるので、ぜひ参考にしてください。

マクロのボタンの作り方

マクロのボタン作成の前に、事前にリボンに『開発タブ』を表示させる必要があります。

※エクセルの標準の状態では『開発タブ』は表示されません。

すでに、エクセルのリボンに『開発タブ』が表示されている場合は、スキップして次の手順に進んでください。

ボタン作成用に開発タブを表示させる

以下は、『開発タブ』を表示させる手順です。

クィックアクセスツールバー(①)、リボンタブ(②)、リボン(③)のいずれかで、マウスの右ボタンをクリックします。

マクロのボタンをリボンに追加する

 

すると、次のメニューが表示されるので、『リボンのユーザー設定』をクリック。

リボンのユーザー設定を選択

マウスの右クリックを使わない場合は、リボンのタブ『ファイル』(①)→オプション(②)でもOK!

リボンのタブ『ファイル』(①)をクリックし、『オプション』をクリック(②)

エクセルのファイル→オプション

 

『リボンのユーザー設定』→右側の『リボンのユーザー設定』リストから『開発』にチェックして『OK』

エクエルのリボンに開発タブを表示させる

これで、リボンに新たに『開発』タブが追加されます。

ボタンを作ってマクロを登録する

ボタン作成の準備ができたので、ボタンを作ってマクロを登録してみます。

マクロが保存されているエクセル(*.xlsm)を開き、リボンの『開発』タブ(①)をクリックし、『挿入』(②)から左上にある『ボタン』(③)をクリック。

ボタンを作ってマクロを登録する

 

すると、マウスの形が十字(+)に変わるので、そのままドラッグして好みの大きさのボタンを作ります。

ボタンを作ってマクロを登録する

 

この時に、ドラッグをやめると次の『マクロの登録』ダイアログが自動で表示されます。

ここでは、ボタンをクリックした時に実行したいマクロを選択して『OK』を押します。

ボタンを作ってマクロを登録する

 

これで、マクロが実行できるボタンができました。

ボタンを作ってマクロを登録する

この時はボタンが選択されている状態ですが、ボタン以外の適当なセルをクリックするとボタンの選択状態が解除され、ボタンをクリックするだけでマクロが実行できるようになります。

実際に、ボタンを押してマクロが実行されるか確認してみましょう!

ボタンを作ってマクロを登録する

ひとまず、マクロのボタンを作ることはできました。

ただし、ボタンの名前が『ボタン 1』のままなので、次に進んで自分の好きな名前に変更してみましょう!

作成したマクロのボタンを編集する

ボタンの名前やデザインを編集するには、あらかじめ『ボタンの選択状態』にする必要があります。

ボタンの選択状態にする

ボタンを選択状態にする手順です。

手順は2通りあり、『CTRL』キーを押しながらボタンをクリックするか、マウスの右ボタンでボタンをクリックしてください。

すると、次のようにボタンに選択枠が表示されて『ボタンの選択状態』となります。

ボタンを選択状態にする

ボタンの名前を変更する

ボタンの選択状態にできたので、ボタンの名前を変更してみます。

ボタンの上でマウスの右ボタンをクリックすると、編集メニューが表示されるので、『テキストの編集』をクリック。

ボタンの名前を変更する

この時に、ボタン以外のところで右クリックするとボタンの選択状態が解除されるので、注意してください。

 

ボタンの名前を入力します。

ボタンの名前を変更する

名前入力後にボタン以外のところをクリックすると、名前の変更が完了します。

※ここでは例として、前回記録したマクロ名と同じ『書式変更』にしています。

ボタンのデザイン(フォント、色など)を変更する

作成したボタンは、名前以外にデザイン(文字の変更など)なども変更することができます。

こちらもボタンの選択状態にして、ボタンの上でマウスの右ボタンをクリックすると、編集メニューが表示されるので、『コントロールの書式設定』をクリック。

コントロールの書式設定からボタンのデザインを変更する

次のように『コントロールの書式設定』ダイアログが表示されるので、フォントやフォントの色などを好きなものに変更してください。

コントロールの書式設定からボタンのデザインを変更する

ただし、変更できるのは、フォントの変更や、フォントサイズ/スタイルの変更、文字の揃え(配置タブ)ぐらいなので、あまり凝ったデザインにすることはできません^^

ボタンを拡大/縮小/移動/削除する

出来上がったボタンを移動させたり拡大縮小したいこともよくあります。

といっても、事前に『ボタンの選択状態』にすればあとは簡単です。

事前に『ボタンを選択状態にする』を参考にして、ボタンの選択状態にしてください。

ボタンの拡大/縮小

ボタンの選択枠の角をつまんでドラッグすると、拡大/縮小が自由にできます。

ボタンを拡大/縮小する

 

また、選択枠の中間のマークをつまんでドラッグすると、水平方向か垂直方向の拡大/縮小ができます。

ボタンを拡大/縮小する

ボタンの移動

ボタンの移動は、そのままボタンをドラッグすれば自由に移動させることができます。

ボタンを移動する

ボタンの削除

ボタンの削除は、そのまま『DEL』キーでOK。

マクロのボタンを印刷できるようにする

ここで紹介した方法で作成したマクロのボタンは、そのままでは印刷されません。

マクロのボタンを印刷することはあまりないかもしれませんが、次の手順でボタンを印刷することができます。

『ボタンの選択状態』にして、ボタンの上でマウスの右ボタンをクリックすると、編集メニューが表示されるので、『コントロールの書式設定』をクリック。

コントロールの書式設定からボタンのデザインを変更する

 

『コントロールの書式設定』ダイアログで、『プロパティ』タブの『オブジェクトを印刷する』にチェック。

マクロのボタンを印刷する

これで、マクロのボタンも印刷されるようになります。

複数のボタンは全てのボタンに印刷設定をする

複数のボタンを印刷したい場合でも、それぞれのボタンに対して印刷設定をする必要があります。

『ボタンを選択する』→『印刷にチェックをつける』という操作を、ボタンの数だけ繰り返すのはかなり面倒なので、最初に全てのボタンを一括で選択しましょう。

一括選択の手順は、1つめのボタンを選択したら、『CTRL』+『A』を押すだけです。

次の記事には、オブジェクトの一括選択の方法が詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてください。

ただし、一括選択の方法は、同じシート内にボタン以外の図形やグラフ、画像などのオブジェクトがあった場合は、それらのオブジェクトも選択されてしまうので、注意してください。

その場合は、ボタンを『CTRL』キーを押しながら地道にクリック(選択)していきましょう。

シート内に配置するボタンの欠点

今回紹介したマクロのボタンは、ボタンを押すだけでマクロが実行されるのでかなり使いやすくなります。

しかし、シートの中にボタンを配置する方法のため、基本的には他のシートではボタンが使えません。(マクロの内容によります)

となると、どのシートでもボタンが使えるようにするためには、ボタンが配置されているシートを事前にコピーして使うことになります。

なので、今回紹介した方法でマクロのボタンを使う場合は、シートのコピーが必要であることに注意してください。

特定のシートだけで実行するマクロであれば、コピーも必要ないので問題ないですけどね^^

より使いやすいマクロにするために!(リボンにボタンを作成)

マクロのボタンはシートだけではなく、独自のリボンに追加することもできます。

既に書いているように、シート上のマクロのボタンはそのシートでしか使えないのが欠点なので、どのシートからでもマクロを実行したい場合は、次の記事を参考にしてください。

まとめ

まとめ

  • マクロの実行はボタンを作ると、ぐっと使いやすくなる。
  • ボタンは多少デザインの変更が可能。
  • 欠点は他のシートではボタンが使えないこと。

前回の記事に書いた『マクロの記録と使い方』よりは、今回はボタン一発でマクロを即実行できるので、かなり使いやすいです。

頻繁に繰り返す操作や多くの操作ががあればあるほど、マクロのボタンは作業効率をあげる強力なツールとなります。

『マクロを記録』→『ボタンを作る』という手順はそんなに難しいものではないので、手順をしっかり覚えて、面倒な操作はどんどんボタンにしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました