Excelの図形(オブジェクト)を一括で選択して削除する方法

Excelの図形(オブジェクト)を一括で選択して削除する方法 Excel使いこなし(基本編)

Excelで作った沢山の図形(オブジェクト)を全て削除しようとした場合、普通の操作ではCtrlキーとマウスクリックで地道に1つずつ図形を選択して、削除になるかと思います。

でも、図形が沢山あると1つずつポチポチと選択していくのは効率が悪く、選択から漏れる図形も出てくるかも。

だったら、シートそのものを削除すればいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、せっかくシートに入力した図形以外のいろんなデータも消えるので、やっぱり図形だけを削除したい。

こういう時に、サクッと全ての図形を選択する方法が便利です。

今回は、シート内の全ての図形(オブジェクト)を一括で選択する方法を3つ紹介します。

図形の一括選択には『CTRL』+『A』が一番簡単

まずは、最も簡単に一括で図形を選択できる方法。

図形の一括選択には『CTRL』+『A』が使えるのを最近知ったので紹介します。

 

まず、どれでもいいのでシート内の適当な図形をマウスクリックで選択。

全ての図形を簡単に一括選択

 

そして、『CTRL』+『A』を押すと、下の図のように全ての図形を一括で選択することができます。

全ての図形を簡単に一括選択

あとは、削除するだけです。

 

実は、マウスを『オブジェクトが選択できる』状態にしなくても、『CTRL』+『A』で図形が選択できるのを知った時は、目からウロコ状態でした^^

『CTRL』+『A』は、普通はシート内の全てのセルを選択したり、表内を選択するものですが、最初に図形を選択していることで、選択の対象がセルから図形に切り替わるようです。

 

最も簡単に図形を一括できるので、この方法を試してみてください。

手順はたった2つです。

  1. 適当な図形を1つ、マウスで選択
  2. 『CTRL』+『A』

Excelの図形(オブジェクト)を一括で選択して削除する方法

続いては、マウスをオブジェクトが選択できる状態にしてから、全ての図形を一括選択して削除する方法です。

全ての図形(オブジェクト)を一括選択して削除する手順

  • ①リボンのタブ『ホーム』をクリック
  • ②『編集』にある『検索と選択』をクリック
  • ③『オブジェクトの選択』をクリック
  • ④ここで、シート全選択(Ctrl+A)を押すと、全ての図形が選択される
  • ⑤そのまま削除(Delキー)

という手順になりますが、手順が長いのでやっぱり動画の方がわかりやすいですね。

 

Excelの図形(オブジェクト)を一括で選択して削除する方法

③の『オブジェクトの選択』をクリックすると、マウスが矢印に変わるのがポイントです。

図形(オブジェクト)を好きな範囲で選択できる方法もある

さきほど、マウスが矢印に変わるのがポイントだと説明しましたが、矢印の時にはマウスのドラッグで図形の選択が出来る状態になります。

 

それがよくわかるのが、次の動画です。(マウス操作だけで選択しています)

Excelの図形(オブジェクト)を好きな範囲で選択する方法

オブジェクトが選択できない状態(マウスが十字の形)の場合には、いちいち図形を選択してする方法しかありません。

でも、オブジェクトの選択ができる状態(マウスが矢印)では、マウスだけで図形を選択できるのでかなり便利ですよ。

まとめ

今回、図形を一括で選択できる方法を3つ紹介しましたが、最初の方法が一番簡単なのでこの方法をおすすめします。

その他の方法では、図形を一括で選択するために『オブジェクトの選択』ができる状態にする必要があります。

マウスの形が矢印になっている場合は、図形(オブジェクト)の選択ができる状態だと覚えましょう。

また、ここではExcelを例に図形の一括選択方法を紹介しました。

同じOffice製品のWordやPowerPointでも全く同じ操作で一括選択できるのかと思いましたが、Wordはこの方法は使えません。

Wordではちまちま1つずつ選択するしかないようです。

逆に、PowerPointは最初から『オブジェクトの選択』状態になっているので、Excelより一手間省けて全ての図形を簡単に削除できます。

でも、この場合はテキストボックスまで軒並み削除されるので、結局図形を選択する手間があります。

このように、同じマイクロソフトのOffice製品でも操作が異なる場合があるので、もし他のOffice製品を使う場合は注意してください。

特にExcelとWordは別会社が作ったのかと思うぐらい、操作性は異なるからややこしい^^

タイトルとURLをコピーしました