エクセルの表を一発で選択できる2つのショートカットキー

エクセルの表を一括選択できる2つのショートカットキー MiniTips

エクセルでよく作られる表ですが、表全体を選択したい場合が割と出てきます。

同じ表示をコピーしたいとか、表全体の罫線の色を変えるとかですね。

こんなに時に便利なのが、表全体を選択できるショートカットキー。

今回は、表全体を一括で選択できる2つのショートカットキーを紹介したいと思います。

表全体を一発で選択できる『CTRL』+『A』

表全体を選択できる最初のショートカットキーは、『CTRL』+『A』

ショートカットキー『CTRL』+『A』

このショートカットキーを、シート内の全セルを選択するものだと思っている人が大半だと思いますが、実は表全体の選択もできるんです。

手順は、表の中のどのセルでもいいのでクリックして、『CTRL』+『A』を押すだけ。

表全体を一括で選択できるショートカットキー『CTRL』+『A』

 

すると、このように表全体が選択されます。

表全体を一括で選択できるショートカットキー『CTRL』+『A』

表全体を一発で選択できる『CTRL』+『SHIFT』+『:』

続いては、『CTRL』+『SHIFT』+『:』(コロン)

ショートカットキー『CTRL』+『SHIFT』+『:』

テンキーを使う場合は、『CTRL』+『*』

ショートカットキー『CTRL』+『SHIFT』+『:』

こちらも『CTRL』+『A』と全く同じように表全体を選択できます。

手順は、表内の適当なセルをクリックしてから、『CTRL』+『SHIFT』+『:』(または、『CTRL』+テンキーの『*』)

こちらも、表全体が選択されます。

表全体を一括で選択できるショートカットキー『CTRL』+『SHIFT+』+『:』

『CTRL』+『SHIFT』+『:』は表の左上にカーソルを移動させる

『CTRL』+『SHIFT』+『:』が『CTRL』+『A』と1つだけ違うのは、このショートカットキーを押した時にカーソルが表の左上の位置に移動すること。

普通は表の左上にカーソルを移動させようとすると、『CTRL』+『←』を押して『CTRL』+『↑』のように、カーソルを移動させるショートカットキーを2回押す必要があります。

でも、『CTRL』+『SHIFT』+『:』の場合は一回押すだけで済むんですよね。

だから、表を選択させるショートカットキーとして使うよりも、表の左上にカーソルを移動させるショートカットキーとして使う方が便利かもしれません。

ただ、あまり使う場面がないかもしれませんが^^

ポイント

ポイント

  • 表全体を一発で選択するショートカットキーは、次の2つ。
  • 『CTRL』+『A』または、『CTRL』+『SHIFT』+『:』(コロン)
  • 『CTRL』+『SHIFT』+『:』は選択と同時に、カーソルを表の左上に移動させる

表全体を選択する場合は、複数セルを選択するショートカットキーの『CTRL』+『SHIFT』+『←』/『↑』/『→』/『↓』を屈指すれば、そんなに手間でもないかもしれません。

それでも一発で選択できるショートカットキーというのはやっぱり便利です。

特に、『CTRL』+『A』は普段でもよく使うショートカットキーなので、表全体を選択する場合も積極的に使ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました