新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

エクセルで自作のアドインを作成する!

エクセルで自作のアドインを作成する! マクロ

エクセルで頻繁に使うような操作をマクロにすると、かなり作業効率がアップして便利です。

でも、マクロ付きエクセル(*.xlsm)のままにしていると、新規にエクセルを開いた時や、既に作成済みのエクセルを開いた時に、そのマクロを使えないという欠点があります。

そこで、作ったマクロをどのエクセルファイルでも使えるようにできる、『アドイン』を作成する方法を紹介します。

エクセルの自作マクロからアドインを作成する

まず、マクロ付きエクセルファイル(*.xlsm)を用意し、起動します。

作ったマクロからアドインを作成する

 

マクロ付きのエクセルが開いたら、『F12』キーを押します。

エクセルの自作マクロからアドインを作成する

 

すると、保存ダイアログが表示されるので、『ファイルの種類』のところをクリック。

エクセルの自作マクロからアドインを作成する

 

ここで、『Excelアドイン(*.xlam)』を選択します。

エクセルの自作マクロからアドインを作成する

 

ここで、『保存』を押すと、マクロ付きエクセルファイルがアドインファイルとして保存されます。

エクセルの自作マクロからアドインを作成する

ファイルの種類で『Excelアドイン(*.xlam)』を選ぶと、保存フォルダがアドインファイルの保存場所に自動で切り替わります。(赤枠部分参照)
この場所は、エクセルのオプションで設定されているフォルダとなり、規定では次のフォルダです。
『C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\AddIns』
※『ユーザー名』はWindowsにログインしているユーザー名

 

次に、アドインが使えるように有効な状態にします。

リボンのタブ『ファイル』(①)をクリックし、『オプション』をクリック(②)

エクセルのファイル→オプション

リボンを使わない場合は、キーボードで『Alt』→『F』→『T』と順番に押してもいいです。

 

オプションのダイアログが開かれるので、左側で『アドイン』を選択し、『管理』の『Excelアドイン』の右にある『設定』をクリック。

『xlamが見つからない』のエラーをアドインの無効化で解決する

 

アドインの一覧が表示されるので、さきほどアドインファイルとして保存したマクロの名前にチェックをつけて『OK』を押します。

エクセルの自作マクロからアドインを作成する

アドインとして登録したマクロがリボンから使えるようにする

ここまでで、マクロがアドインとして使える準備はできました。

次に、リボンにマクロのボタンを追加して、簡単にマクロが使えるようにします。

リボンにマクロのボタンを追加する方法は次の記事で詳しく書いているので、こちらを参考にしてください。

 

リボンにマクロのボタンを追加すると、どんなエクセルファイルでも追加したリボンが表示されるようになります。

エクセルの自作マクロからアドインを作成する

 

そして、追加したマクロのボタンを押すとマクロが実行されます。

エクセルの自作マクロからアドインを作成する

エクセルで自作のアドインを作成する方法のまとめ

タイトル

  • どのエクセルでもマクロを使えるようにするには、『アドイン』を作成する必要がある。
  • マクロ付きエクセルを保存する時に、アドインファイル形式(*.xlam)で保存すると、マクロがアドインとして使えるようになる。

マクロ付きのエクセルファイルを使うだけでもかなり便利なんですが、他のエクセルではそのマクロが使えないのが欠点です。

なので、新規や既存に関わらず、全てのエクセルファイルでマクロが使えるようになる『アドイン』を作成して、作業の効率化を図りましょう!