新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

Office2019のインストール方法をわかりやすく解説!

Office2019のインストール方法をわかりやすく解説! Office

マイクロソフトの、Office2010(エクセル2010)のサポート期限は2020/10/13となっています。

もう新しいバージョンのOfficeに切り替えましたか?

僕は自宅でOffice2010を使っていたので、この機会に『Office Personal 2019』を購入しました。

今回、自宅のPCにOffice2019をインストールしてみましたが、いろいろとつまづくところがあったので、インストール手順やポイントなどをまとめて詳しく解説していきます。

これから解説するインストール手順は、Office 2019のPersonalHome & Businessで共通となっています。

Office2019のインストール手順

まず、Office2019をインストールするための手順を簡単に説明します。

Office2019インストール手順

  • マイクロソフトのアカウントを作成。
  • アカウントとプロダクトキーをひもづける。
  • インストールを実行。
  • ライセンス認証をする。

Office2019では、インストール前にマイクロソフトのアカウントに対してプロダクトキーを入力(紐付ける)するという手順が必須となるので注意してください。

アカウント作成は全く難しくないので、これからその方法も解説します。

 

当然ですが、インストールではOffice2019を購入した時に付与されたプロダクトキーが必要となります。

『Office Personal 2019』の購入方法については、次の記事を参考にしてください。

 

また、既に古いOfficeがインストールされている場合は、アンインストールする必要があります。

アンインストールの詳しい手順は、次の記事に詳しく書いているので参考にしてださい。

Office2019をインストールする

では、Office2019をインストール手順を解説します。

マイクロソフトのアカウントを作成

まずは、Office2019のプロダクトキーの管理用にマイクロソフトのアカウントを作成します。

以下のマイクロソフトのサイトにアクセス。

 

『新しいアカウントを作成』をクリック。(既にアカウントを持っている人は『サインイン』をクリック)
Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

 

『作成』をクリック。

Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

 

持っているメールアドレスを入力し、『次へ』

Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

 

好きなパスワードを入力し、『次へ』

Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

ここで入力したパスワードが、マイクロソフトのアカウントにログインするためのパスワードになります。

 

姓、名を入力し、『次へ』

Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

 

『生年月日』を入力し、『次へ』

Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

 

この時点で、入力したメールアドレス宛に以下のメールが届いているはずです。

Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

 

メールに書いているセキュリティコード(赤枠部分)を次の画面で入力して、『次へ』をクリック。

Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

 

画像の文字を入力し、『次へ』

Office2019インストール用にマイクロソフトのアカウントを作成

アカウントとOffice2019のプロダクトキーを紐付ける

アカウントが作成できたので、Office2019を購入した時に付与されたプロダクトキーを入力して、このアカウントと紐付けを行います。

 

プロダクトキーはOffice2019を購入して入手する必要があります。

『Office Personal 2019』の購入方法については、次の記事を参考にしてください。

 

25文字のプロダクトキーを入力すると、正規のプロダクトキーかどうかのチェックが実行され、問題なければ『次へ』が押せる状態となります。

そのまま『次へ』をクリック。

マイクロソフトのアカウントとOffice2019のプロダクトキーを紐付ける

Office2019をインストールする

ここまでで、インストールの準備は完了したので、いよいよインストールを実行します。

一旦セットアップ用のプログラムをPCにダウンロードし、そのセットアップからインストールする流れとなります。

 

『次へ』をクリック。

Office2019をインストールする

『Microsoft 365 アプリを入手する』と書かれていますが、実際にはMicrosoft365のアプリではなく、Office2019のアプリをインストールします。

 

次の画面が表示された場合は、右上の『サービスとサブスクリプション』をクリック。

Office2019をインストールする

 

『インストールする』をクリック。

Office2019をインストールする

『プロダクトキーの表示』をクリックすると、使用されるプロダクトキーが表示されます。
ただし、ここで表示されるプロダクトキーはOffice2019の購入時に付与されたプロダクトキーではなく、マイクロソフトが付け替えたプロダクトキーになります。

 

『インストールする』をクリック。

Office2019をインストールする

 

『ファイルを保存』を押して、適当なフォルダに『セットアップ』を保存。

Office2019をインストールする

 

保存したセットアップをダブルクリックして起動。

Office2019をインストールする

 

インストールが始まるので、しばらく待ちます。

Office2019をインストールする

インストールが終わっても完了画面が表示されないことがありますが、しばらくたってこの画面が消えていたらインストールが完了したと判断してよいです。

Office2019のライセンス認証をする

インストールが完了したら、最後にライセンス認証をします。

エクセル、ワード(または、パワーポイント)どれでもいいですが、ここではエクセルを起動します。

 

『Windows』キー(スタートキー)を押して、メニューの中からエクセルのアイコンをクリック。

Windowsのスタートキー

Office2019のライセンス認証をする

 

すると、次の画面が表示されるので『続行』をクリック。

Office2019のライセンス認証をする

 

『次へ』をクリック。

Office2019のライセンス認証をする

 

『同意する』をクリック。

Office2019のライセンス認証をする

 

これで、無事にライセンス認証が終わりました。

 

この後もプライバシーに関する確認画面が表示されるので『次へ』を押していきます。

『次へ』をクリック。

Office2019のライセンス認証をする

エクセル、ワード、パワーポイントを最初に起動した時に、上の画面が表示されます。

 

『Officeに関するオプションのデータをMicrosoftに送信しますか?』には『いいえ』をチェックし、『確認』をクリック。

Office2019のライセンス認証をする

 

『完了』をクリック。

Office2019のライセンス認証をする

 

これで、Office2019のインストールは完了です。

 

念の為、ライセンス認証がほんとうにできているか確認してみましょう。

エクセル、ワード、パワーポイントのいずれかを起動し、『ファイル』タブ→『アカウント』をクリック。

Officeのプロダクトキーを確認する

マウスではなくアクセスキーを使う場合は、キーボードで『ALT』→『F』→『D』と順番に押していきます。

 

次のように、『ライセンス認証された製品』と表示されたら、きちんとライセンス認証されています。

Office2019のライセンス認証を確認する

Office2019のインストール方法まとめ

まとめ

  • Office2019の『Personal』、『Home & Business』のインストール手順は同じ。
  • インストール前にマイクロソフトのアカウントとプロダクトキーを紐付ける必要がある。
  • インストールはアカウントにログインした状態で実行する。

古いバージョンのOfficeでは、マイクロソフトのアカウントは特に必要なく、またインストーラをPC上で実行すれば簡単にインストールすることができました。

対して、現在のOfficeでは、マイクロソフトのアカウントでプロダクトキーを管理する仕様となっています。

アカウントを持っていない場合は事前にアカウントの作成が必要となるため、時間に余裕がある時にインストールすることをおすすめします。

 

もし、Officeのプロダクトキーがわからなくなった場合は、次の記事でプロダクトキーを確認することができます。