新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

マイクロソフトのOfficeをアンインストール(削除)する

マイクロソフトのOfficeをアンインストール(削除)する Office

マイクロソフトのOffice2010のサポート期限(2020/10/13)が迫っていますが、新しいOfficeに切り替えていますか?

僕も自宅ではずっとOffice2010(エクセル2010)を使っていましたが、さすがにサポートが切れそうなので、Office2019のPersonal版をついこの間購入しました。

Office2019を使うためには、Office2010のアンインストールが必要となるため、そのアンインストール手順をここに紹介したいと思います。

もし、『プログラムのアンインストール』からアンインストールできなくても、マイクロソフトの公式ツール『アンインストールサポート ツール』を使ったアンインストール方法も紹介するので、参考にしてください!

この記事ではOffice2010を例に手順を紹介していますが、Office2007、Office2013、Office2016、Office2019などの、他のバージョンでも共通なので参考にしてください!

『プログラムのアンインストール』の画面を表示させる

今回の、Officeのアンインストール手順は、Windows10を前提にしていますが、Windows7でも変わりはないので、Windows7を使っている方も参考にしてください。

まずは、『プログラムのアンインストール』の画面を表示させます。

マウスを使う場合は、以下の操作をします。

Windwsキー(スタートキー)をクリック(①)→『Windows システムツール』をクリック(②)→『コントロールパネル』をクリック(③)

『プログラムのアンインストール』の画面を表示させる手順

次の方法を使えば、簡単に『プログラムのアンインストール』画面を表示させることができます。

『Windows』キー+『R』を押します。

『ファイル名を指定して実行』ダイアログを表示させるショートカットキー

すると、『ファイル名を指定して実行』が表示されるので、『appwiz.cpl』を入力して『OK』をクリック。

『プログラムのアンインストール』の画面を表示させる手順

この方法を使った場合は、『Microsoft Officeをアンインストール(削除)』に進んでください。

 

『コントロールパネル』の画面が表示されるので、『プログラムのアンインストール』をクリック。

『プログラムのアンインストール』の画面

Microsoft Officeをアンインストール(削除)

ここまで進んだら、以下の『プログラムのアンインストール』の画面が表示されているはずです。

ここで、インストール済みのプログラムの中から、『Microsoft Office XXXXX バージョン』を選択し(①)、マウスの右クリックで『アンインストール』をクリック。

この画面で、『Microsoft』の頭文字『m』を入力すると、カーソルが『Microsoft』の名前始まるプログラムに移動するので、多少はOfficeを探すのが楽になります。

 

そして、『削除してもよろしいです?』というダイアログが出るので、『はい』を押すとアンインストールが始まります。

Office2010をアンインストールする

※Office2010のアンインストールは5分ほどで終わります。

 

アンインストールが終わったら、次のような画面が表示されます。

Office2010をアンインストールする

これで、Office2010のインストールは完了ですが、念の為PCを再起動することをおすすめします。

PCを再起動する

PCの再起動は、以下の手順です。

『Windows』キーをクリックし(①)、『電源』をクリック(②)→『再起動』をクリック(③)

Windowsを再起動する手順

これでPCが再起動されます。

PCが再起動されたら、Officeのアンインストールは完了です、お疲れさまでした!

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

Officeを削除する場合は、さきほどの『プログラムのアンインストール』以外にも、マイクロソフトの公式ツールである『アンインストールサポートツール』でもアンインストールすることができます。

なんらかの理由で『プログラムのアンインストール』では削除できなかった場合に、試してください。

ただし、ちょっと重いツールでインストールにそこそこ時間がかかります。

 

まず、マイクロソフトの以下のサイトにアクセスします。

 

ページ中ほどにある、『アンインストールサポートツール』のダウンロードボタンをクリック。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

『アンインストールサポートツール』(SetupProd_OffScrub.exe)を適当なフォルダにダウンロードしたら、そのままダブルクリック。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

ちょっと準備に時間がかかります。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

『インストール』をクリック。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

『同意する』をクリック。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

次の画面ではそのまま放置して、画面が閉じるまで待ちます。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

次の確認画面が自動で表示されるので、『はい』をクリック。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

『これは問題が影響しているコンピューターですか?』の『はい』にチェックをつけて、『次へ』をクリック。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

ここで、Officeにチェックをつけて『次へ』をクリック。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

もしエクセルなどのブックを開いていたら全て閉じて、以下のチェックをつけて、『次へ』をクリック。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

アインストールが始まるので、完了するまで待ちます。(約10分ぐらいかかります)

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

 

この画面が表示されたら、Officeのアンインストールは完了です。

『再起動』をクリックして、PCを再起動してください。

マイクロソフトの公式ツールでアンインストール

マイクロソフトの『アンインストールサポートツール』を使った、Officeのアンインストール方法は以上です。

 

引き続き、Office2019をインストールする場合は、次の記事が参考にしてOfficeをインストールしてください。

マイクロソフトのアカウント作成方法や、プロダクトキーの紐付け(入力)、Officeのインストールなどについて詳しく書いているので、参考になるかと思います。