新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

エクセルの行、列を一括で再表示させる

エクセルの行、列を一括で再表示させる方法表示/非表示
スポンサーリンク

エクセルで、行や列を一度非表示にした後に、再表示(非表示の解除)させる場合がよくありますよね。

マウスだと、非表示の行(列)を挟むようにドラッグして、そこから右クリックでさらに『再表示』メニューを選んでというように、『再表示』の操作は結構面倒です。

なので、大量にある非表示行(列)を再表示させるとなると、この操作を繰り返すことになるので、かなりストレスがたまってしまいます。

そんな時には、『隠れている行/列を一気に表示させる』方法が便利!

今回は、行や列の中にあるすべての非表示行(列)を一括で再表示できる方法を紹介します。

また、表の中だけ再表示させる方法についても解説するので、参考にしてください!

 

参考までに、「非表示シートの一括再表示」させる方法については、次の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

非表示の列を一括で再表示(非表示列の解除)

まずは、列の中にある『すべての非表示列を一括で再表示させる』方法です。

 

最初にシート全体を選択します。

手順は、ショートカットキー『CTRL』+『A』を押すか、行、列の交差部分(赤枠部分)をマウスでクリックします。

すべての非表示列、非表示行を一括で再表示させる

 

次に、列番号の部分(赤枠部分)であればどこでもいいので、マウスで右クリックします。

すべての非表示列を一括で再表示させる

 

すると、メニューが出るので、『再表示』をクリック。

すべての非表示列を一括で再表示させる

 

これで、下の画像のようにすべての非表示列が再表示されます。

すべての非表示列を一括で再表示させる

あらかじめ、列全体を選択しているので、これで列の中のすべての非表示列が再表示の対象となります。

非表示の行を一括で再表示(非表示行の解除)

次は、非表示行を一括で再表示させる方法です。

基本的に、さきほどの列の場合と操作は同じで、対象となるのが列から行に変わるだけです。

こちらも、最初にシート全体を選択します。

ショートカットキー『CTRL』+『A』か、行、列の交差部分(赤枠部分)をマウスで右クリック。

すべての非表示列、非表示行を一括で再表示させる

 

次に、行番号の部分(赤枠部分)でマウスを右クリックします。

すべての非表示行を一括で再表示させる

 

メニューが出るので、『再表示』をクリック。

すべての非表示行を一括で再表示させる

 

これで、すべての非表示行が再表示されます。

すべての非表示行を一括で再表示させる

こちらも、あらかじめ行全体を選択しておくことがポイントとなります。

表内の非表示行/列を一括で再表示させる

今までは、すべての非表示列、非表示行を一括で再表示させる方法でしたが、特定の部分だけで非表示行、列を再表示させたい場合もあるでしょう。

例えば、表の中だけで非表示列や非表示行を再表示させたい場合。

そんな時は、あらかじめ表の列、行を選択しておくと、余計なところは再表示されることがありません。

 

表の中の非表示列を再表示させたい場合は、マウスで表の列すべてを選択して、右クリックメニューから『再表示』を選択します。

表の中だけで非表示列を一括で再表示させる

 

非表示行も同様に、マウスで表の行すべてを選択して、右クリックメニューから『再表示』を選択します。

表の中だけで非表示行を一括で再表示させる

 

あらかじめ表の中だけを選択することで、『再表示』操作をしても表以外は『再表示』されないので便利です。

エクセルの行、列を一括で再表示させる方法のまとめ

まとめ

  • 隠れている行/列(非表示行/列)を一括で再表示させるには、事前に行全体または列全体を選択し、右クリックより『再表示』を選択する。
  • 表の中だけのように、特定の部分だけの一括再表示も可能。

非表示列、非表示行が多くなると、すべて再表示させるとなると、1つずつ再表示の操作を繰り返すことになるのでかなり面倒くさいです。

今回紹介した非表示列、非表示行を一括で再表示させる方法を使うことで、あっという間に再表示できます。

使ってみると、その便利さがわかると思うので、ぜひ試してください!