新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

エクセルで非表示・再表示ができるショートカット

エクセルで行・列を非表示・再表示できるショートカットキーも便利 Excel使いこなし(基本編)

エクセルで行や列を非表示にしたり、再表示させたりすることはよくありますが、マウスでやってますか?

非表示、再表示は意外と使うので、面倒なマウスよりキーボードのショートカットキーを使いましょう。

この記事の内容

  • 行を非表示、再表示させるショートカットキーの使い方
  • 列を非表示、再表示させるショートカットキーの使い方

今回は行・列を非表示・再表示できるショートカットキーを紹介します。

ただし、列の再表示ショートカットキーは、事前にキーボードの変更をしないと使えないので、その変更方法についてもあわせて解説します。

エクセルの行を非表示・再表示するショートカットキー

行を非表示・再表示するショートカットキー

  • 非表示 → 『CTRL』+『9』
  • 再表示 → 『CTRL』+『SHIFT』+『9』
  • ※テンキーの9は不可

使い方は、行を選択(1行でも複数行でも可)して『CTRL』+『9』を押すと、表示になります。

再表示させる場合は『CTRL』+『SHIFT』+『9』を押します。

今から実際の手順を解説しますが、せっかくなので行を選択できるショートカットキーも使ってみましょう。

 

非表示にしたい行のどのセルでもいいので、カーソルを置いて行選択のショートカットキー『SHIFT』+『スペース』を押します。

全角入力モードになっている場合は、そのままだとスペースが入力されるので、半角モードに切り替えてから、このショートカットキーを使ってください。

 

続いて、行を非表示にするショートカットキー『CTRL』+『9』を押します。

このように、行が非表示になります。

逆に、非表示を再表示させたい場合は、『CTRL』+『SHIFT』+『9』を押します。

エクセルの列を非表示・再表示するショートカットキー

列を非表示・再表示するショートカットキー

  • 非表示 → 『CTRL』 + 『0(ゼロ)』
  • 再表示 → 『CTRL』 + 『SHIFT』 + 『0(ゼロ)』
  • ※テンキーの0(ゼロ)は不可

列を選択(1行でも複数行でも可)して、『CTRL』+『0(ゼロ)』を押すと、列が非表示になります。

再表示は『CTRL』+『SHIFT』+『0(ゼロ)』を押します。

列の再表示のショートカットキーは、事前にキーボードを変更する

実は、OSがWindows Vista以降(エクセルは2007以降)になってから、『CTRL』+『SHIFT』+『0』を押しても有効にはなりません。

このショートカットキーを有効にするためには、Windowsの『キーボードの変更』をする必要があります。

 

キーボードの変更をする場合は、次の記事を参考にしてください。

 

では、『CTRL』+『SHIFT』+『0』が使える状態になってることを前提に、以降で手順を説明します。

非表示にしたい列をショートカットキー『CTRL』+『スペース』で選択します。

 

そのまま、列を非表示にするショートカットキー『CTRL』+『0』を押します。

このように、選択されていた列が非表示になります。

再表示したい場合は、『CTRL』+『SHIFT』+『0』を押してください。

エクセルで非表示・再表示ができるショートカットのまとめ

今回紹介したショートカットキーの注意点として、列の再表示のショートカットキーを使う場合は、事前にキーボードの変更が必要なことに注意してください。

行・列の非表示・再表示は、今回紹介したショートカットキーでサクっとできるので、ぜひ有効利用して欲しいです。

どこの行(列)を非表示にしたかわからなくなった場合は、『CTRL』+『A』でシートを全選択して、再表示のショートカットキーを使えば一発で再表示できる、なんていうちょっと乱暴な使い方もできますよ!