エクセルで行・列を非表示・再表示できるショートカットキーも便利

エクセルで行・列を非表示・再表示できるショートカットキーも便利 Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

エクセルを使っていると、一時的に行や列を非表示にしたくなることがあります。

そんなに頻繁に非表示にすることもないですが、それでもマウスを使うと『行(列)の選択』→『非表示(再表示)』とちょっとだけ操作が面倒くさい。

 

いろんなショートカットキーを覚えていくと、キーボードから手を離してマウス操作するものだんんだん面倒になってくるんですよね^^

 

ということで、今回は行・列を非表示・再表示できるショートカットキーを紹介します。

ただし、列の再表示ショートカットキーは、事前にキーボードの変更をしないと使えないので、その変更方法についてもあわせて解説します。

エクセルの行を非表示・再表示するショートカットキー

ショートカットキー

  • 非表示 → 『CTRL』+『9』
  • 再表示 → 『CTRL』+『SHIFT』+『9』
  • ※テンキーの9は不可

特に難しくありません。

非表示にしたい行を選択(1行でも複数行でも可)し、あとは『CTRL』+『9』を押すだけで、再表示は『CTRL』+『SHIFT』+『9』を押します。

 

実際の手順は次の通りですが、せっかくなので行選択はショートカットキーを使ってみましょう。

 

非表示にしたい行を選択(『SHIFT』+『スペース』)

※入力が全角モードになっている場合はスペースが入力されるので、半角モードに切り替えてから、このショートカットキーを使ってください。

 

行を非表示にする(『CTRL』+『9』)

 

そして、『CTRL』+『SHIFT』+『9』を押すと、非表示にしていた行が再表示されます。

エクセルの列を非表示・再表示するショートカットキー

ショートカットキー

  • 非表示 → 『CTRL』 + 『0(ゼロ)』
  • 再表示 → 『CTRL』 + 『SHIFT』 + 『0(ゼロ)』
  • ※テンキーの0(ゼロ)は不可

こちらも行と同じで、特に難しくありません。

非表示にしたい列を選択(1行でも複数行でも可)して、『CTRL』+『0(ゼロ)』を押し、再表示は『CTRL』+『SHIFT』+『0(ゼロ)』を押します。

列の再表示のショートカットキーを使う場合は、事前にキーボードの変更が必要

実は、OSがWindows Vista以降(エクセルは2007以降)になってから、『CTRL』+『SHIFT』+『0』を押しても有効にはなりません。

このショートカットキーを有効にするためには、Windowsの『キーボードの変更』をする必要があります。

 

Windowsのキーボードの変更をする(Windows7、Windows8/10)

エクセルの列を再表示させるショートカットキーを使えるようにする
エクセルの列を非表示・再表示させるショートカットキーというのがあります。 非表示は『CTRL』+『0(ゼロ)』で、再表示が『CTRL』+『SHIFT』+『0(ゼロ)』になるんですが、実はWinodws Vista以降のOSでは...

 

上の記事で、キーボードの変更をすませて、『CTRL』+『SHIFT』+『0』が使える状態になってることを前提に、以降で手順を解説。

非表示にしたい列を選択(『CTRL』+『スペース』)

 

 列を非表示にする(『CTRL』+『0』)

 

そして、『CTRL』+『SHIFT』+『0』を押すと、非表示にしていた列が再表示されます。

エクセルで行・列を非表示・再表示できるショートカットキーのまとめ

行・列を非表示・再表示できるショートカットキーを紹介しました。

列の再表示のショートカットキーを使う場合は、事前にキーボードの変更が必要なことに注意してください。

 

行・列の非表示・再表示も今回紹介したショートカットキーでサクっとできるので、ぜひ有効利用して欲しいです。

どこの行(列)を非表示にしたかわからなくなった場合は、『CTRL』+『A』でシートを全選択して、再表示のショートカットキーを使えば一発で再表示できる、なんていうちょっと乱暴な使い方もできます^^

 

今回紹介したショートカットキーはそんなに出番がないかもしれませんが、覚えておいて損はないですよ。