ショートカットキー

MiniTips

エクセルの表を一発で選択できる2つのショートカットキー

エクセルでよく作られる表ですが、表全体を選択したい場合が割と出てきます。 同じ表示をコピーしたいとか、表全体の罫線の色を変えるとかですね。 こんなに時に便利なのが、表全体を選択できるショートカットキー。 今回は、表全体を一...
2019.10.17
MiniTips

エクセルの別名保存ショートカットキーはF12が何気に使いやすい

僕は他の人からもらったエクセルを開いた時に、間違って更新するのを避けるために、『ひとまず別名で保存する』ということをよくやります。 他には印刷用としてやっぱり別名で保存したりとか。(印刷のことまで考えてレイアウトされていることが少ない...
2019.04.19
Excel使いこなし(基本編)

エクセルの複数行挿入ではショートカットキー連打が超簡単

エクセルで表を作っていると、途中に行や列を挿入しないといけない場合がよく出てきます。 1行だけだったら普通にマウス右クリックでやれば事足りますが、複数行だとそれを繰り返すのはなかなか手間がかかりますよね。 そこで、複数行...
2019.04.19
Excel使いこなし(ステップアップ編)

エクセルで複数セルを一瞬で選択できるショートカットキーまとめ

エクセルを使っていると、カーソルを動かしたり、セルを選択する操作は必ず発生します。 こういった操作は使用頻度も高いので、できるだけすばやく操作できるのが『作業効率をアップする』近道となります。 今回紹介するショートカットキーは、...
Excel使いこなし(基本編)

エクセルのカーソルを一瞬で移動させるショートカットキーまとめ

『エクセルで効率よく作業をするためには何が大事ですか?』と聞かれたら、間違いなく『ショートカットキーを使いこなすこと』と答えます。 他にも大事なことはいろいろありますが、ショートカットキーを知らないことには効率アップを図れない...
2018.10.29
Windows

エクセルの列を再表示させるショートカットキーを使えるようにする

エクセルの列を非表示・再表示させるショートカットキーというのがあります。 非表示は『CTRL』+『0(ゼロ)』で、再表示が『CTRL』+『SHIFT』+『0(ゼロ)』になるんですが、実はWinodws Vista以降のOSでは...
Excel使いこなし(基本編)

エクセルで行・列を非表示・再表示できるショートカットキーも便利

エクセルを使っていると、一時的に行や列を非表示にしたくなることがあります。 そんなに頻繁に非表示にすることもないですが、それでもマウスを使うと『行(列)の選択』→『非表示(再表示)』とちょっとだけ操作が面倒くさい。 いろ...
2018.11.12
Excel使いこなし(ステップアップ編)

連続データのセル選択ショートカットキーより更に便利なんです!

エクセルの表などでは連続で入力されているセルを一気に選択したい場合、『CTRL+SHIFT+←↑→↓』を使います。 しかし、このショートカットキーは一方向(縦や横)しか選択できません。 表の中に入力された全データを選択し...
2018.12.01
Excel使いこなし(基本編)

エクセルのSUM関数は入力不要のショートカットキーを使うべき

エクセルは表計算ソフトなので、『合計』を求めるなんていうことはしょっちゅうあることです。 合計を求めるためには定番のSUM関数を入力して、あとは合計の対象範囲を選択して終わり! という感じで、そんなに時間もかからなかったりします...
2019.08.17
Excel使いこなし(基本編)

エクセルの印刷(プレビュー)はショートカットキーを使うべき

エクセルでは作った資料の内容を印刷プレビューで事前に確認することは必須です。ここでは、印刷プレビュー画面に一発で切り替わるショートカットキーを紹介します。頻繁に使う印刷プレビューだからこそショートカットキーは必須です。
2019.03.18
タイトルとURLをコピーしました