新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル】別ブック(別ファイル)のデータを自動反映させる

【エクセル】別ブック(ファイル)のデータを自動反映入力
スポンサーリンク

エクセルは別のブック(別ファイル)にあるデータを自分のブックに反映させることができます。

手っ取り早いのは「=」(イコール)を入力して、別のブックのセルを指定してあげる方法です。

他には、「リンクの貼り付け」という貼付け形式を使えば、同様に別のブックからデータを自動反映することができます。

この記事の内容

  • 代入式「=」(イコール)を使って、別ブックのデータを自動反映させる
  • 「リンクの貼り付け」を使って、別ブックのデータを自動反映させる

今回は、上記2つの方法で「別のブック(別ファイル)からデータを自動反映する」方法を紹介します。

スポンサーリンク

代入式「=」(イコール)を使って別ブックのデータを自動反映

まずは、シンプルに代入式「=」(イコール)を入力する方法です。

ここでは、以下のように参照される側のブック(参照元)の「200」という値を参照する側(参照先)に反映させる場合を例として、手順を解説していきます。

【エクセル】別ブック(ファイル)のデータを自動反映

 

最初に、参照する側(参照先)のブックで、データを反映させたいセルをクリックし、「=」(イコール)を入力します。

【エクセル】別ブック(ファイル)のデータを自動反映

 

次に、参照される側(参照元)のデータがあるセルをクリック(①)して、Enterキー(②)を押します。

【エクセル】別ブック(ファイル)のデータを自動反映

 

これで、別ブックのデータの反映は終わりです。

反映された「参照する側のセル」をクリックして「数式バー」を確認すると、参照される側のセルを参照していることがわかります。

【エクセル】別ブック(ファイル)のデータを自動反映

「リンクの貼り付け」を使って、別ブックのデータを自動反映させる

続いての方法は、「リンクの貼り付け」という方法で別ブックのデータを反映させます。

この方法は「コピー」→「リンクの貼り付け」という手順になります。

 

最初に、参照される側(参照元)のセルをコピー。

【エクセル】別ブック(ファイル)のデータを自動反映

 

次に、参照する側のブックで以下の順番で操作します。

  1. 参照する側(参照先)のブックで、セルを右クリック(①)
  2. 「形式を選択して貼り付け」の右にある▶マークをクリック(②)
  3. 「リンクの貼り付け」(③)をクリックします。

【エクセル】別ブック(ファイル)のデータを自動反映

これで、別のブックのデータが反映されます。

この方法も、先で紹介した方法と同じように、「参照する側のセル」を確認すると、参照される側のセルを参照していることがわかります。

別ブック(別ファイル)のデータを自動反映させる方法のまとめ

ここでは、別ブックのデータを反映させる方法を2つ紹介しました。

どちらの方法もそんなに難しい操作ではないので、やりやすい方法で試してみてください。

代入式「=」(イコール)を使って反映させるのがポイントです。

今回は、別ブックのデータを自動反映する方法を紹介しましたが、同じブックで別シートのデータを反映させる方法は次の記事が参考になるかと思います。

別シートのデータを自動反映させる4つの方法

他にも、表やグラフをまるごと別シートに反映させる方法もあります。

【エクセル】表をまるごと別シートに反映させたい!

【エクセル】リンク図を使って表を別シートに反映させる

エクセルのグラフを別シートに反映させる