新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

エクセルだけで画面キャプチャできるのを知ってますか?

エクセルだけで画面キャプチャできるのを知ってますか? 貼り付ける

エクセルは計算ソフトなので、計算は得意なんですが、以外といろんな機能を持っています。

その中の1つが、キャプチャ(スクリーンショット)機能。

以外と知られていませんが、エクセルだけで他の画面のキャプチャをとって、エクセルの中にそのまま貼り付けることができます。

アプリの操作手順書や、いろんな画面をキャプチャしたい場合は、わざわざ『ペイント』などを使わず、さくっとエクセルにキャプチャ画像を貼り付けることができます。

今回は、『エクセルだけで画面キャプチャした画像を貼り付ける』方法を紹介します。

貼り付けた後に、切り取り(トリミング)する方法もあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてください!

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(ウィンドウ編)

さっそく、エクセルだけで画面キャプチャをする方法を紹介したいと思いますが、キャプチャの方法は2つあります。

『画面全体(ウィンドウ)をキャプチャ』する方法と、『画面の一部を切り取ってキャプチャ』する方法です。

 

まずは、『画面全体(ウィンドウ)をキャプチャする』方法から。

事前準備として、キャプチャしたい画面(アプリやブラウザなど)を表示させておきます。

エクセルの貼り付けたい位置(セル)をクリック(①)→リボンの『挿入』タブをクリック(②)→『スクリーンショット』をクリック(③)します。

すると、PCの画面に表示されていすべてのウィンドウがサムネイル形式(赤枠部分)で表示されるので、キャプチャしたいウィンドウをクリック(④)

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(ウィンドウ編)

 

すると、クリックしていたセルのところに、キャプチャされたウィンドウの画面(画像)が貼り付けられます。

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(ウィンドウ編)

たったこれだけの手順なので、簡単ですよね。

貼り付けたキャプチャ画像はトリミングなどができる

エクセルの貼り付けたキャプチャ画像は、実はトリミング(切り取り)することができます。

なので、とりあえずウィンドウをキャプチャして、その後に本当に欲しい部分をきちんとトリミングするという使い方でもかまいせん。

そして、エクセルのトリミング機能もそんなに難しくありません。

キャプチャした画像をクリックで選択した状態にし(①)、リボンの『書式』をクリック(②)→『トリミング』をクリック(③)→さらにメニューから『トリミング』をクリックします。

貼り付けたキャプチャ画像はトリミングなどができる

 

ちょっと幅のある黒いトリミング用の枠が表示されるので、その枠を使って小さくしたり移動したりできます。

貼り付けたキャプチャ画像はトリミングなどができる

エクセルでは、いろんな形にトリミングすることができます。

基本的なトリミングの方法から、好きな形にトリミングする方法については次の記事が参考になります。

 

また、エクセルにキャプチャ画像を沢山取り込んでいくと、エクセルのサイズ(容量)が大きくなることがあります。

そんな時は、画像を最適化してエクセルのサイズを圧縮しましょう!

詳細は次の記事を参考にしてください。

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(範囲指定編)

続いては、ウィンドウの中の一部を範囲指定してキャプチャする方法です。

さくっと、ウィンドウの一部だけをキャプチャしたい時に使えます。

範囲指定キャプチャの事前準備

範囲指定でキャプチャしたい場合は、そのウィンドウ(画面)はエクセルを除いて一番上に表示されていないと、キャプチャできません。(下図参照)

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(範囲指定編)

 

では、一番上に表示させる方法を紹介します。

まずは、ショートカットキーの『Windows』+『M』を押して、PCの画面に表示されているすべてのウィンドウをすべて見えなくします。

すべてのウィンドウ(画面)を最小化する(見えなくする)ショートカットキー

 

このようにすべてのウィンドウが見えなくなります(実際は最小化されてるだけで、タスクバーから復活することができます)

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(範囲指定編)

 

この状態で、『ALT』+『TAB』キーを押すと、見えなくしたウィンドウが一覧で表示されますが、この時に、『ALT』キーは離さずに押しっぱなしにしてください。

ウィンドウの表示を切り替えるショートカットキー

 

次に、『ALT』キーを押しっぱなしにしながら『TAB』キーを押すと、下の画像のようにキャプチャしたいウィンドウが白い枠で選択される(①)ので、ここで『ALT』キーも離します。

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(範囲指定編)

 

これで、キャプチャしたいウィンドウだけが表示されるはずです。

同様に、今度はエクスプローラも『ALT』+『TAB』キーを使って表示させます。

すると、一番上にエクスプローラ、その下にはキャプチャしたいウィンドウ(今回の例ではIE)が表示されるようになります。

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(範囲指定編)

 

以上で、範囲指定のキャプチャの準備ができました。

あとは、ウィンドウをキャプチャした時の手順と同じで、最後はウィンドウでなく『画面の領域』を選択します。

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(範囲指定編)

 

すると、エクセルが消えて、キャプチャしたいウィンドウが一番上に表示されます。

この時に、PCの画面全体が白くぼやけた状態になり、マウスが十字マウスとなるので、あとはキャプチャしたい範囲をマウスドラッグで囲めばOKです。

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(範囲指定編)

 

マウスドラッグで範囲指定した部分だけがキャプチャされ、このようにエクセルに貼り付けられます。

エクセルで画面キャプチャして貼り付ける(範囲指定編)

『範囲指定』でのキャプチャは、事前にキャプチャしたいウィンドウが一番上になるように調整する必要がありますが、ここで紹介したショートカットキーを使えば簡単に準備できます。

エクセルのキャプチャ(スクリーンショット)でできないこと

ここまで紹介したように、エクセルでも簡単にキャプチャできますが、いくつか制限があります。

全画面(デスクトップ)はキャプチャできない

まず、デスクトップ画面はキャプチャできません。

デスクトップ(画面全体)はキャプチャできない

やってみればわかりますが、キャプチャする時の画面にデスクトップは出てこないので、キャプチャできないようになっています。

デスクトップの場合は、『Print/Screen』キーを押せばキャプチャできるので、あとは『CTRL』+『V』でエクセルに貼り付ければOKです。

『設定画面』はキャプチャできない

デスクトップに加えて、スタートメニューから表示させる『設定画面』もキャプチャすることができません。

こちらも、『ALT』+『Print/Screen』キーでキャプチャは可能です。

設定画面はキャプチャできない

キャプチャできないウィンドウの方がすくないので、大体のウィンドウ(画面)はキャプチャできると思ってもいいでしょう。

エクセルだけでキャプチャする方法のまとめ

まとめ

  • キャプチャ用のソフトを使わなくても、エクセルだけでウィンドウ(画面)のキャプチャと貼り付けが簡単にできる。
  • キャプチャして貼り付けた画像は、エクセルのトリミング機能で切り取ることも可能。
  • 一部キャプチャできない画面があるので注意。

エクセルのキャプチャ機能(スクリーンショット)は2010のバージョンから搭載されていますが、意外とこの機能は知られていません。

ウィンドウをキャプチャするだけだったら、わざわざ専用のキャプチャソフトを使わずとも、エクセルだけで事足りるので、エクセルのキャプチャ機能は使わない手はないと思います。

また、取り込んだ後のキャプチャ画像も簡単なものだったらエクセルでそのままトリミングできるので、頻繁にキャプチャ操作をする人は、この機会に今回紹介した方法を使ってみてください!