【Windows】コマンドプロンプトを最短で起動できるショートカット

【Windows】コマンドプロンプトを最短で起動できるショートカット Windowsショートカット

Windowsでよく使われる標準のアプリ(ソフト)に、『コマンドプロンプト』というのがあります。

俗に『DOS窓』とも呼ばれるもので、Windowsのコマンドをバチバチ入力して、コマンドを実行することができます。

IT関連の仕事をしていると、この『コマンドプロンプト』はよく使うので、作業をするうえでは必須のアプリと言っても過言ではありません。

IT関連以外でもいろんな場面で使われるアプリなので、今回は『コマンドプロンプト』を最短で起動できるショートカットについて紹介したいと思います。

『コマンドプロンプト』を最短で起動するショートカット(手順)

実は、『コマンドプロンプト』を一発で起動できるショートカットキーというのはありません。

かなり古いWindowsの時代から存在する『コマンドプロンプト』なのに、それを一発で起動できるショートカットキーがいまだにないというのは、ちょっと信じられないんですけどね^^

それはともかく、最短で『コマンドプロンプト』を起動できる手順(ショートカット)をこれから紹介したいと思います。

ちなみに、このショートカットはWindows7、Window8.1、Windows10の全てで使えます。

『コマンドプロンプト』を起動するショートカット

このショートカットは、デスクトップ画面がスタートになります。

デスクトップ画面(Windows7)

Windows7のデスクトップ画面

このデスクトップ画面で、以下の順番に操作すると『コマンドプロンプト』が起動されます。

  1. 『Windows』キーを押す(①)
  2. 『cmd』を入力(②、③、④)
  3. 『Enter』キーを押す(⑤)

「コマンドプロンプト」を起動する最短のショートカット

 

『Windows』キーを押すと、次のような画面になるので、続けて『cmd』と入力し最後は『Enter』キーを押します。

この手順以外でよく知られているのが、『Windows』キー+『R』を押して一旦『ファイル名を指定して実行』ダイアログを表示させて、その中で『cmd』を入力する手順です。

さきほど紹介した手順とそんなにかわりませんが、『R』を押さない分だけわずかにこちらの方が一手間少なくて済みます。

管理者権限で『コマンドプロンプト』を起動したい場合

『コマンドプロンプト』は『管理者権限』で実行しないといけない場合がよくありますが、さきほどの手順では、『管理者権限』では実行されません。

『管理者権限』で『コマンドプロンプト』を起動する場合は、最後の『Enter』キーの操作の時に、『SHIFT』と『CTRL』も一緒に押します。

  1. 『Windows』キーを押す
  2. 『cmd』を入力
  3. 『SHIFT』+『CTRL』+『Ente』キーを押す

ちなみに、起動された『コマンドプロンプト』のタイトルバーを確認すると、『管理者権限』で実行された『コマンドプロンプト』か、そうでない『コマンドプロンプト』か、わかります。

「管理者権限」で起動された「コマンドプロンプト」とそうでない「コマンドプロンプト」

上の画像のように、『タイトルバー』に『管理者』と表示されている場合は、『管理者権限』で起動された『コマンドプロンプト』となるので、参考にしてください。

まとめ

まとめ

  • 『コマンドプロンプト』を起動する『最短』のショートカットは、『Windows』キー+『cmd』入力+『Enter』キー
  • 『管理者権限』で『コマンドプロンプト』を起動したい場合は、最後の『Enter』キーで『SHIFT』+『CTRL』も同時に押す。
  • 『コマンドプロンプト』のタイトルバーで『管理者権限』で起動されているかどうかが判別可能。

『コマンドプロンプト』は今後、『PowerShell』に取って代わられようとしていますが、これからもよく使われるアプリです。

PCのIPアドレスを調べたり、PCのマシン名(ホスト名)やログイン情報など、結構な情報が『コマンドプロンプト』で確認できるので、『コマンドプロンプト』を使う機会は意外と多いかもしれません。

もし、『コマンドプロンプト』を頻繁に使うようなことになった場合は、最短で起動できる今回の方法をぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました