エクセルで8%、10%の消費税、内税を求める計算式

エクセルで8%、10%の消費税、内税を求める計算式 計算する

もうすぐ消費税が10%に引き上げられます。

税率の変更に伴い、請求書、申告書、納付書などの消費税の計算が入力されているエクセルの修正が必要となります。

この記事の内容

  • 8%、10%の消費税を求める計算式
  • 8%、10%の内税(税込)を求める計算式
  • 8%の内税から10%の内税を求める方法
  • 一括置換で8%を10%に変更する方法

今回は消費税、内税(税込金額)の求め方を中心に解説しますが、8%の内税から10%の内税を求める計算式も紹介するので、すくない手間で8%→10%の消費税を計算する場合には参考になるかと思います。

8%、10%の消費税を求める計算式

まずは、下のエクセルを例に、消費税を求める計算式を解説します。

消費税8%の場合は、金額に0.08をかけると求まります。

=C5 * 0.08

8%、10%の消費税を求める計算式

同様に消費税10%は0.1をかけます。

=C9 * 0.1

8%、10%の時にそれぞれ『98.64』、『123.30』と端数が出ているので、内税(税込金額)を求めるときに、端数処理をする必要があります。

端数処理は次の内税の計算式を参考にしてください。

8%、10%の内税(税込)を求める計算式(切り捨て、切り上げ)

さきほどの計算式で消費税が求まったので、次に消費税込みの内税(税込)を計算します。

内税(税込)は『金額』+『消費税』で求まりますが、消費税に端数がある場合は端数処理する必要があります。

消費税は切り捨てるのが一般的のようですが、『切り捨て』の方法とあわせて参考までに『切り上げ』の方法も紹介します。

金額+消費税の合計から内税を求める

以下のように、ROUNDDOWN関数の第一引数に金額(C5)と消費税(E5)の足し算を指定して、第二引数に『0』を指定すると小数点第一位が切り捨てられます。

=ROUNDDOWN(C5 + E5, 0)

8%、10%の内税(税込)を求める計算式

『切り上げ』の場合も関数がROUNDUPに変わるだけで、引数の指定の方法はROUNDDOWNと全く同じです。

=ROUNDUP(C6 + E6, 0)

金額から直接内税を求める

今度は、金額から消費税込みの内税を一気に求める方法です。

消費税を別のセルで管理(入力)する必要がない場合は、こちらの方法の方がシンプルなのでおすすめです。

消費税8%の内税を求める場合は、以下の式を入力します。

『金額』に1.08(8%分を足す倍率)をかけるのがポイント。

=ROUNDDOWN(C5 * 1.08, 0)

金額から8%、10%の内税を求める

消費税10%の内税を求める場合は、1.08の部分が1.1(10%分を足す倍率)となります。

=ROUNDDOWN(C10 * 1.1, 0)
切り上げたい場合は、ROUDDOWN関数をROUNDUP関数に置き換えてください。

8%の内税から10%の内税を求める計算方法

最後に、すでに8%の内税が計算されている場合に、8%の内税から10%の内税を求める方法です。

では、以下の10%の内税を求める式を解説します。

8%の内税が入力されているセル(D5)を8%の倍率(1.08)で割って、一旦消費税なしの金額に戻します。※『(D5 / 1.08)』の部分。

そこから、今度は消費税10%の倍率(1.1)をかけることで、10%の内税を求めることができます。

=(D5 / 1.08) * 1.1

8%の内税から10%の内税を求める計算方法

ちょっとした算数ですが、内容が理解できるとそんなに難しいものではありません^^

消費税や内税(税込)の合計で誤差がでる場合

消費税や内税(税込)を合計する場合は、端数処理をしていないと合計の値に誤差が出てしまいます。

合計で差が出ないように、端数処理(切り捨て)について次の記事で詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください。

計算式8%を10%に修正する方法

すでに8%の計算式がエクセルに埋め込まれていて、8%→10%に変更する方法です。

要は、0.08(または内税の1.08)を1.0(同様に1.08)に『一括置換』することで、8%の計算を10%の計算に変更することができます。

8%を10%に上書き変更してもいい場合に、一括置換を使ってください。

一括置換する範囲には注意が必要

一括置換の場合に何も考えずに置換すると、消費税と関係なくたままた0.08(または内税の1.08)だった値も置換されるので、置換する場合には注意が必要です。

シート全体やブック全体で、一括置換しても問題ない場合は、次の方法で紹介している表を選択する操作は不要です。

 

消費税の計算式は表の中に埋め込まれていることが多いので、ここでは表の中だけを一括置換する方法を紹介します。

まずは、表の中のどこかをクリックし、ショートカットキー『CTRL』+『A』を押します。(①)

一括置換で消費税8%を10%に変更する

これで表全体が選択された状態となり、表の中だけが置換の対象となります。

次に、『CTRL』+『H』を押して置換ダイアログを表示させ、『検索する文字列』に『0.08(内税の場合は1.08)』、『置換後の文字列に0.1(内税の場合は1.1)』を入力し(②)、『すべて置換』を押します。(③)

一括置換で消費税8%を10%に変更する

 

これで、次のように表の中の消費税が8%から10%に変更されます。

一括置換で消費税8%を10%に変更する

消費税8%→10%への一括置換をまとめると、『置換前の値』と『置換後の値』は次のようになります。

置換前の値(消費税8%)置換後の値(消費税10%)備考
0.080.1消費税を求める率
1.081.1内税を求める率

まとめ

タイトル

  • 消費税、内税は掛け算や足し算の単純な計算式で求まる。
  • 消費税や内税は必ず端数処理(切り捨てや切り上げ)をする。

消費税は『切り捨て』が一般的のようです。

今回紹介したROUNDDOWN関数でも切り捨てることはできますが、消費税計算のように端数(小数点以下)を無条件に切り捨ててもいいような場合はINT関数を使う方法もあります。

こちらの方が使い方も簡単なので、切り捨て関数を沢山のセルに入力しないといけない場合は、INT関数を使うことも検討してください。

タイトルとURLをコピーしました