Excelで同じブックの中で複数シートを並べて表示(比較)する方法

スポンサーリンク

Excelを使っているとシートがどんどん増えていって、場合によっては同じブックのシートを左右(上下)に並べて比較したくなる時があります。

これをやりたいために、わざわざブックをコピーして、原本とコピーを並べれば実現できますが、ちょっと面倒で下手すればコピーの方を間違って修正する可能性も。

もっと簡単に同じブックのシートを並べる方法を今回は紹介します。

この方法も作業効率アップにつながるので、ぜひ覚えてください。

同じExcelのブックなのに、別々のブックのようにして表示させて並べる

さっそく、1つのブックの中で別々のブックとしてシートを並べて表示させる手順は次の通り。

1つのブックの中でシートを並べて表示させる手順

  • リボンのタブ『表示』から『新しいウィンドウを開く』をクリック
  • 同じく『表示」の『整列』をクリック

手順はこれだけなので、簡単です。

ただ、『ブックを新しく開くという』操作なので、ちょっと言葉だけではわかりにくいので、次の動画を参考にしてください。

Excelで同じブックの複数シートを並べて表示(比較)する方法

動画に注目すると、『新しいウィンドウを開く』をクリックした時点で、ブックの名前のxlsxのうしろに『:2』という番号がつきます。

これは今見えているブックは2枚めのブックであることを示しています。

ブックを並べてた時に、xlsx:2、xlsx:1というようなブック名になっていることから『新しいウィンドウを開く』という操作が、同じブックを2枚開く操作であることがわかります。

 

続いて、さらに、並べたシートを『並べて比較する』という方法です。

これは片方のシートをスクロールすると、もう片方のシートも同じようにスクロールするので、例えば、2つのシートの違いを目で確認したいという場合などに使えます。

この方法も動画で確認してください。

Excelで同じブックの複数シートを並べて比較する方法

同時にスクロールするので、比較するには非常に便利だと思います。

Excelで同じブックの複数シートを並べて表示(比較)する方法のまとめ

今回は、1つのブックの中で、複数のシートを並べたり、比較したりする方法を紹介しました。

僕もこの機能は結構使います。

ブックの中でシートをじゃんじゃんコピーしていくうちに、どうしても並べて比較したい場合が出るので、この機能はお世話になってます^^

ブックをコピーして比較するという方法もありますが、コピーの方を間違って修正しちゃったなんてこともないので、この機能を使うことをおすすめします。

使ってみると、便利な機能であることがわかると思いますよ。

 

コメント