エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法(関数、書式設定)

Excel使いこなし(基本編)
スポンサーリンク

エクセルでは日付を扱うことはかなり多いです。

 

日付を入力する場合に、『その日付にあった曜日が自動で表示されるようにして欲しい』という要求も普通にあります。

 

今回は、日付から曜日を自動で表示させるTEXT関数を使った方法を紹介します。

また、手軽に日付に曜日を結合できる『セルの書式設定』を使った方法もあわせて紹介するので、ぜひ読み進めてください。

エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法(TEXT関数)

まずは、TEXT関数を使って日付から曜日を自動で表示させる方法。

この方法を使うと、別のセルに曜日が表示されます。

エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法(TEXT関数)

前提条件として、あらかじめてセルに日付が入力されていること。

そして、日付とは別に曜日を表示させる専用のセルがあること。(上の画像参照)

今から紹介する方法は、日付と曜日のセルが別々であることが前提となっています。
日付と同じセルに曜日を表示させたい場合は、次に紹介している『セルの書式設定』の方法を参考にしてください。
では、TEXT関数を使った曜日の表示方法を説明します。

一番上の曜日のセルを選択して、以下のように入力すると曜日が表示されます。

エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法(TEXT関数)

最初の日付の曜日が表示されたので、あとはTEXT関数を入力したセルを他の日付の列にコピーすれば全ての曜日が表示されるようになります。

TEXT関数の詳しい説明

TEXT関数は、2つの項目(引数)を指定します。

最初の項目は処理の対象となるセルの位置。

二番目の項目はどのように表示させるかを表示形式として指定します。

TEXT関数の詳細な説明

エクセルの日付から曜日を表示させるTEXT関数の使い方(動画解説)

図だけの手順ではわかりづらい方は、こちらの動画を参考にしてください。

エクセルの日付から曜日を表示させるTEXT関数の使い方(動画解説)

エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法(書式設定)

次に、関数を使わず、おなじみの『セルの書式設定』から曜日を表示させる方法。

この方法を使うと、日付と同じセルに曜日が表示されます。

 

こちらの前提条件は、日付が入力されているセルがあればいいです。

日付と曜日を別々のセルにした場合は、最初に紹介したTEXT関数を使った方法を参考にしてください。

 

では、『セルの書式設定』による曜日の表示方法です。

日付のセルを全て選択

エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法(セルの書式設定)

 

マウスの右クリックより『セルの書式設定』を選択し、次のダイアログで『表示形式』→『ユーザー定義』を選択します。

次に、『yyyy/m/d』して、『種類』に『(aaa)』を追加で入力します。

エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法(セルの書式設定)

aaaは曜日の簡略表示になります。

曜日の表示形式については、先に書いたTEXT関数の説明を確認してください。

エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法のまとめ

ここまで、日付から曜日を自動で表示させる方法を紹介しました。

日付から曜日を表示させる時のポイントは、次の通りになります。

1.日付と違うセルに曜日を表示させたい場合は『TEXT関数』を使う。
2.日付と同じセルに曜日を表示させたい場合は『セルの書式設定』を使う。

 

どちらもそんなに難しい方法ではないので、やりたいことにあわせて方法を選択してください。

 

エクセルの日付や曜日を扱う場合は、関数や書式設定の出番が多くなります。

また、日付や曜日の表示形式や表示方法にたいしていろんな要求があると思います。

 

日頃から日付、曜日を扱えるようになっていると、難易度の高い要求も答えられるようになると思いますよ。