エクセルの土日の色を自動で変更する2つの方法(条件付き書式)

エクセルの土日の色を自動で変更できる2つの方法(条件付き書式) Excel使いこなし(ステップアップ編)
スポンサーリンク

エクセルでカレンダーのようなものを作る場合、土曜日や日曜に日付に色をつけて目立つようにしたいですよね。

 

そんな時に役に立つのが『条件付き書式』

 

条件という名前がついている通り、セルの内容を指定した条件で判定して、一致していた場合にそのセルに対して『書式の設定』をすることができます。

つまり、条件に一致していたら文字の色やセルの色などを変更することができるわけです。

 

エクセルを上手に使いこなすために、今回紹介する『条件付き書式』の使い方をぜひ覚えてください。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

まずは、次のような日付と曜日のセルがあった場合に、日付のシリアル値で土日を判定して色を変更する方法。

エクセルの日付は『シリアル値』という特殊な数値で管理されています。

シリアル値がよくわからない方は、次の記事を読むと理解できるようになりますよ。

エクセルの日付はシリアル値!わかりづらい日付を詳しく解説します
エクセルは『表計算ソフト』なので、値の合計を求める、日付を入力する、日数を計算するといったことが基本的な操作になります。 そのエクセルを使っていて、最初に勘違いするのが『日付』 エクセルは『2018/9/22』な...

 

今から紹介する方法を試すと、このように土日の日付と曜日だけに色がつきます。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

 

では、土日のみ色を変更する方法に進みます。

前提条件としては、B列に日付、C列に曜日が入っているものとします。

日付から曜日を自動で入力(表示)させる方法は、次の記事を参考にしてください。

エクセルの日付をもとに曜日を自動で表示させる方法(関数、書式設定)
エクセルでは日付を扱うことはかなり多いです。 日付を入力する場合に、『その日付にあった曜日が自動で表示されるようにして欲しい』という要求も普通にあります。 今回は、日付から曜日を自動で表示させるTEXT関数を使っ...

全てのセルを選択

日付と曜日の全てのセルを選択します。(ここではB2からC10)

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

『条件付き書式』の新しいルールを選択する

リボンの『ホーム』タブから、『条件付き書式』→『新しいルール』を選択。

『ALT』→『H』→『L』→『N』とキーボードを押しても同じように選択できます。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

『条件付き書式』の新しいルールを作成する

『新しい書式ルール』のダイアログ(ウィンドウ)が表示されたら、『数式を使用して、書式設定するセルを決定』を選択します。

その時に、数式の入力欄には、判定の条件式である『=WEEKDAY($B2)=1』を入力。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

条件を判定する数式の詳しい説明

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

『=WEEKDAY($B2)=1』については、わかりづらいので詳しく説明します。

 

まず、最初のイコール(=)は、数式を示す記号なので、数式の場合はおまじないとして『=』を最初に必ず入力すると覚えてください^^

 

そして、WEEKDAY関数は日付が入っているセル(この例では$B2)を指定すると、その日付の曜日が数字で返ってきます。

つまり、WEEKDAY関数が返してきた値(曜日)と1(1は土曜日)が一致しているかという条件の式になります。

これで、指定したセルの日付が土曜日かどうかを判定できます。

 

注意点として、日付のセルの位置はB2ですが、WEEKDAY関数で指定するセルの位置はBの前に$をつけて、$B2としてください。

C列の曜日の色も同時に変更するには$をつける必要があるためです。(B列だけだったら$は不要)

土曜日の色(背景色)を指定する

前の『新しい書式ルール』で『書式』をクリックすると、次の『セルの書式設定』が表示されるので、ここでは土曜日だった場合に背景色が青になるようにします。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

作った『条件付き書式』の新しいルールを適用する

『セルの書式設定』から戻ると、次の画面のようにルールと、条件に一致していた場合の書式の内容が確認できるので、『OK』ボタンをクリックします。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

 

すると、次の画像のように、土曜日の日付と曜日の列の背景色が青くなります。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

条件付き書式のツールを追加して日曜日の色を変更する

今度は日曜日です。

土曜日と同じようにルールを追加して、色は日曜日の色にするだけです。

 

リボンの『ホーム』タブから、『条件付き書式』→『ルールの管理』を選択。

『ALT』→『H』→『L』→『R』とキーボードを押しても同じように選択できます。

既に土曜日のルールが作られているので、新しくルールを作るのではなく『ルールの管理』を選択します。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

日曜日の条件付き書式のルールを追加する

既に土曜日のルールを作っているので、『新規ルール』をクリックして日曜日のルールを追加していきます。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

土曜日と同様に、日曜日も数式(条件式)を入力する

土曜日の場合と同じ数式を使います。

ただし、今度は『日曜日かどうか』を判定するので、判定の条件になっている曜日を2(2は日曜日)に変更します。

『=WEEKDAY($B2)=2

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

日曜日の背景色を変更

前の画面で『書式』をクリックすると、『セルの書式設定』が表示されるので、日曜日の背景色を変更します。

ここでは、ベージュにしてみました。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

土曜日、日曜日の条件付き書式のルールができたので、適用する

全てのルールが作成できたので、『OK』ボタンをクリックします。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

 

2つのルールで、土曜日は背景色が青、日曜日は背景色がベージュに自動で変更されました。

日付のシリアル値から、土日を判定して色を変更する方法(条件付き書式)

 

手順はちょっと長いですが、『条件付き書式』をうまく利用すると、『ある条件に一致していた場合、セルの書式を変更する』ということが柔軟に設定できます。

 

エクセルでは条件ごとに文字の色を変えたり、背景色を変えたいということがしょっちゅうでてきます。

なので、『条件付き書式』を使いこなすと、さまざまな要求にも応えられるようになります。

日付の文字列の中の曜日を判定して、色を変更する方法(条件付き書式)

続いては、日付がシリアル値ではなく文字として日付が入力されているセルの中に、『土』『日』の文字があるか判定する方法。

こちらは、日付の文字列の中に『土』、『日』が含まれていることが前提条件。

条件付き書式を設定すると、このように色がつきます。

日付の文字列の中の曜日を判定して、色を変更する方法(条件付き書式)

全てのセルを選択

土日だったら色を変更したいセルを全て選択します。(ここではB3からB11)

日付の文字列の中の曜日を判定して、色を変更する方法(条件付き書式)

『条件付き書式』の新しいルールを作成する

最初に紹介したシリアル値で土日を判定する方法と同じく、『条件付き書式』の新しいルールを作成します。(手順はシリアル値の方を参考にしてください)

次に、『新しい書式ルール』のダイアログで、『指定の値を含むセルだけを書式設定』を選択します。

ルール欄では、『特定の文字列』→『次の値を含む』を選択し、最後に土曜日の『土』を入力。

そして、書式設定でセルの背景色を青に変更します。(手順は前述省略)

日付の文字列の中の曜日を判定して、色を変更する方法(条件付き書式)

作った『条件付き書式』の新しいルールを適用する

前の画面で『OK』ボタンをクリックしたら、次の画面のように土曜日の日付の背景色が青く変更されます。

日付の文字列の中の曜日を判定して、色を変更する方法(条件付き書式)

日曜日も同様に、『条件付き書式』のルールを追加

こちらも土曜日と同じようにルールを追加。

ただし、判定する文字は『日曜日』の『日』にしてください。

日付の文字列の中の曜日を判定して、色を変更する方法(条件付き書式)

土曜日、日曜日の条件付き書式のルールができたので、適用する

『OK』ボタンをクリックすると、次のように土曜日、日曜日それぞれの背景色が変更されます。

日付の文字列の中の曜日を判定して、色を変更する方法(条件付き書式)

日付の文字列の中に、『土』または、『日』が含まれているかという『条件付き書式』の場合は、シリアル値と比べて、かなり簡単です。

ただ、普通は日付はシリアル値になっているはずなので、こちらの方法はあまり利用頻度はないかもしれません。

しかし、『文字列の日付で判定して色を変更することも可能』ということで、あえてその方法を紹介しました^^

『条件付き書式』のルールがどのセルに設定されているのかを確認する方法

『条件付き書式』のルールを追加していると、後から『あれ?どこのセルにルールを作ったっけ?』と忘れてしまうことが結構あるんですよね。

これ本当によくあります。

 

そんな時に便利なのが、『ルールがどのセルにあるのかを検索する方法』

 

手順は、リボンの『ホーム』タブから、『検索と選択』→『条件付き書式』を選択。

または、『ALT』→『H』→『FD』→『C』とキーボードを押しても同じように選択できます。

条件付き書式のルールを検索する方法

 

この操作をすると、ルールが追加されているセルが選択された状態になるので、一目瞭然でわかりやすいです。

条件付き書式のルールを検索する方法

ルールを追加したセルがどこなのか確認したい場合は、使ってみてください。便利ですよ^^

『条件付き書式』のルールをクリア(削除)する方法

『条件付き書式』は慣れないうちはよく間違えます。本当に^^

 

なので、やり直したい場合が出てきた時に、いっそのこと『条件付き書式』のルールをクリア(削除)した方がいい時もあります。

そんな時は、『条件付き書式設定』の『ルールのクリア』で、すっぱりルールを削除してください。

 

リボンの『ホーム』タブから、『条件付き書式』→『ルールのクリア』→『選択したセルからルールをクリア』か、『シート全体からルールをクリア』を選択。

『ALT』→『H』→『L』→『C』→『S』または、『E』とキーボードを押しても同じように選択できます。

条件付き書式のルールをクリアする方法

特定のセルのルールだけをクリアしたい場合は、あらかじめそのセルを選択して、『選択したセルからルールをクリア』を選択します。

シート内の全てのルールをクリアしたい場合は、『シート全体からルールをクリア』を選択します。

 

間違ってクリアしても、CTRL+Zで元に戻せるので安心して使ってください^^

エクセルで土日の色を自動で変更できる2つの方法のまとめ

土曜日、日曜日の日付を自動で色をつける条件付き書式の方法を紹介しました。

 

『条件付き書式』がはじめての人は、『なんだか難しそう』と思うかもしれません。

 

でも、『セルの内容が指定した条件に一致した場合に書式が自動で設定される』ということを理解すればそんなに難しくありません。

ただ、条件の書き方に慣れるのにはちょっと時間がかかると思うんですけどね。

 

どちらにしろ、条件の書き方は実際に自分で入力してみて、まずは慣れて、そして理解することが大事です。

簡単な条件付き書式からはじめて、使い方に慣れることからはじめましょう。

 

エクセルの『条件付き書式』の使い方をマスターすると、レベルアップしたエクセルマスターになることは間違いないです^^