新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル】空白セルを詰める(空欄の削除)

エクセルで空白セルを一括で詰める方法削除
スポンサーリンク

エクセルで作業をしていると、表の中に値が入っていない空白のセルが出てきたりします。

その時に、空白セル(空欄)を上に詰めたい場合があります。

でも、表の中に大量に空白セルがあると、1つずつ削除する操作をやっていては手間がかかってしょうがありません。

そこで、『上か左の方向に詰める(削除)する』という条件になりますが、一括で空白セルを詰める方法(空欄の削除)を紹介します。

ショートカットキーが使えるので、あっという間に作業が完了して時短に繋がるかなり方法です。

ぜひ参考にしてください!

ちなみに、『空白を削除するのではなく「0」に置換』したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

表の中の空白を一括で上に詰める(空欄の削除)

さっそく、空白セルを一括で上に詰める(削除)する方法です。

例えば、下のような表があって、すべての空白行を詰めて上に詰めたいとします。

 

事前に詰める範囲を選択する必要があるため、表全体を選択します。

表のどこでもいいのでクリック。

 

そして、ショートカットキー『CTRL』+『A』を押すと、表だけを選択することができます。

『CTRL』+『A』は、通常はシート内の全セル選択で使われるショートカットキーですが、表の中だけを選択することもできます。
※表の中があまり歯抜けになっていないことが条件

 

さらに、『CTRL』+『G』のショートカットキーを押すと、『ジャンプ』ダイアログが表示されます。

そのまま、『ALT』+『S』を押すか、『セル選択』をクリック。

 

『選択オプション』のダイアログが表示されるので、『空白セル』を選択して『OK』。

 

すると、下の画像のように表内の空白セルだけが選択された状態になります。

ここから、空白セルを詰めていきます。

空白セルが選択された状態で、削除のショートカットキー『CTRL』+『-』を押します。

 

削除のダイアログが表示されるので、『上方向にシフト』を選択して、『OK』
※左に詰めたい場合は、『左方向にシフト』を選択。

 

すると、このように空白が削除されて、空白の下にあったセルが上に移動します。

あとは、消えてしまった罫線などを修正すれば完成ですね。

ここでの例は『下から上に詰める』方法を紹介しましたが、『右から左へ詰める』方法も『削除』のダイアログで、その方向を指定すれば、詰めることができます。

ちょっと手間はかかりますが、ショートカットキーがいくつか使えるのでそんなに時間はかからないはずです。

ショートカットキーを使わずに『ジャンプ』ダイアログを表示

上の方で、『CTRL』+『G』を使って『ジャンプ』ダイアログを表示させていますが、リボンを使って表示させる方法も紹介します。

 

リボンによる選択ダイアログの表示手順。
①表内でクリックし、『CTRL』+『A』
②リボタンの『ホーム』タブ
③『検索と選択』
④『ジャンプ』

 

時間短縮のためには、やっぱり手間がかかるマウスよりショートカットキーを使った方がいいでしょう。

ちなみに、『アクセスキー』では『ALT』→『H』→『FD』→『G』の順番で押すと、『ジャンプ』ダイアログを表示させることができます。

空白セルを詰める(空欄の削除)方法のまとめ

まとめ

  • 『ジャンプ』機能で空白セルを選択して削除すると、一括で上(左)に詰めることができる。
  • 表の選択は『CTRL』+『A』を使い、『ジャンプ』ダイアログは『CTRL』+『G』を使う。

大きい表なんかになると、あとから空白セルを1つずつ詰めたり、置換するのは大変な作業になります。

また、作業ミスの原因にもなるので、今回紹介した方法で『ミスなく効率よく』作業を進めましょう。

『ジャンプ』ダイアログを使って、表内の空白セルを一気に選択できるだけでも作業はかなり短縮できます。

ちなみに、『空白を削除するのではなく「0」に置換する方法』もあるので、0に置き換えたい場合は以下の記事を参考にしてください。