新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

Windows10アップグレードが46%で止まる時の回避策!

Windows10アップグレードが46%で止まる時の回避策! Windows10

Windows7からWindows10へアップグレードする時に、次の画面のように46%のままでずっと止まって、いつまでたっても先に進まない時があります。

Windows10アップグレードが46%で止まる

僕はこの画面で1時間ぐらい待って、無駄な時間を過ごしたことがありました^^

46%で止まるのは、WindowsUpdateの自動更新が『有効』になっていることが原因なんです。

そこで、『46%で止まる問題を回避する方法』を今回介したいと思います。

同じ問題で困っている人はぜひ参考にしてください!

46%から進まない原因はWindowsUpdateの自動更新

繰り返しますが、Windows10のアップグレード中に46%で止まるのは、WindowsUpdateの自動更新が『有効』になっていることが原因です。

なので、対策としてはWindowsUpdateの自動更新を『無効』にすればいいです。

Windowsの自動更新を無効にする

WindowsUpdateの自動更新を『無効』にする手順です。

まずは、『コントロールパネル』にある『システム』の画面を表示するので、ショートカットキーの『Windows』+『Pause/Break』を押してください。

コントロールパネルのシステムを表示するショートカットキー

『Pause/Break』キーがない場合は、次の操作からできます。

『Windows』+『E』のショートカットキーか、スタートメニューなどからエクスプローラを起動します。
エクスプローラーを表示させるショートカットキーエクスプローラで『コンピュータ』(PCなどとなっている場合もあり)をマウスで選択し(①)、右クリックメニューから『プロパティ』をクリック(②)エクスプローラからコントロールパネルのシステム画面を表示

 

『システム』画面が表示されるので、『Windows Update』をクリック。

Windows10アップグレードが46%で止まる時の回避策

 

さらに『設定の変更』をクリック。

Windows10アップグレードが46%で止まる時の回避策

 

WindowsUpdatteの設定変更画面が表示されるので、以下のように赤枠部分をすべて無効にします。

Windows10アップグレードが46%で止まる時の回避策

以上で、WindowsUpdateの自動更新を『無効』にすることができました。

この後、Windows10のアップグレードをやり直してください。

Windowsの自動更新を無効にしてもまだ46%で止まる場合は

WindowsUpdateの自動更新を『無効』にしても、まだ46%で止まる場合は一旦PCを再起動してください。

おそらく再起動すれば、46%で止まることはないはずです。

Windows10アップグレードが46%で止まる時の回避策まとめ

まとめ

  • 46%で止まる現象を回避するには、WindowsUpdateの自動更新を『無効』にする。
  • WindowsUpdateを『無効』にしても46%で止まる場合は、PCを再起動する。

Windows10へのアップグレードで必ずしも46%で止まる現象が発生するわけではありませんが、もしこの現象が発生した場合は今回紹介した方法で対応してみだくさい!