新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

WindowsでISOファイルをマウントするには?

WindowsでISOファイルをマウントする方法 ISO

パソコンを使っていると、時々ISOイメージファイルをマウント(中身を展開)しないといけないことがでてきますが、マウントの方法がわからなくて困ったことがないですか?

この記事の内容

  • Windows8/8.1/10で、ISOファイルをマウント/アンマウント
  • Windows7で、フリーソフトを使ってISOファイルをマウント/アンマウント

この記事ではWindowsのOS別にISOイメージファイルをマウントする方法を紹介します。

また、Windows7では標準機能ではISOイメージファイルはマウントできないので、ISOファイルのマウント/アンマウントが簡単にできるフリーソフトのインストールと使い方を解説します。

ぜひ参考にしてください!

Windows8/8.1/10でISOファイルをマウント/アンマウント

Windows8からは、Windowsの標準機能でISOファイルのマウント/アンマウントができるようになりました。

つまり、Windows7のようにマウント専用のソフトが必要ありません。

ダブルクリック)ISOイメージファイルをマウント

マウントの方法は3つありますが、まずは一番簡単な方法から。

ISOファイルを適当なフォルダに置いたら、ダブルクリック!

Windows8.1、10でISOイメージファイルをマウントする方法

たったこれだけで、ISOファイルがマウントされます。

すると、下の画像のようにWindowsが使われていないドライブにマウントしてくれます。

Windows8.1、10でISOイメージファイルをマウントする方法

もちろん、ISOファイルの中身も参照できるようになります。

右クリック)ISOイメージファイルをマウント

2番めに簡単なマウントの方法です。

ISOイメージファイルを選択し(①)、マウスの右クリックメニューから『マウント』を選択(②)

Windows8.1、10でISOイメージファイルをマウントする方法

リボン)ISOイメージファイルをマウント

最後は、リボンの『ディスクイメージツール』を使った方法。

ISOイメージファイルを選択し(①)、リボンの『ディスクイメージツール』を選択(②)→『マウント』を選択(③)

Windows8.1、10でISOイメージファイルをマウントする方法

Windows8.1のリボンは、以下のようになります。

Windows8.1のディスクイメージツールのリボン

 

以上のように、Windows標準の機能ではマウントの方法は3つありますが、やっぱり最初のダブルクリックが一番使い勝手がいいです。

右クリック)ISOイメージファイルをアンマウント

今度はマウントしたISOファイルをアンマウント(マウント解除)してみます。

アンマウントの方法は2つあり、まずは右クリックを使った方法。

ISOファイルがマウントされたドライブを選択し(①)、マウスの右クリックメニューから『取り出し』を選択。

Windows8.1、10でISOイメージファイルをアンマウントする方法

これで、マウントが解除(アンマウント)されます。

注意点として、アンマウント操作をするとドライブがなくなるので、ドライブを表示していたエクスプローラも同時に閉じるので注意してください。

リボン)ISOイメージファイルをアンマウント

アンマウントの2番めの方法です。

ISOファイルがマウントされたドライブを選択し(①)、リボンの『ドライブツール』を選択(②)→『取り出す』を選択(③)

Windows8.1、10でISOイメージファイルをアンマウントする方法

Windows7でISOイメージファイルをマウント/アンマウント

Windows7の場合は、ISOファイルをマウントする機能はありません。

つまり、Windows7の場合は、ISOファイルをマウントできる専用のソフトが必要となります。

ここでは、簡単にISOイメージファイルがマウントできる『WinCDEmu』というフリーソフトを使ったマウントとアンマウントの方法を紹介します。

ISOイメージファイルをダブルクリックするだけで、マウントできるのでぜひ参考にしてください。

ISOをマウントできるフリーソフト(WinCDEmu)をインストール

マウントの方法の前に、まずは『WinCDEmu』をパソコンにインストールします。

次のサイトで、『DOWNLOAD』ボタンを押して『WinCDEmu』のインストーラを適当なフォルダにダウンロードしてください。

 

ダウンロードした『WinCDEmu』のインストーラをダブルクリックして実行します。

ISOイメージファイルをマウントできるWinCDEmuをインストールする

 

『Install』をクリック。

ISOイメージファイルをマウントできるWinCDEmuをインストールする

 

『インストール』をクリック。

ISOイメージファイルをマウントできるWinCDEmuをインストールする

 

これで、『WinCDEmu』のインストールは終わりです。

ISOイメージファイルをマウントできるWinCDEmuをインストールする

ISOファイルをマウントするドライブを指定する

インストールが終わったら、ISOイメージファイルをどのドライブにマウントするかを指定します。

Windowsのスタートボタンを押して、『スタートメニュー』にある『WinCDEmu Setting』をクリック。

WinCDEmuでISOファイルをマウントする時のドライブを指定する

 

『次のドライブ名から始める』にチェックがついていることを確認し、ISOイメージファイルをマウントするドライブを指定します。

WinCDEmuでISOファイルをマウントする時のドライブを指定する

このドライブは、今使っているパソコンで使ってないドライブを指定してください。

何もしなくても、上の画像のように使われていないドライブ(Zドライブ)が選択されていると思うので、使われていないことを確認して『OK』を押します。

これで、ISOイメージファイルがマウントできる状態になりました。

WinCDEmuでISOファイルをマウント(ダブルクリック)

では、『WinCDEmu』を使ってISOイメージファイルをマウントしてみます。

 

ISOイメージファイルをダブルクリック。

ISOイメージファイルをマウントしてみる

 

これで、ISOイメージファイルがマウントされました。

ISOイメージファイルをマウントしてみる

今回は、Zドライブにマウントする設定にしているので、ZドライブにISOイメージファイルがマウントされ、その中身が見えているのがわかります。

ISOイメージファイルをダブルクリックするだけなので、簡単ですよね。

WinCDEmuでISOファイルをアンマウント(ダブルクリック)

マウントしたので、今度はアンマウントしてみます。

簡単なのが、再度ISOイメージファイルをダブルクリックする方法です。

ISOイメージファイルをアンマウントしてみる

すると、このようにアンマウントされます。

ISOイメージファイルをアンマウントしてみる

Windows8/8.1/10の場合は、ダブルクリックでのアンマウントはできないので、WinCDEmuの方が使い勝手がいいですね^^

注意点として、アンマウント操作をするとドライブがなくなるので、ドライブを表示していたエクスプローラも同時に閉じるので注意してください。

WinCDEmuでISOファイルをアンマウント(右クリック)

アンマウントの2番めの方法。

マウントされたドライブを選択し(①)、マウスの右クリックメニューから『取り出し』をクリック(②)

ISOイメージファイルをアンマウントしてみる

どちらの方法を使っても構わないので、好きな方法でアンマウントしてください。

WindowsでISOファイルをマウントする方法のまとめ

まとめ

  • Windows8以降では、Windows標準でISOファイルをマウント/アンマウントできる。
  • Windows7までは、ISOファイルをマウントできる専用のソフトが必要。
  • ISOファイルをマウントできるフリーソフトはWinCDEmuが使い勝手がよい。

Windows8以降のWindowsを使っている場合は、Windows標準でISOファイルのマウントができるので、上記解説を参考にそのままWindowsで操作を行ってください。

Windows7の場合は、今回紹介している『WinCDEmu』をインストールすると、ダブルクリックだけで『マウント/アンマウント』できるようになります。

ぜひ参考にしてください!