新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。

【エクセル】シート見出しの色を変更してみる

【エクセル】シート見出しの色を変更してみる 書式

エクセルのシート見出し(タブ)は色をつけることができます。

色つけると何が便利かというと、例えば重要なシートや更新の優先度が高いシート見出しには『赤』、ちょっと確認が要注意なシート見出しは『黄色』にすることで、色を見ただけでシートの意味がすぐにわかるようになります。

エクセルではシート見出しに好きな色に変更することができる

もちろん、自分で決めたルールに従って自由にシート見出しに色をつけてもかまいません。

今回は、シート見出し(タブ)の色を変更する方法(3つ)と、色を変更できない場合の対応方法を紹介します。

エクセルのシート見出し(タブ)の色を変更する手順は3通りある

シート見出しの色を変更する手順は3つあるので、これより、それぞれの手順を紹介します。

シート見出し(タブ)の色を変更(リボン)

まずは、リボンからシート見出しの色を変更する方法です。

 

まず、色を変更したいシート見出し(タブ)をクリック。

シート見出し(タブ)の色を変更(リボン)

 

リボンの『ホーム』タブ(①)→『書式』(②)→『シート見出しの色』(③)とクリックしていくと、『カラーパレット』と呼ばれる色を選べるダイアログが表示されます。

シート見出し(タブ)の色を変更(リボン)

あとは、この『カラーパレット』から好きな色をクリックするだけです。

ちなみに、色は単色しか選べません。

グラデーションや、ぼかしたりなどの高度な色付けは不可です。

シート見出しの色が薄い?

試しに、赤に変更したシート見出しがこれですが、色が薄いですよね。

アクティブになっているシート見出しは色が薄くなる

 

でも、他のシート見出しをクリックすると、次のように変更した正しい色(赤)になります。

アクティブになっていないとシート見出しは正しい色になる

 

アクティブ(選択されている)になっているシート見出しの色が薄いのは、どのシートがアクティブになっているのかをわかりやすくするためだと思います。

最初はどれがアクティブシートなのかすぐにわからないかもしれませんが、慣れるしかありません。

シート見出し(タブ)の色を変更(ショートカット)

続いての手順は、リボンの手順をキーボードからもできるアクセスキー(ショートカット)を使った手順です。

『ALT』→『H』→『O』→『T』と順番に押していくと、『カラーパレット』が表示されます。

その前に、『CTRL』+『PageDown』または『CTRL』+『PageUp』のショートカットキーで色を変更したいシートに切り替えてください。

普段からショートカットキーをよく使う人は、このショートカットがおすすめです。

シート見出し(タブ)の色を変更(マウス右クリック)

最後は、マウスの右クリックを使った手順です。

手順は簡単で、シート見出しをクリックし(①)、そのままマウスで右クリックするとメニューが表示されるので、そのまま『シート見出しの色』をクリック(③)するだけです。

シート見出し(タブ)の色を変更(マウス右クリック)

マウス操作に慣れている人は、多分この手順が一番使いやすいんじゃないでしょうか。

シート見出しの色が変更できない場合は?

ここまでシート見出しの色を変更する方法を紹介しましたが、色を変更できない場合があります。

ブックが共有されていることが原因であることが多いです。

その場合には、次のように『シート見出しの色』が選択できない状態になります。

ブックの共有によりシート見出しの色が変更できない

ブックが共有されていると、エクセルのタイトルバー(一番上のバー)に[共有]と表示されます。

エクセルのタイトルバー(一番上のバー)に[共有]と表示

 

ブックの共有を解除する場合は、リボンの『校閲』タブ(①)→『ブックの共有』(②)とクリックし、ブックの共有ダイアログで『複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する』のチェックを外し(③)、最後は『OK』ボタンをクリックします(④)

ブックの共有を解除する方法

 

これで、シート見出しの色が変更できるようになります。

シート見出しの色を変更する方法のまとめ

まとめ

  • シート見出しの色を扁壺する手順は3つある。
  • シート見出しの色が変更できない場合は、ブックが共有されていないか確認する。

シート見出しに意味のある色をつけると、色を見ただけでどんなシートなのかがすぐにわかって作業もしやすくなるんじゃないでしょうか。

自分なりの色のルールを決めて作業するのもいいかもしれません。