【エクセル】シート見出しの色を変更してみる

【エクセル】シート見出しの色を変更してみる

エクセルのシート見出し(タブ)は色をつけることができます。

色つけると何が便利かというと、例えば重要なシートや更新の優先度が高いシート見出しには『赤』、ちょっと確認が要注意なシート見出しは『黄色』にすることで、色を見ただけでシートの意味がすぐにわかるようになります。

エクセルではシート見出しに好きな色に変更することができる

もちろん、自分で決めたルールに従って自由にシート見出しに色をつけてもかまいません。

今回は、シート見出し(タブ)の色を変更する方法(3つ)を紹介します。

シートの見出しの色が変更できない場合は、以下の記事を参考にしてください。
【エクセル】シートの見出しの色が変更できない!

目次

エクセルのシート見出し(タブ)の色を変更する手順は3通りある

シート見出しの色を変更する手順は3つあるので、これより、それぞれの手順を紹介します。

シート見出し(タブ)の色を変更(リボン)

まずは、リボンからシート見出しの色を変更する方法です。

まず、色を変更したいシート見出し(タブ)をクリック。

シート見出し(タブ)の色を変更(リボン)

リボンの『ホーム』タブ(①)→『書式』(②)→『シート見出しの色』(③)とクリックしていくと、『カラーパレット』と呼ばれる色を選べるダイアログが表示されます。

シート見出し(タブ)の色を変更(リボン)

あとは、この『カラーパレット』から好きな色をクリックするだけです。

ちなみに、色は単色しか選べません。

グラデーションや、ぼかしたりなどの高度な色付けは不可です。

シート見出しの色が薄い?

試しに、赤に変更したシート見出しがこれですが、色が薄いですよね。

アクティブになっているシート見出しは色が薄くなる

でも、他のシート見出しをクリックすると、次のように変更した正しい色(赤)になります。

アクティブになっていないとシート見出しは正しい色になる

アクティブ(選択されている)になっているシート見出しの色が薄いのは、どのシートがアクティブになっているのかをわかりやすくするためです。

最初はどれがアクティブシートなのかすぐにわからないかもしれませんが、慣れるしかありません。

シート見出し(タブ)の色を変更(ショートカット)

続いての手順は、リボンの手順をキーボードからもできるアクセスキー(ショートカット)を使った手順です。

『ALT』→『H』→『O』→『T』と順番に押していくと、『カラーパレット』が表示されます。

その前に、『CTRL』+『PageDown』または『CTRL』+『PageUp』のショートカットキーで色を変更したいシートに切り替えてください。

普段からショートカットキーをよく使う人は、このショートカットがおすすめです。

シート見出し(タブ)の色を変更(マウス右クリック)

最後は、マウスの右クリックを使った手順です。

手順は簡単で、シート見出しをクリックし(①)、そのままマウスで右クリックするとメニューが表示されるので、そのまま『シート見出しの色』をクリック(③)するだけです。

シート見出し(タブ)の色を変更(マウス右クリック)

マウス操作に慣れている人は、多分この手順が一番使いやすいんじゃないでしょうか。

シートの見出しの色が変更できない場合は、以下の記事を参考にしてください。
【エクセル】シートの見出しの色が変更できない!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次