オフィス製品(Office365)はその違いを知ってから購入する

オフィス製品(Office365)はその違いを知ってから購入する Office365
スポンサーリンク

マイクロソフトのオフィス製品はいろんな種類が販売されていますが、何が違うのか、正直わかりづらくないですか?

 

僕もこの記事を書くまでは、なーんとなくしかわかっていなかったんですよね^^

自宅の新しいPCでオフィス製品を使おうとした場合、どんな製品がいいのか考え込んでしまったので、これを機にオフィス製品の違いを調べてみることにしました。

 

この記事では、まずはわかりづらいオフィス製品の違いをはっきりさせる。

そして、オフィス製品の利用・用途の観点で、ベストなオフィス製品はこれだ!という結論が出るような記事にしたいと思います。

 

オフィス製品の購入で悩んでいる人は、必ず参考になると思うのでぜひ読み進めてください。

ここでは『自宅利用』、『個人事業主』の方を想定しているので、会社で使うビジネス向けのオフィス製品についての情報を知りたい場合は、そのあたりを詳しく書いているサイトを参考にしてください。

マイクロソフトのオフィス(Office)製品とはどんなものか

ざっくり、マイクロソフトのオフィス製品について説明します。

会社の業務などに欠かすことができない、マイクロソフトのビジネスソフトであるオフィス製品。

 

よく知られているのはExcel(表計算ソフト)、Word(文書作成)、PowerPoint(プレゼンテーション)、Outlook(メーラー)などで、これらがひとまとめになっているのがオフィス(Office)製品とよばれるものです。

 

僕も職場では毎日のようにExcelやOutlookを使っていますが、ちょっと前からいろんなオフィス製品が販売されるようになって、何が違うのか理解できていませんでした。

 

昔のオフィス製品は売り切りのパッケージもので、種類も少なく、ビジネス用、家庭用と分かれているぐらいで、シンプルで悩むこともなかったんですよね。

それが、今は、『Office 365 solo』だの、『Office Home & Business 2016』だので、よくわかりません^^

 

次から、そのわからない違いを調べた結果を説明します。

家庭で使えるオフィス製品は3種類

下の写真はマイクロソフトの公式サイトにあったものをキャプチャしたものです。

出典:Microsoft Office 全製品の比較 | Microsoft Office

家庭向けのマイクロソフトオフィス製品

Office 365 で Office を最大限に活用する
Microsoft Office 全製品の比較 | Microsoft Office

 

この写真からわかるように、家庭用のオフィス製品は次の3種類となっています。

家庭向けオフィス製品のラインナップ

  • Office 365 solo
  • Office Home & Business 2016
  • Office Personal 2016

家庭向けオフィス製品3つの違い

続いて、家庭向けオフィス製品の3つ製品にはどのような違いがあるのか。

まず、製品の名前に『365』とついているものは、『サブスクリプションと呼ばれるサービスで提供される製品』を意味します。

『Office 365 solo』が該当しますね。

 

『サブスクリプション』というのは『課金制』のことです。

 

『Office 365 solo』は月間又は年間でお金を払い続けて使える製品。

つまり、一度払ってしまえば費用がかからない『買い切り』型とは違い、毎月、毎年お金を払い続けないといけない製品です。

 

逆に、『Office Home & Business 2016』、『Office Personal 2016』には『365』という名前がついていないので、買い切り型のパッケージ製品となります。

 

公式サイトを見ると、サブスクリプションの『Office 365 solo』は安くなってます。

だって、価格は一年間の支払料金なので^^

 

単純に価格を比較すると、『3年以上使い続けると、買い切り型の方が安くなる』ということがわかります。

 

家庭でオフィス製品を使う人って、やっぱり購入費用がネックになるので、3年間は余裕で使い続けるんじゃないでしょうか。(僕もそうです)

なので、マイクロソフトのサポート(セキュリティ対策、バグ対応)が終わるギリギリまで使うことになると思います。

マイクロソフトのOffice2016サポート期間を調べると、ギリギリの期間は2025/10/14までとなっています。

買い切り型オフィス製品2つの違い

さらに、買い切り型の2つの製品では価格と含まれるソフトに違いがあります。

『Office Home & Business 2016』

  • 購入費用:37,584円
  • 含まれるソフト:Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook

『Office Personal 2016』に含まれるソフト

  • 購入費用:32,184円
  • 含まれるソフト:Word、Excel、Outlook

『Office Personal 2016』にPowerPoint、OneNoteが追加されたのが『Office Home & Business 2016』だと思えばいいですね。

Word、Excelは家庭でもよく使われるソフトですが、PowerPointはプレゼンテーションの資料作成として使われるソフト。

家庭でPowerPointを使っている人、ほとんどいないと思います。

 

もう一つのOneNoteは名前だけは知っていますが、どんなソフトなのか僕もよく知らないです^^

ま、家庭では特に出番のないソフトだと思うので、なくても困らないソフトだといえます。

 

価格や含まれるソフトを考えると、やっぱりベストな製品は『Office Personal 2016』となりますね。

サブスクリプション契約の『Office 365 solo』のメリット

『価格面や3年以上使う』という前提を考慮すると、どうしても買い切り型の製品が優位になります。

 

逆に、『Office 365 solo』が他の2つの製品より優位な点として、以下のものがあげられます。

『Office 365 solo』が他の2つの製品より優位な点

  • 常に最新版のオフィス製品を使うことができる
  • 含まれるソフトが全ての製品の中で最も豊富
  • OneDriveを使えば、どこにいてもネット経由で作成したファイルにアクセスできる
  • PCにインストールできる端末数が他の製品より多い(2018/10/2より)
  • Skypeを使えば、毎月1時間だけどこにかけても通話料が無料
  • Windows、Macなど複数のOSが混在していても製品は1本だけで済む
    (買い切り型の製品はOSごとに購入が必要)

こうやって書き出すと、以外とメリットが多いように思います。

 

でも、『常に最新版』とか『ソフトが豊富』だとしても、家庭向けだと『Office Personal 2016』で十分だと思うし。

Skype経由で通話すると1時間だけ無料だとしても、カケホーダイプランに入っている人も多いんじゃないですかね。

2018/10/2よりOffice 365 soloのインストール制限と同時使用制限が大幅に緩和!

何気なくニュースサイトを見ていたら、『Office 365 solo』の制限が10/2より大幅に緩和されるというニュースを発見しました。

『Office 365 solo』の制限緩和のまとめ

  • インストールは無制限(所有している端末すべてにインストールできる)
  • 同時使用は5端末まで(Officeのサイトにサインインが必要)

やっぱり、インストールの制限がなくなったのは、かなりうれしいことですね。

ちなみに、『365』の名前がついている製品は、マイクロソフトのOfficeサイトにサインイン(ログイン)しないと使えません。

 

持っている端末(デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマホ)全部にインストールしておけば、あとは使う端末を選ぶだけ。

 

この制限緩和により、端末の数が多い場合には『Office 365 solo』の方が、逆にコストが安くつくと思います。

作成ファイルのバックアップや、いつでもどこでも作成ファイルにアクセス可能になる

また、OneDriveを使えば、マイクロソフトが管理しているオンラインストレージサーバ(ファイルを保管するネット上のサーバ)に、自分が作成したExcelのファイルやWordのファイルを簡単に保存することができます。

OneDriveを使うメリット

  • 作成ファイルのバックアップになる(ネット上のOneDriveに保存できるので)
  • ネットが繋がっていれば、どこにいても作成ファイルアクセス可能(スマホ利用可)
  • ハードディスクの容量は1TBと大容量なので、容量不足の心配はなし

作成ファイルのバックアップが大事だと思っている人や、自宅以外でも作成ファイルにアクセスしたい場合には、『Office 365 solo』がいいかもしれないです。

 

こうやって、メリットを書き出してみると、以外と『Office 365 solo』も魅力的^^

オフィス製品がプレインストールされているPCを購入するという選択肢もあります

ちょっと、今回の趣旨から外れますが、最初からオフィス製品がインストールされているPCというのがあります。

 

『プレインストールPC』といったりしますが、この場合はオフィス製品の価格もPCに含まれているので、PCを買うついででオフィス製品も欲しいという場合におすすめ。

基本的に、プレインストールされたオフィス製品は、そのPCでしか使えない契約になっているので、その分オフィス製品の価格は安くなってお買い得なPCとなっています。

マイクロソフト オフィス製品の違いと購入基準のまとめ

いかがでしたか?

わかりづらいオフィス製品の違いと用途にあわせた『購入すべきオフィス製品』について解説してきました。

 

オフィス製品の購入基準をまとめると、次のようになります。

『Office Personal 2016』がおすすめな人

  • できるだけ価格を安くしたい
  • PowerPoint、OneNoteなんて使ったことがない
  • 常に最新版のオフィス製品でなくてもよい
  • オフィス製品を使うのは自宅が中心
  • 作成ファイルのバックアップは自分でする
  • インストールする端末は、WindowsかMacのどちらかのみ

『Office Home & Business 2016』がおすすめな人

  • PowerPointまたは、OneNoteを使いたい
  • 常に最新版のオフィス製品でなくてもよい
  • オフィス製品を使うのは自宅が中心
  • 作成ファイルのバックアップは自分でする
  • インストールする端末は、WindowsかMacのどちらかのみ

『Office 365 solo』がおすすめな人

  • 常に最新版のオフィス製品を使いたい
  • 3台以上の端末を持っており、どの端末でもオフィス製品を使いたい
  • 端末のOSは、Windows、Mac混在
  • 作成ファイルのバックアップを自分でやりたくない
  • 出張など外出先でも作成ファイルにアクセスしたい

 

昔と違って、今はソフトをクラウドサービス(ネット経由)で使うことが当たり前の時代です。

今までのように、自分のPCの中で全て完結するのもそれはそれでいいところがあるんですけどね^^

 

でも、『作成したファイルを必ず残しておきたい』とか、『出張先でも作成ファイルにアクセスしたい』という場合には、クラウドサービス(Office 365 solo)の利用を真剣に考える時だと思いますね。

 

それよりも、インストールする端末が多かったり、OSが混在している場合には、それこそ『Office 365 solo』の方がお得になるはずです。

 

いずれにしろ、『どのようにオフィス製品を利用したいのか』をよく考慮したうえで、自分にあったオフィス製品を選ぶことが大事じゃないでしょうか。

 

コストがかかるオフィス製品なので、今回の内容を参考に、まずはじっくり検討されることをおすすめします。

 

コメント