エクセルで結合されている苗字と名前を分ける3つの方法

エクセルで結合されている苗字と名前を分ける3つの方法 抽出する

苗字と名前が結合されて既にセルに入力済みの場合、苗字と名前を別々のセルに分割したいことがあります。

1つずつ苗字や名前をコピーして別のセルに貼り付けるという操作だと、数が多くなればなるほど効率が悪く貼り付けミスの元にもなります。

こういう時は苗字と名前をミスなく簡単に分けられる方法を利用しましょう。

この記事の内容

  • フラッシュフィルを使って、苗字と名前を分ける。
  • 関数(LEFT、RIGHT)関数を使って苗字と名前を分ける。
  • 区切り位置を指定して苗字と名前を分ける。

苗字と名前を分ける方法は全部で3つあるので、ぜひ参考にしてください。

フラッシュフィルを使って、苗字と名前を分ける(リボン操作編)

フラッシュフィルというのはオートフィルのように規則に沿って値を埋める機能ですが、エクセルが規則性を自動で判定する『賢いフィル』機能だと思えばいいです^^

『フラッシュフィル』はエクセル2013以降のバージョンでないと使えないので、エクセル2010などの以前のバージョンを使っている場合は、次の『関数(LEFT、RIGHT)を使って苗字と名前を分ける』に進んでください。

 

さっそく、フラッシュを使った苗字と名前の分割方法です。

まず、事前準備として下のエクセルのように、分割後の『苗字のみのセル』と『名前のみのセル』を用意し、最初の行のみ苗字と名前をそれぞれの分割後のセルにコピーしておきます。

フラッシュフィルを使って苗字と名前を分ける

 

まず、2行目のセルを選択し(①)し、リボンの『データ』タブをクリック(②)、続いて『フラッシュフィル』をクリック(③)

フラッシュフィルを使って苗字と名前を分ける

 

すると、次のように一気に最後の行まで苗字が抽出されます。

フラッシュフィルを使って苗字と名前を分ける

 

同様に、名前の方もリボンの『データ』→『フラッシュフィル』で簡単に抽出することができます。

フラッシュフィルを使って苗字と名前を分ける

フラッシュフィルは、1行目の苗字や名前の内容と左の分割前の内容を比較して、スペースで分割されたものと判断しているようです。

フラッシュフィルなかなか賢いですね^^

フラッシュフィルを使って、苗字と名前を分ける(マウス操作編)

続いてもフラッシュフィルですが、今度はリボンを使わずマウス操作だけで苗字と名前を分ける方法です。

慣れれば多分こちらの方が操作は早いです。

1行目の分割済みの苗字のセルを選択し、セルの右下にマウスを置いて『+』(十字)のマークになることを確認します(①)

『+』のマークになったら、右クリックで『+』をつまんで一気に最終行までドラッグします(②)

フラッシュフィルを使って苗字と名前を分ける

 

すると、次のようにメニューが表示されるので『フラッシュフィル』をクリック。

フラッシュフィルを使って苗字と名前を分ける

これで、最終行まで苗字が抽出されます。

名前も同じ操作をすればOK。

関数(LEFT、RIGHT)を使って苗字と名前を分ける

こちらはエクセルのバージョに関わらず使える方法です。

分割前のセルから、LEFT関数で苗字のみ抽出し、RIGHT関数で名前のみを抽出します。

 

1行目の分割後の苗字のセルに、次の関数を入力。

=LEFT(B3, FIND(" ", B3) - 1)

関数(LEFT、RIGHT)を使って苗字と名前を分ける

これで、苗字のみ抽出されます。

 

同様に、1行目の分割後の名前のセルに、次の関数を入力。

=RIGHT(B3, LEN(B3) - FIND(" ", B3))

関数(LEFT、RIGHT)を使って苗字と名前を分ける

これで名前のみ抽出されます。

 

1行目に苗字と名前をそれぞれのセルに分けることができたので、あとはオートフィルを使って残りの行に関数をコピーします。

1行目の分割した苗字と名前のセルを選択し、セルの右下でマウスが『+』になったらダブルクリック。

関数(LEFT、RIGHT)を使って苗字と名前を分ける

 

すると、次のように苗字と名前が一気に最終行まで分割されます。

関数(LEFT、RIGHT)を使って苗字と名前を分ける

オートフィルを使うと、苗字と名前の関数を同時にコピーできるので便利です。

区切り位置を指定して苗字と名前を分ける

最後は、セルの中にあるデータの『区切り位置』を指定して、苗字と名前に分ける方法です。

『区切り位置』の方法は、区切り文字が半角スペース/全角スペースが混在していたり、スペースが連続していても正しく分割できるのがポイントです。

この方法は、次のように分割前のセルが分割された苗字で上書きされます。
分割前のデータを残したいのであれば、事前に別のセルにコピーしておくことをおすすめします。
区切り位置を指定して苗字と名前を分ける

では手順です。

分割前の苗字+名前のセルを全て選択し(①)、リボンの『データ』タブをクリック(②)、さらに『区切り位置』をクリック(③)

区切り位置を指定して苗字と名前を分ける

 

『区切り位置指定』ウィザードが表示されるので、『データのファイル形式』では『カンマやタブなどの、、、』を選択して『次へ』をクリック。

区切り位置を指定して苗字と名前を分ける

 

『区切り文字』では『スペース』だけチェックをつけて、『連続した区切り文字は、、、』もチェックして『次へ』をクリック。

区切り位置を指定して苗字と名前を分ける
『連続した区切り文字は、、、』にチェックを付けないと、区切り文字のスペースが複数(連続)の場合は1つの区切り文字として認識してくれないので注意してください。

『列のデータ形式』は『G/標準』のままで問題ないので、そのまま『完了』をクリック。

区切り位置を指定して苗字と名前を分ける

 

これで、苗字と名前に分けることができます。

区切り位置を指定して苗字と名前を分ける

『区切り位置』指定を使った方法は、区切り文字の内容をあまり気にしないでいいところがポイントですね^^

まとめ

まとめ

  • スペースで区切られた苗字+名前を、苗字/名前に分ける場合は以下の3つの方法が使える。①エクセル2013以降でサポートされているフラッシュフィル。

    ②苗字と名前を抽出する関数(LEFT関数、RIGHT関数)

    ③データの『区切り位置』指定。

今回は、スペースで結合されている苗字と名前を別のセルに分ける方法を紹介しました。

別に苗字と名前のパターンではなくても、他の文字列でも応用が効く方法なので、ぜひ有効利用してください。

エクセル2013以降のバージョンであれば、フラッシュフィルが一番簡単に分けることができるのでおすすめです^^

タイトルとURLをコピーしました