エクセルの連続した数字はマウスの右クリックでサッとコピーできます

スポンサーリンク

Excelで連続した数字(連番)をコピーする場合、いろんな方法があります。

その中で、次の記事ではフィルハンドルやオートフィルオプションを使った連番の入力方法を紹介しました。

エクセルの連番をマウスで一気に入力する3つの方法(フィル利用)
Excelで表を作っていると、必ず連続した番号(連番)を行や列に一気にコピーしたいということがあると思います。 そんな時に便利な機能が『フィル』 フィルを使わないで連番を入力するなんて、はっきりいってやってられない操作となるので...

確かに、この方法も簡単に連番を入力できるんですが、実はマウスの右クリックでも連番のコピーはできます。

また、オートフィルオプションも右クリックのメニューから選べるようになっています。

サッと連番を入力したい場合は、今回紹介する右クリックの方法が手間がかからず便利かもしれません。

エクセルの連続した数字をマウスの右クリックだけで簡単にコピーする方法

操作として、フィルハンドルを使うことには変わりはないです。

でも、『左クリック』のドラッグではなく『右クリック』のドラッグを使います。

これも言葉で説明するより、動画の方がわかりやすいでしょう。

エクセルの連続した数字をマウスの右クリックでサッとコピーする方法

右クリックの場合は、ドラッグして表示されるメニューから『連続データ』を選ぶだけ。

この方法だと、数字が1つだけの場合でもCTRLキー+左クリックと全く同じコピーができます。

こっちの方はCTRLキーもいらずマウス1つで連番をコピーできるので、より簡単です。

連番のコピー(入力)は左クリックドラッグ、右クリックドラッグのどっちがいいのか

連番をコピー(入力)する方法として、左クリック、右クリックのどちらでもできることがわかりました。

じゃあ、どっちを使えばいいの?と迷うかもしれません。

 

おおざっぱにまとめると、

左クリックは、CTRLキーを同時に押したり、一旦ドラッグした後にオートフィルオプションを選択したりと、操作手順が複数ある。

 

一方、右クリックは、『マウスでドラッグ→メニューを選択』の1つだけ。

 

つまり、右クリックは操作が1つしかなく、オートフィルオプションもメニューから選べるので、こちらの方が使い勝手はいいと思います。

エクセルの連続した数字をマウスの右クリックだけで簡単にコピーする方法のまとめ

今回、右ドラッグで連番をコピー(入力)する方法を紹介しました。

左クリックから、単に右クリックに変わっただけのように思われるかもしれないですが、手間をかけずに連番がコピーできるのがいいところです。

それに、オートフィルオプションも右クリクメニューに表示されるので、この場合の手間も左クリックより少なくすみます。

手間の少なさからも右クリックの方がスマートで、右クリックを使いこなすと『只者じゃない』と思われるかも^^

連番の入力は左クリック、右クリックどちらの方法でもできるので、自分にあった方法を試してみることですね。

場面によって使い分けるようになれば、Excel使いこなしもレベルアップしたといえるかもしれません。

コメント