エクセルのTODAY関数で令和を表示させる

元号

皆が読んでいる! よく読まれている人気記事一覧

これは知らなかった!? 意外と知らないミニTips集

請求書などで日付を入力する時によく使うのがTODAY関数。

今日の日付が自動で入力されて便利ですよね。

でも、セルにそのままTODAY関数を入力しても、普通は西暦表示となり『令和』のように和暦で表示されません。

ここでは、TODAY関数とセルの書式TEXT関数の組み合わせで『令和』を表示させる方法を紹介します。

TODAY関数とセルの書式の組み合わせで『令和』(和暦)を表示させる

まずは、TODAY関数を入力したセルの書式で『日付』を和暦に変更して『令和』を表示させる方法です。

 

まず、請求日を表示させるセルでTODAY関数(=TODAY())を入力すると、日付が西暦で表示されます。

TODAY関数とセルの書式の組み合わせで『令和』を表示させる

 

ここで、TODAY関数を入力したセルを選択し、『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)のショートカットキーを押して、『セルの書式設定』ダイアログを表示させます。

そして、『セルの書式設定』ダイアログで以下の指定を行います。

タブは『表示形式』(①)

『分類』は『日付』(②)

『カレンダーの種類』は『和暦』(③)

『種類』は任意の表示形式(④)

TODAY関数とセルの書式の組み合わせで『令和』を表示させる

 

すると、西暦で表示されていたTODAY関数のセルが『令和』の和暦で表示されるようになります。

TODAY関数とセルの書式の組み合わせで『令和』を表示させる

TODAY関数とTEXT関数の組み合わせで『令和』(和暦)を表示させる

続いては、TEXT関数の第一引数にTODAY関数を指定して『令和』を表示させる方法。

 

今日の日付(令和)を表示させたいセルに次の関数式を入力すると、『令和』の和暦で表示されるようになります。

=TEXT(TODAY(), "ggge年m月d日")

TODAY関数とTEXT関数の組み合わせで『令和』を表示させる

 

TEXT関数の書式は以下の通りで、2つの引数(指定)をもらって表示結果を返します。

=TEXT(第一引数:日付の値、第二引数:表示形式

TODAY関数は今日の日付の値を返すので、TEXT関数の第一引数にTODAY関数を指定。

そして、第二引数はセルに表示させる形式を指定するので、ここでは”ggge年m月d日”を指定。

gggが元号の『令和』を表示させる指定で、eが元号の年、mが月、dが日の指定となるので、5/4が今日の日付だったとして“ggge年m月d日”は令和1年5月4日と表示されます。

表示形式には、ggg以外のいろんなパターンがあるので、次を参考にしてください。

和暦の表示形式には『令和』、『令』、『R』などいろんな指定ができる

さきほど、”ggge年m月d日”を例として表示形式について解説しましたが、他にも『令1/5/1』や、『R1.5.1』などのようにいろんな表示形式を指定することができます。

表示形式については、次の記事を参考にしてください。

記事では、『ユーザー定義』を前提として書いていますが、TEXT関数の第二引数にも同じように指定することができます。

和暦表示の『令和』と一緒に『曜日』も表示させてみる

無事『令和』の和暦を表示できるようになったら、ついでに曜日も表示できるといいですよね。

年、月、日などと同じように『曜日』にも表示形式があります。

曜日の表示記号には”a”を使い、aaa(aが3つ)を指定すると、『月』、『火』、『水』、『木』、『金』、『土』、『日』のように1文字の曜日表示になります。

同様に、aaaa(aが4つ)だと『月曜日』、『火曜日』、『水曜日』、『木曜日』、『金曜日』、『土曜日』、『日曜日』のようにフルで曜日が表示されます。

曜日をユーザー定義で指定して表示させる

ユーザー定義(セルの書式設定)で曜日を表示させる例です。

TODAY関数を入力したセルを選択し、『CTRL』+『1』(テンキーの1は不可)のショートカットキーを押して、『セルの書式設定』ダイアログを表示させます。

そして、タブは『表示形式』(①)

『分類』は『ユーザー定義』(②)

『種類』に以下の表示形式を入力(③)

ggge"年"m"月"d"日("aaa")"

令和の表示に追加で曜日を表示させる(ユーザー定義)

 

すると、このように令和の和暦表示の後に『(土)』の曜日が追加されて表示されます。

令和の表示に追加で曜日を表示させる(ユーザー定義)

曜日をTEXT関数で指定して表示させる

続いてはTEXT関数での曜日指定。

こちらは以下のTEXT関数を入力すればOK。

=TEXT(TODAY(), "ggge年m月d日(aaa)")

令和の表示に追加で曜日を表示させる(TEXT関数)

先に紹介したTEXT関数に『(aaa)』を追加するだけです。

もし、『(土)』ではなく『(土曜日)』のように曜日をフルで表示させたい場合は『(aaaa)』を指定してください。(aが1つ増えるだけ)

この指定は『ユーザー定義』でも同じです。

『令和1年』を『令和元年』と表示させる方法

今年は『令和元年』です。

エクセルの標準では、元号の元年ではなく1年と表示されます。

つまり、自分で工夫しないと『元年』とは表示されないんです。

でも、セルの書式設定のユーザー定義を利用すると『1年』を『元年』と表示させることができます。

次の記事に『元年』と表示させる方法を詳細に書いているので、参考にしてください。

まとめ

まとめ

  • TODAY関数は日付(シリアル値)を返す関数なので、令和(和暦)の表示を指定することはできない。
  • TODAY関数+ユーザー定義で令和(和暦)を表示させることができる。
  • TODAY関数+TEXT関数で令和(和暦)を表示させることができる。

今日の日付はTODAY関数(=TODAY())を入力するだけで、簡単に表示させることができます。

ただし、日付の表示形式はその時のセルの書式設定にしたがって表示されるので、通常は西暦の表示形式となり和暦で表示されません。

『令和』などの和暦で今日の日付を表示させたい場合は、ここで紹介した方法を試してください。

どちらも難しくないので、自分にあった方法を使うといいです。

タイトルとURLをコピーしました