エクセルで入力済みの文字の先頭に文字や数字を一気に追加する方法

エクセルで入力済みの文字の先頭に文字や数字を一気に追加する方法 Excel使いこなし(ステップアップ編)
スポンサーリンク

Excelで一生懸命に入力したデータに、あとから入力データの先頭に数字や文字を一気に追加したい場合があります。

この場合セルを入力状態にして、入力データの先頭に追加する作業を繰り返せばいいんですが、これこそ機械作業で入力ミスにつながることも。

入力データが膨大なのに、1つずつ追加していくなんてことしたくないですよね。

今回は、結構ありがちな『あとから入力データの先頭に、文字/数字を一気に追加する方法』を紹介したいと思います。

セルの書式設定にある『ユーザー定義』というものを使う方法が中心となるので、いい機会なので『ユーザー定義』の使い方も覚えておきましょう。

エクセルで入力済みの数字の先頭に、同じ数字を一気に追加する方法

まずは、数字の先頭に同じ数字を一気に追加する方法。

つまり、入力済み、追加の両方とも数字だけのパターン。

文字が含まれる場合の方法は、後の方に書いているのでそちらを参照ください。

『ユーザー定義』で先頭に追加する数字を固定する(その1)

例えば、既に入力済の数字が3桁固定で、追加する数字が1桁固定の場合には、『セルの書式設定』の『ユーザー定義』で『1000』と指定します。

最初の1が追加する数字を示し、000は数字が3桁固定であることを示します。

では、100、200、300の入力済みの数字の先頭に、数字の1を一気に追加する方法です。

 

入力済みのセルを選択

『ユーザー定義』で先頭に追加する数字を固定する

 

右クリックより『セルの書式設定』を選択

『ユーザー定義』で先頭に追加する数字を固定する

 

『表示形式』→『ユーザー定義』を選択し、『種類』に『1000』と入力

『ユーザー定義』で先頭に追加する数字を固定する

 

先頭に1が追加される

『ユーザー定義』で先頭に追加する数字を固定する

ここで注意してほしいのは、『ユーザー定義』はあくまでも見た目の表示が変わるだけだということ。

つまり、実際にセルの中身まで変わるわけではないです。

上の画面の青枠(合計)を見ると、正しく計算されていないことがわかります。(先頭の余計な1は『ユーザー定義』の指定の影響によるもの)

だから、『ユーザー定義』を指定したセルをSUM関数などで計算することはできません。

見た目ではなく、数字を追加した結果(数値)が必要な場合は、3番目で紹介している『入力済の数値に追加する数値を足し算をさせる』方法を試してください。

『ユーザー定義』で先頭に追加する数字を固定する(その2)

さきほどの方法と同じ『ユーザー定義』を使う方法。

こちらは入力済の数字の桁が固定である必要はなく、『ユーザー定義』の指定は『”1″#』とします。

『ユーザー定義』で先頭に追加する数字を固定する

『#』は桁数を問わない数値を意味する書式。

入力済の桁数が固定でない場合は、こっちの方法ですね。

 

『ユーザー定義』で先頭に追加する数字を固定する

こちらも青枠を見るとわかる通り、先頭に1を追加した結果では計算されていません。

入力済みの数値に追加する数値を足し算をさせる

これは、実際に入力済みの数値に追加分の数値を足した結果を表示させる方法。

つまり、『本当に足し算をさせるということです。

ただし、入力済の桁数は固定となっているのが条件。

こちらは動画を参考にしてください。

Excelで入力済みの数字の先頭に数字を一気に追加する方法

入力済みの100、200、300の先頭に1がつくようにするには、それぞれに1000を足せばいいということですね。

だから、『形式を選択して貼り付け』のオプションで『演算』の『加算』を選択するのがポイントです。

この方法は、セルの内容が足し算した結果で書き換わるので、SUM関数などの計算もできるのが特徴です。

数値を追加した結果を計算に使いたい場合

ここまで3つの方法を紹介しました。

3番目の方法以外は表示上数値が追加されているように見えるだけで、実際に値が変わっていないことがわかってもらえたと思います。

だから、3番目の方法以外は計算に使えません。

もし、数値を追加した結果を使いたいのであれば、3番目の足し算させる方法をおすすめします。

エクセルで入力済みのデータの先頭に同じ文字(数字)を一気に追加する方法

今までは、数値のみのパターンでしたが、これより以下は文字が含まれるパターンの追加方法を紹介します。

これから紹介する方法の前提条件

  • 入力済みのデータが文字で、先頭に追加するのが文字または数字の場合
  • 入力済みのデータが数字で、先頭に追加するのが文字の場合

つまり、入力済み又は、追加のいずれかが文字の場合を条件とした方法で、追加した結果は文字列となります。

入力済みデータと追加する文字(数字)を文字列で結合する

まずは文字と文字を結合させる方法。

これは、文字と文字を結合する演算記号(&)を使います。

こちらの方法は動画で解説します。

Excelで入力済みの文字の先頭に『&』で文字を結合する方法

この方法のポイントは、結合演算の『&』を使って、結合したい文字と入力済みの文字を結合させることです。

書き方は、次のようになります。

=”結合したい文字” 入力済みの文字があるセルの位置(B4など)

『ユーザー定義』で先頭に追加する文字を固定する

追加したい文字が”性別:”だった場合、『ユーザー定義』で『”性別:”@』と指定。

『ユーザー定義』で先頭に追加する文字を固定する

『@』は文字列を意味します。(文字列の書式)

例えば入力済のデータが『男』だった場合は、『性別:男』という結果になります。

注意点は、結果は必ず文字列となること。

エクセルで入力済みの文字の先頭に文字や数字追加する方法のまとめ

ここまで数字や文字のパターンで、入力済のデータの先頭に文字(数字)を一気に追加する方法を紹介しました。

今回は『ユーザー定義』による方法が中心でしたが、『ユーザー定義』はあくまでも見た目を変えるだけだということを理解しておいてください。

この仕様をわかっていないと、『なんで計算がうまくいかないんだ?』というワナに陥ります。

数字を追加した結果を計算に使いたい場合は、3番目の『足し算をさせる』方法でやってみましょう。

また、『ユーザー定義』を使った方法は、使いこなすとかなり便利な機能で、いろんな場面で応用できたりします。

まずは積極的に『ユーザー定義』を使ってみることをおすすめします。

 

コメント