エクセルでセルの行高さ、列幅も保持したまま一回でコピーする方法

エクセルでセルの行高さ、列幅も保持したまま一回でコピーする方法 Excel使いこなし(ステップアップ編)
スポンサーリンク

Excelでセルのコピーをして別なセルに貼り付けた時って、元のセルの行高さや列幅も一緒にコピーしてくれると思いますよね?

実は、普通にコピーするだけだと行高さや列幅はコピーされないんです。

じゃどうするのかというと、貼り付ける時に右クリックから『形式を選択して貼り付け』というオプションを使ったり、行のコピーをするという工夫が必要となります。

 

繰り返しますが、セルをコピーして普通にCtrl+Vなどでそのまま貼り付けても、行の高さと列幅はコピーされません。

 

このコピーの仕様が結構わかりにくいところで、ネットなんかでも『行高さと列幅をコピーしたい』という質問をよくみかけます。

今回はそんな悩ましい仕様をふまえて、一回の操作でセルの行高さ、列幅もコピーできる方法を紹介します。

とくに、行高さ、列幅を変更している表をコピーする場合には、重宝する方法だと思います。

Excelで選択したセルの行高さ、列幅を一回のコピーで貼り付ける方法

では、セルの行高さ、列幅を一回のコピーで貼り付ける方法を紹介。

ただし、この方法は行単位のコピー&貼り付けという操作になります。

だから、コピーしたくない余計なセルも貼り付けられることもあるので、貼り付けた後にセルの削除が必要になるかもしれません^^

あと、コピー先の列の位置も同じになってしまうので、これもセルの挿入などで、コピーしたい位置までずらす必要があります。

コピーの手順は次の通り。

セルの行高さ、列幅を一回のコピーで貼り付ける方法

  • コピーしたいセルを含む行を選択
  • コピー先の行を選択して、右クリックメニューから『形式を選択して貼り付け』を選択
  • 続いて『元の列の幅を保持』を選択

手順は以上ですが、いつものように動画で解説します。

Excelで、セルの行高さ、列幅を一回でコピーする方法

 

ポイントは、『行を選択してコピー』すること。

 

行をコピーしているので、セルの書式と行高さがコピーされることになります。

さらに、『形式を選択して貼り付け』のオプションで『元の列の幅を保持』を選択するので、結果的に行高さ、列幅も一緒にコピーされるというわけです。

ただし、この方法の難点はコピーしたくないセルまで一緒にコピーされること。

コピーした後のセルの削除や移動が大変な場合には、この方法はおすすめできません。

セルのコピーでなぜ行高さや列幅がコピーされないのかを理解する

行高さ、列幅を一緒にコピーする方法は以上ですが、Ctrl+Vでなぜ行高さや列幅がコピーされないのか、不思議に思いませんか?

 

結論を書くと、『列の幅や行の高さはセルの書式ではないから』です。

 

コピーでは、選択したセルの入力文字やセルの書式がコピーされます。

でも、行高さは行の書式であり、列幅は列の書式なので、セルを選択した時にはコピーされません。

セルを選択して右クリックから表示される『セルの書式設定』の内容を見ても、セルの行高さ、列幅を変更できる項目はないはずです。

選択したのがセルだったら、それは列を選択しているわけでもなく、行を選択しているわけでもないので、行高さ、列幅はコピーされないってことですね。

 

ただし、このままでは使い勝手が悪いとマイクロソフトも思ったのか、セルをコピーした時に、貼り付けで列幅もコピーできるようになっています。

それが、『形式を選択して貼り付け』のオプションに『元の列の幅を保持』という項目で追加されています。(行の高さがないのが不思議なんですが)

エクセルで行高さ、列幅も保持したまま一回でコピーする方法のまとめ

いかがでしたか?

ちょっと条件はありますが、行高さ、列幅も保持したまま一回でコピーする方法を紹介しました。

ともかく、行高さ、列幅のコピーに関しては、Excelの仕様を理解して慣れるしかないです。

 

もし、今回紹介した方法でも、『面倒くせ~』とか、『使えね~』と思っている人がいれば、『アドインツール』を使うことをおすすめします^^

一回のコピーで行高さ、列幅をビシッとコピーしてくれるアドインツールがあるんです。

これを使えば、列とか行は全く関係なく、選択したセルの行高さ、列幅をそのままコピーしてくれます。

詳しくは、このアドインツールを使った結果を記事にしているので、参考にしてください。(『完全コピーアドイン』というツールです)

超便利!エクセルの作業効率アップのために追加すべきアドインツール
Excelは標準のままでもかなり機能が豊富で、使いこなすのも一苦労な表計算ソフト。 そんな高機能なソフトでも、ところどころ『かゆいところに手が届かない』部分もチラホラあったりします。 『え?これやるのにこんな手間がかかるの?』と...

 

本日は、以上です!

 

コメント