Windows10ではレジストリのパスをコピペできるので便利

Windows10ではレジストリのパスをコピペできるので便利 Windows10

Windowsでは特殊な機能を有効にしたり、特別な設定を変更したりする場合は、『レジストリエディター』を使って、レジストリというWindowsが管理しているデータを変更する必要があります。

 

一度でもレジストリエディターを使ったことがある人は知っていると思いますが、目的のデータ(キー)にたどり着くのがすごい面倒なんですよね。

 

例えば、HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→→CurrentControlSet→Controlというように、ひたすら目的のキーがあるパスを順番通りにたどっていく必要があります。

これだけでも面倒なんですが、似たような名前のパスが多いので間違いそうになる場合も多く、最悪違うキーの値を変更したことで、Windowsの動作がおかしくなる可能性も出てきます。

それが、Windows10ではレジストリエディターが大幅に機能強化されて、この面倒な『パスをたどる』という操作をしなくても、目的のキーまで一気に進むことができるようになりました。

Windows10のレジストリエディターで目的のキーパスまで一発で進む方法

さっそくですが、目的のキーパスまで一発で進む方法を例を混じえて紹介します。

当然、対象はWindows10になります。

 

まず、『ファイル名を指定して実行』のショートカットキー『Windowsキー』+『R』を押します。

レジストリエディタのショートカットキー

 

名前のところに、『regedit』と入力して、『OK』をクリック。

レジストリエディタの起動

 

次のように新しいレジストリエディターの画面が表示されます。

Windows10の新しいレジストリエディター

上の画像の赤枠部分が、今までのレジストリエディターにはなかったパス(アドレス)を示すスペースで、ここに表示されているパスをコピーしたり、逆にパスを貼り付けることができます。

Windows10を使っているのに、この画像のように赤枠のパスのスペースが表示されない場合は、バージョンが古い可能性があります。
詳細は、次の『Windows10を使っているのにレジストリエディターが新しくなっていない場合』を参考にしてください。

 

今回は、例として次のキーパスをコピーして、赤枠部分のパススペースに貼り付けてみます。

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras

すると、このようにパス貼り付け一発で、目的のキーのパスまでたどり着くことができました。

使ってみるとわかりますが、かなり便利です^^

Windows10の新しいレジストリエディター

Windows10を使っているのにレジストリエディターが新しくなっていない場合

Windows10は今まで、何回も大きなアップデートにより更新されてきました。

新しいレジストリエディターを使えるようになるには、『Windows 10 RS2 (Creators Update)』というバージョンに更新されていることが条件。

今使っているWindows10のレジストリエディターにパスのスペースが表示されない場合は、このバージョンに更新されていない可能性があります。

 

まずは、今のバージョンを次の手順で確認。

『ファイル名を指定して実行』のショートカットキー『Windowsキー』+『R』を押します。

(押すキーについては、上の方で記載済み)

 

名前のところに、『cmd』(コマンドプロントの起動)と入力して、『OK』をクリック。

コマンドプロンプトを起動する方法

 

コマンドプロントが起動されるので、バージョンを確認するコマンド『winver』を入力して『Enter』キーを押す。

Windows10のバージョンを確認する方法

 

すると、今使っているWindows10のバージョンが表示されます(赤枠部分)

今使っているWindows10のバージョン

 

新しいレジストリエディターが使えるようになるには、このバージョンの数字が

『1703』以上である必要があります。

※この画像のバージョンは『1607』なので、更新が必要。

 

バージョンの数字を確認して、更新の必要がある場合はWindowsUpdateを実行してください。

Windows10でのレジストリエディターの便利な使い方のまとめで便利

今まで、レジストリを変更するとなると、地道にパスを1つずつたどる必要がありました。

同じようなパス名が多いので、なかなか神経を使う作業で僕もレジストリエディターを使う場面が出た時には、心のどこかで『レジストリーをいじるのか、面倒くさいな~』と思ったものです。

でも、今回紹介したように、Windows10の進化したレジストリエディターはいちいちパスをたどる必要がなくなったので、今までの面倒くささはなくなっています。

 

もし、Windows10で今まで通りちまちまパスをたどっている人をみかけたら、今回紹介した方法を教えてあげてください。

絶対に感謝されると思いますよ^^

タイトルとURLをコピーしました